お食事遠征 #01. 北海道

2006/01/07

お宿 かげやま 全館禁煙 1日2組の宿

昨年の夏、ちょっと面白いところにいきました。


お宿かげやま

北海道は弟子屈の摩周湖と屈斜路湖に挟まれた美留和というところにあります。

1日に2組だけが宿泊できる温泉宿です。
とは言っても外観は木を生かした洋風の建物なので旅館ではないんです。

建物自体はペンション風と言うのが近いと思うんですけど、中身がちょっと違うんですよ。

ペンションにありがちなベタベタ感が無く、ほっといてくれるんですよ。
小さな建物だけどマインドはリゾートホテルなんです。


だいたい私は小規模のとこが好きなんです。

bbkabira
'04年に行った西表島マヤグスクリゾートホテルも私好みの1日2組で良かったし、8室しかない石垣のB&B KABIRAも良かったなぁ。

おっと、話しを戻します。

お宿かげやまは館内が完全禁煙です。
これが私には有り難い。きれいな空気は気持ちを穏やかにしてくれます。

kageyama
温泉は源泉から引いてくるのだと思いますが1日に受け入れるお客の人数には充分な湯量が来てると思います。逆にこれ以上の人数を受け入れるとなると湯量が厳しいような気もします。

素材の良さを生かした料理は好感が持てます。
地元の素材から良いものを選んで積極的に使っているようです。

ちょっとお酒が弱点なんですけど、まぁ、そのうち良くなるような気がします。

完全禁煙のプチホテルなんて全国的にみても珍しいので頑張ってほしいと思います。

今年の夏もチャンスがあったら行きたいなぁ。
で、風に揺れる木の音を聞きながら本を読み、気付いたら昼寝しちゃってるなんてーのが理想なんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/28

トレペッシィのこと

まだ9月と言うのに早くも今年のシメをする業種もあるんですよね。
で、そのために札幌まで行く仲間がいます。

「札幌かぁ。」なんて思てったら思い出した。

トレペッシィ』 

札幌 中央消防署の近くにあります。

2002年に行ったんだっけ?

結構広いワインセラー室があり、オープンキッチンで開放感があります。
メニューはいろいろあるんですけど「是非お任せにして下さい」ってお任せを勧められます。
「いろいろやりたいんで」ってシェフが強く言うんで結局お任せにすることにしました。
しかも「3000円のお任せより2500円でお任せの方が今日はいいんです。」って言うんですよ。変わった人だなって思いましたよ。

「ワイン持ち込み無料。ただし、グラス一杯店主に残す事。」って店内に張り紙があったような気がします。
(現在は持ち込み料2000円だそうです。)

自分の食べさせたいものを作り、それに合うワインを持ってきます。
調理はいたってシンプル。食材の良さを生かしてます。
特に野菜は凄く良かった。
3月の終わり頃でちょっと時期が早かったんだけど、それでも太くて柔らかいアスパラには驚きました。
その後、何度も北海道には行ったけど札幌エリアでは同じレベルのものは口にしてない。

もっとも印象深かったのは 『桜の花の塩漬けのリゾット』
お客さんで京都の出の方が漬けてくれるそうでホントに美味しかった。
今にして思えば塩が良かった気がする。「ゲランドの塩だったんじゃなかったかな?」と、思ったりしてます。

また行きたいって思う反面、十勝や道東の方が魅力があって札幌にはなかなか行かないんですよねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)