カフェ

2009/11/17

あしかホテル喫茶室---えんツコ堂製パン---東京女子大

何も予定がない日曜日って....9月27日以来。

その前は5月10日....。

イヤイヤイヤイヤ。我ながら良く動いています。


とりあえずランチしようってことになり。

フレンドリーな A-NE Cafe が良いかとも思いましたが。
丸ノ内線かぁ。2駅とはいえ地下鉄に乗る気分じゃありません。




Nishiogi0678


ってなワケで、徒歩で行ける あしかホテル喫茶室へ




Nishiogi0677


馴れ合わないカフェ。
微妙な距離感。
それでもイケるロシア風煮込み。

ランチ食べながらの話題は「晩ゴハンどーする?」

まぁ....、ね。ランチしながらする話しではありませんね。
でも、決めておけばグダグダできますし。

「ワイン飲まないと....」

そう、ウチの酒類置き場は飽和状態。安全な許容量の3倍近くになっています。飲んで減らさないと日常生活を営むうえで支障があるのです。

「じゃあ、パンとチーズで良いかぁ。」




そんなワケでパン屋へ。

チーズにはハード系のパンが良いんだよねー。



えんツコ堂製パン。

花屋の角を曲がったところ。




「この花屋で花買ったことあるよ。」と、ワタシ。

「へぇー、そーなんだ。」と、お食事番長。

アナタにですよ、番長さん。



渋谷から移転した クワランカカフェ があって、その隣が えんツコ堂 で、その奥が たべごと屋のらぼう 。


「濃いねー。この路地。」

西荻窪って個人オーナーの小さい店が多くって面白い。

荻窪はルミネとタウンセブンのショッピングモールとチェーン店ばかり。
吉祥寺は観光地だし。阿佐ヶ谷は中途半端。高円寺はちょっと若い。

西荻窪ってやっぱ良い街なんですよね。




Nishiogi0679_2


えんツコ堂、懐かしいパンと今っぽいパンが両方ある。
残念ながらバゲットは売り切れ。



Nishiogi1361


幾つかのパンを購入。


写真がないけど 揚げベーグル が美味しい。
きなことシナモン、どちらもお薦め。

片隅に大変なブツを発見!!
うー。長くなりそうなのでコレについては別エントリーにしましょう。




さて、もう少し歩こうってことになりテクテク歩いていくと....。




Nishiogi0682


なんと東京女子大の学園祭。




Nishiogi0683


なんとなくこじんまりした感じが良い。
古い学校って良いねー。

でも、すぐに気恥ずかしくなって出てきました。

ミスキャンパスとかってまだやってるんだね。




帰りがけに通りかかった児童公園。砂場のあたりで某ブロガー女史夫妻がお仲間と鍋を囲んでいました。(爆

ワタシたちの顔は割れていないので、見ないふりしてサッと立ち去りました。



ランチに出ただけだったのにすっかり夕方になっちゃったグダグダの1日。

西荻窪ってブラブラするだけで面白い街です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/06/23

A-NE CAFE  あの阿佐ヶ谷Bagelさんのカフェ

Bagel01987



この春まで、南阿佐ヶ谷の住宅街の片隅にポツンと佇む1軒のパン屋がありました。



Bagel1986

2人入ってしまうと満員になってしまう、とても小さい店。

パン好きさんにはお馴染み、阿佐ヶ谷Bagelです。





屋号が屋号なので、興味のない人に話すとベーグルのチェーン店と思われてしまうことがあったりしまして。

駅からも遠く、まったく目立たない場所にあったのですが、列が出来ることもしばしば。


作ってる人の手のぬくもりを感じるパンは熱狂的なファンが多かったんです。


ワタシも出社途中に寄ったり、日曜日の朝に行ったり....。
ずいぶんチャリで通いました。


(参照:2005/11/26 『BAGEL』 阿佐ヶ谷

(参照:2005/12/27 シュトーレン 食べ比べ

(参照:2006/03/19 マシュマロ いろいろ





そんな、阿佐ヶ谷Bagelがこの春に惜しまれつつ閉店。

業態を変えて再び出店すると風のウワサでは聞いていました。




Ane0213


5月のある夜、そのウワサを確認する為にチャリで新高円寺に向かいました。





Ane0211




その夜は残念ながら、既に終わっていたんですけどね。

しかし、ウワサがホントだったことがわかり、ワタシもお食事番長も色めき立ったワケです。




それから少し多忙でなかなか行く機会が持てなかったのですが.....。


遂にこの日曜日、遅いランチに行くことができました。





屋号は A-NE CAFE 。 アーネカフェと読むそうです。



新高円寺はクイーンズ伊勢丹が入っている建物の裏手。

五日市街道沿いにあります。



店内に入るとそこはパンの販売になっていて懐かしいパンたちが勢揃いです。

美味しそうなバゲットが3種類。とても目を引きます。




そこを過ぎると吹き抜けになっていて、そこから壁際の少し急な階段を上がると、大きなテーブルと窓際にカウンター席があるカフェスペースがあります。


ワタシが訪れた時間は2階は満席。

しかも、男子1人は他にいません。



ソロソロと階段を降り、1階の丸テーブルでランチにしました。





Ane0264


カボチャのスープ。

濃厚でやさしい。すこし手の感じがするスープ。






Ane0265


イルサンドはいつものあの味です。


スープにはセーグルの入ったバゲットが付いているので女性ならこれだけで充分だと思います。


おっさんのワタシでもイルサンドを半分残してしまいました。

でも、持ち帰れるように包んでくれちゃうのですよ。

持ち帰りできるカフェってあまりないですよね。

ちょっとしたことですが嬉しいものです。




帰りには懐かしいパンとバゲットを買って帰りました。




Ane0917


このバゲットがとても美味しくてビックリ。

最近、あるブーランジェのバゲットにとてもハマっていたのですが、いきなり強敵が現れた感じです。


日曜日の朝にお楽しみが出来ました。




一応、営業時間は10時から18時。
(今度はご近所時間は採用されてないのでしょうか?)

6月末まではプレオープン期間で、営業時間、定休日、共に不定だそうです。




A-NE CAFEの店頭にあるパンは gigio bakery (?)のものだそう。

でも、食べた感じでは間違いなく阿佐ヶ谷Bagelの味....。


  !!


もしや、妹さんは別にベーカリーをやっていて、そのパンの納入先がお姉さんの A-NE CAFE ってこと???



いろいろ知りたいことが出てきました。






A-NE CAFE(アーネカフェ)
03-3314-3234
杉並区梅里1-7-2
10am-6pm
定休日 火曜、第2 第4水曜日

6月末までは営業時間、定休日、共に不定だそうです。

店内は禁煙です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/03

あしかホテル喫茶室

日曜日のランチに行くことが多いあしかホテル喫茶室。

ワタシの脳内カテゴリーではゴハンカフェに分類されています。




テーブルやイスが小さかったり、テーブル間が狭かったり、天井が低かったり、そんなカフェはなかなか和めないと思うんです。


あしかホテル喫茶室もテーブルやイスは決して大きくはありません。
でも、とっても和むんですよねー。

たぶんテーブルとイスはこれが最小限度なのかも。

テーブル間隔もこの程度あると良いですね。

天井高は2m60cmくらいかな。
ボードやジプトーンなどの天井材を使わずにコンクリート剥き出しにして確保できる高さがあれば店内はかなり広く感じます。


ワタシ的には、ゆったり感=和み。

家賃から逆算して席数は決まりがちですが、チェーンのカフェにないゆったり感がある店は良いもんです。





Ashika0612

この日のランチは干し豚と白菜のスープごはん(?)

イレギュラーのランチメニュー。


ワタシ好みの優しい味で美味しかったです。

白ワインが飲みたくなる味でもありました。




西荻窪のカフェ、ニューベリー、空ナナ、KIKU、あしかホテル喫茶室、いづれも食事メニューが美味しいのが魅力です。

店内禁煙なのもgood。


そのカフェが満席で入れなくても近所に次の店があるから行きやすいし。

西荻窪のカフェはなかなか使い勝手が良いんです。




あしかホテル喫茶室  http://blog.livedoor.jp/mont99/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/23

使い勝手の良い ごはんカフェ soranana(空ナナ) 西荻窪

ちょっと気になっていた西荻窪のカフェ soranana (空ナナ)に行ってみました。



Nana0279



今は亡き COLNAGO ちゃんで調布方面からの帰り道に見つけたカフェ。

(参照:2008/08/16 不本意ながら休みです



ちょっと調べてみたら 店内禁煙 & 23時まで営業 と、ウチ向きのごはんカフェだったんです。



キョドりながら店内に入ると、ガラス冷蔵ケースにお惣菜が10種類以上用意されていました。



このお惣菜はテイクアウトだったり、少しづつ肴に選んでビールやワインと合わせたりと大活躍。


また、ここから3品選んでゴハンと合わせて、近所のデリ&禁煙カフェ KIKU みたいにお得なごはんセットに出来たりします。(空ナナではスープは別です)



Nana0281

まず、自家製シーチキンとなめこ(天然)おろし。


Nana0280

スペインビールMahon。



缶詰のシーチキンは好きじゃないけど、このシーチキンは良いです。
大きな天然なめこも美味しいです。きのこの季節ですね。


Mahonは副原料のコーン(スターチ?)を使っていますが、イヤな感じはありませんでした。



Nana0282

スペインワインの赤と白を追加。


Nana0283

ブルスケッタとオリーブ。



Nana0284

スペインチーズ2種盛り。



Nana0285

イベリコ豚の水餃子。


もう、カフェというより居酒屋状態。

スペインワインを更に追加です。




Nana0286

〆に鶏飯。




Nana0288

更に総菜3品+ごはんセットにスープを付けて。

エビと卵の炒め物はダブルなので総菜3品です。





soranana は、デリカテッセンとして、カフェとして、定食屋として、居酒屋として。使い勝手がイイのが魅力的ですね。

経営の母体は西荻窪では知らない人がいない やきとり 戎 らしいのですが、そうと思えないやさしい味付けと店内禁煙でワタシ向きです。



blogには書いてませんが、実はデリカフェ KIKU で惣菜を買って帰ることが密かに多いワタシ。

でも KIKU は結構人気があって、惣菜が売り切れちゃってる可能性大。

また、店の前に自転車を停められないのでワタシのような自転車乗りにはちょっとハードルが高いんです。

そんな時に見つけたデリカフェ soranana 。利用頻度は上がりそうです。




世田谷のCucina Feliceとか、KIKUとか、この空ナナとか、冷蔵ガラスケースを上手く取り入れています。

業態の多様化。人的コストの削減。そんなことでしょうか。

もっとも、拉麺 季織亭 もオーガニック惣菜&お弁当の販売をしていたので、無いワケじゃなかったのですが。

もしも、ワタシが飲食店を始めるなら、この売り方は採用したいです。もちろん食材のロスは有るでしょうけど。



でも、なんで空ナナって屋号なんでしょ?

また、行って聞いてみましょうね。






soranana (空ナナ)

03-6662-7234

東京都杉並区西荻南3-11-1
グリーンコート西荻窪の1階。 蕎麦 鞍馬の近所。


店内は完全禁煙

23時まで営業しています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/19

PANCAKE DAYs 高円寺店

なにも予定が無い日曜日って、いったい何月以来でしょう? 

たっぷり眠る大チャンスです。


ところが、不覚にも空腹で目が覚めてしまいました。




こうなると否応なく出動です。

10時過ぎから営業している店内禁煙のカフェに向かいましょう。




Pancakedays0269

と、言うワケで、久々の PANCAKE DAYs 高円寺店。


最近はパンケーキのハンバーガーでビールが楽しめる吉祥寺店を利用してたので久しぶりの高円寺店です。




日曜日の10時半のブランチなのにガッツリ食べちゃいますよ。





Pancakedays0264

ソーセージとキッシュ風オムレツのランチ。




Pancakedays0261

ブロッコリーのシチューランチ。



どちらもパンケーキ3枚付き。
ワタシも納得の満腹メニューです。




パンケーキの食べ方が気になります。


Pancakedays0268

ワタシは味を変えて楽しみたいので、1枚食べてはまた1枚。




Pancakedays0267

お食事番長は豪快に3枚いっぺんに入刀。





水平に食べるワタシ。垂直に食べる番長。

お互い、相手の食べ方がヘンだと思っています。



Pancakedays0266



以前、1日中満腹でたいへんだったDAYsスペシャルへの再挑戦を話し合い。

(参照:2006/02/14 PANCAKE DAYs(パンケーキデイズ) 新高円寺



日をあらためて、近日、やっちゃうかも。

勝負です。




PANCAKE DAYs http://www.pancakedays.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/02

癒されちゃうなぁ ぶどう畑Cafe Casa da Noma 勝沼

大吉園からぶどう畑を見ながらテクテク。



Haramo0431



歩いて行ったのは近所の原茂ワインです。



11時半の原茂ワイン駐車場は既にクルマで賑わっていました。



ワタシたちのお目当ては2階のカフェ Casa da Noma 。
雑誌などで紹介されることの多いぶどう畑を見下ろすカフェ。

ちょっと早めのランチです。


と、思ったら、既にカフェは満席。
40分待ちの大賑わい。

日曜日は予約必須ですね。



このカフェの特等席はバルコニー。
ぶどう棚の上に張り出した席は楽しそうです。
この席は特に人気なので休日は予約しないと無理みたいです。



Haramo0432

ワタシたちは残念ながら奥まった席。
でも、窓からの風景は何だかいい感じです。




パンの気まぐれブランチとグラスでワインを。

ちょっと気を抜いたので記憶が曖昧。
ワインの名前を忘れてしまいました。

Haramo04342

赤ワインは縁が少しレンガ色になっていて数年経過してると思います。
メルローが主体でブラッククィーンorベリーAのどちらかとのブレンドかな?
若干、山ぶどうっぽい感じもあったかも?



Haramo0434

ブランチプレートは1つにして良かったァ。
2人でシェアしてちょうど良いボリューム。
1600円のこのプレートはホントにお得です。

ジャガイモのポタージュ、カボチャサラダ、地物マイタケのソテー等々。

まぁ、詳細が曖昧だけど気にしない。



こんな気分が良いカフェではユルい空気に癒されたほうが良いです....よ....ね。






原茂ワイン  http://www.haramo.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/15

2日間限定のチーズカフェ Fromageさんぽ 代々木上原 hakoGallery

一雨過ぎるごとに春めいて、なんだかウキウキします。
陽気に誘われてちょっと散歩したくなる季節です。



そんななか、今日からいよいよシュバリエの大和田百合香さんの『Fromageさんぽ』が始まります。


Hako0331

『フロマージュさんぽ』は、2日間限定のチーズカフェ。


Hako0302

フランスの田舎のチーズに関わる人や風景の写真をみながらチーズやワインを楽しむイベントです。


場所は代々木上原の hako Gallery
改札口から構内を真っすぐ新宿方面に歩き、東口を出て1分です。



そのhako Galleryで昨夜、『Fromageさんぽ』前夜祭が開かれました。



Hako0301

バスク ベアルン地方のチーズとワインを愉しむ夕べです。




まず、グレイスワインの甘いワインで乾杯。
甘いワインって気持ちが落ち着きます。

この後、バスク地方のワインを3種類楽しみました。



さて、お料理は。





Hako0305

パプリカのムース トマトのクーリにのせて

パプリカはバスクの特産物なんだそうです。
どの家にもまるで干し柿のように吊るしてあるそうです。

パプリカムースは生クリームのコクがあってまったりと美味しいムースです。

そのムースはトマトを裏ごししたクーリ(ピューレ)の酸味と相まって手が止まらない美味しさ。一気に食べてしまいました。




Hako0307

プーレバスケーズ マダムアニーの田舎風レシピ

この料理はバスクの家庭料理なのだそう。
大和田さんが滞在したところで習ったそうです。

骨付き鶏の煮込みは2時間煮込んで柔らかくなっています。
水は加えずトマトとタマネギの水分だけで煮るのがポイント。

フランスの田舎では野菜は柔らかく甘みが出るまで煮込むのが普通なのだそうです。

付け合わせのポテトはガーリックと一緒に軽く潰して、軽く荒めに裏ごししてあります。荒めの裏ごしは食感があって美味しいです。





Hako0309

フロマージュの盛り合わせ

バスク ベアルン地方は山羊や羊のチーズの産地です。

ハードタイプの山羊と羊のチーズ。
ベリーのコンフィチュールと良く合います。

今回はそれにフレッシュチーズのブリアサバランと、春らしい共働学舎のサクラが添えられていました。


山羊や羊のチーズは意外と香りが軽いもの。
日本のワインにも合いそうです。


羊は日本酒に良さそうな気がします。

山羊はショコラ、例えばスル・デル・ラゴあたりの草の香りのタブレットにも合いそう。ピート香のやや強いシングルモルトにも合いそうです。




Hako0296

最後に別腹。

この日、この前夜祭に参加されたご近所のLE CAFE DU BONBONさんの焼いたガトーバスク。

その名の通り、バスク地方のお菓子です。


Hako0311

生地の間にカスタードが入っています。
一時間半ほどかけて焼くそうです。

外側がサクッとしてて素晴らしい美味しさ。
カスタードの柔らかさとの対比が絶妙。
かなり大きいカットでしたがパクパク食べてしまいました。

LE CAFE DU BONBONの久保田さんはフランスでお菓子造りを学んだそうで、バスク地方にも行った事があるそう。いろいろ話しを聞かせて下さいました。

週に2日だけカフェ営業してるLE CAFE DU BONBONにも行ってみなくては。これは近日決行です。

さて、この日の前夜祭はLE CAFE DU BONBONさんや洗足のパン屋ワルン・ロティさんをはじめ、多彩な方が参加なさっていました。


この日聞いた話しで面白かったのはチーズのカットについて。
それぞれのチーズには各々決まった切り方があるという事です。

薄さや大きさ、不文律のようなものが存在するようです。

それはワタシたちが魚を刺身にする感覚に似ているらしい。
イカを細造りにしたり、ふぐを薄造りにしたりとか。

また切り口も大切で、切る人次第で味わいが変わってしまうそうです。

興味深い話しで、もう少し掘り下げて知りたいと思いました。



楽しくおしゃべりできてアッという間に時間がすぎてしまいました。




さて、今日から始まる『Fromageさんぽ』は2日間の期間限定カフェ。

様々な産地の美味しいチーズ8種類。

それらに合わせたい5種類のワイン。

2種類の中国茶。(チーズに合う中国茶ってあるんです)

きっと楽しい発見がありますよ。



今日 15日土曜日は11:00から19:00まで。(おっと、既に始まっていますね)

明日 16日日曜日は11:00から18:00までです。

もちろんワタシも行っちゃいますよ。



Fromageさんぽ http://www016.upp.so-net.ne.jp/bonbonfromage/nouvel/indexfromagesanpo.html

hako Gallery http://www.hakogallery.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

プロペラカフェ 旅の延長線上にあるカフェ 調布飛行場

以前から気になっていたプロペラカフェ(Propeller Cafe)

行ってみたいと思いつつ機会が無く、いつの間にか興味は失せてしまいました。



いつも楽しみにしているblog、 moimoiず だいありい で、moimoiさんがこのカフェを紹介してくれました。

その記事がとても楽しかったので行きたい気持ちが再燃。
密かにチャンスを待っていました。





今日、朝から仕事関係で郊外に。


用事を済ませ、甲州街道をクルマで移動しているとアラ不思議。
お昼ちょっと前に味の素スタジアムに差し掛かりました。

偶然ランチタイムに近所にいるのですから、ちょっと寄っても良いんじゃないか、と....。



甲州街道から左に曲がり、調布飛行場入口信号も左に曲がり、その先の信号も左に曲がります。

ちょっと走ると大沢グランド入口というバス停の先の左側に警備員さんが立っている入路があります。(飛行場のターミナル口とは違います)

そこから入って有料パーキングにクルマを駐車。

徒歩で先に進んだ突き当たりにそのカフェはあります。


Propeller0317


ランチは11:30から。

偶然ですね。ちょうど良い時間。



中に入ってみると小さなお子さん連れの若いお母さんで賑やかです。
パーキングに小さなファミリーカーばかりがやけに多かったことに合点がいきました。



Propeller0316

今日のランチはシーフードパスタ。
食後にコーヒーをつけてもらいました。





窓の外を見ると、大島行きのプロペラ機が飛んで行きました。


ここから大島まで25分。新島なら40分。神津島でも45分。
遠くに行きたい衝動に駆られます。


小さな子供たちがキャーキャー大騒ぎしながら飛行機が飛んで行くのを見ています。

それを見ながらワタシもナゼかワクワク。



つかの間ですが、まるで自分が出かける感覚。
旅に出る朝の高揚感で一杯になりました。




Propeller0315

プロペラ機しかないローカル飛行場なのがまた良いんですかね。


小さな島への玄関口。

旅の延長線上にあるこのカフェに、想像以上に癒されました。







プロペラカフェ(Propeller Cafe)  http://malibu.jp/

カフェ内は禁煙です。お子さん連れでも安心です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/24

カフェ東京

Cafe0741

この本知ってます?


東京のカフェを紹介した本。


韓国で出版された本なんです。



moiのマスターに見せてもらいました。


書いたのは韓国から1年間のワーキングホリデーで日本に、いや、moiにやって来た女の子。


そのあたりの経緯は moi のblogを読むとグッときますよ。
http://moicafe.blog61.fc2.com/blog-entry-400.html

韓国に帰ったら東京のカフェ文化を本にするのが夢と言っていたそう。




それから数ヶ月....。

ホントに作ってしまったそうです。



中を見せられないのが残念ですが紙の質感と写真が良いんです。
なんだかやさしい感じがします。

このまま端っこが日に焼けて赤くなっても良い感じ。


いろんなカフェが数ページづつ、綺麗な写真と紹介文でできています。

内容は....ハングルなので何て書いてあるのかわかりません。


moi、Cura2、9chair、Mame-Hico、ROBA ROBA Cafe とか。

他にも紹介されていましたが忘れちゃいました。

Cafe好きの方なら表紙の写真でわかるかも知れませんね。



是非、手に取って見て頂きたい。



先日、moi工事現場の前を通ったんですけどね。

間もなく吉祥寺のmoiさんが完成しそうでしたよ。

開店したら見せてもらって下さいね。




予定より早く開店したりしないかな。

楽しみなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

カフェ ロンタン ご近所に新規開店 赤堤 世田谷

ちょっとご近所にチャリで行った帰りのことです。


住宅の一角に何やら置き看板が。

思わず戻ってみるとカフェみたいです。


早速、お昼に行ってみました。




Longtemps836




そのカフェはロンタン(Longtemps)。


打ちっぱなしの赤堤ゴルフクラブの横にあります。

今月ひっそりとオープンしたばかりだそう。

妙齢のマダムと娘さんで営んでいるようです。



お昼のメニューは3つ。

野沢菜のパスタ
濃厚トマトソースのパスタ
野菜カレー

カレーが食べられないワタシ。
野沢菜のパスタにしてみました。


Longtemps835

パスタはちょっと細め。たぶんスパゲッティーニです。
イタリアンではなく家庭のパスタ。
ちょっと油が多かったかな。
サラダがたっぷりついているのが嬉しいです。



1枚板のテーブル上に置いてあるメニューには昭和30年頃のこの辺りの写真。

なんだかセピアな色ってちょっと良いですね。

珈琲がついて840円。

開店のお祝いに花を持ってきたかたと入れ替わり。




Longtemps834

テラスは喫煙可ですが店内は禁煙。

タバコが好きな人は向かいのゴルフクラブ2階のカフェコーナーがありますからね。



こんな近所に禁煙カフェが出来るなんて思ってなかったので感激。

これはまめに通って支えないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)