« 2010年2月 | トップページ

2010/04/23

春の味覚 山羊と羊のチーズカフェ Alpage 神楽坂

神楽坂のフロマージェリーAlpageのチーズカフェに行きました。




Cheesecafe15




今回のチーズカフェのテーマは山羊と羊のチーズ。





  1.フレッシュ ピンザ・ブラン(はごろも牧場) JP Pinza Blanc

  2.サントモール・ド・トゥレーヌ(農家製) FR Sainte-Maure de Touraine Fermier A.O.P. 45%

  3.ゴールドン・ブルネ(農家製)(シードル入り) FR Le Golden Bournets Fermier 45%

  4.ブシェット・ド・バノン FR Buchette de banon 45%

  5.シャロレ(農家製) FR Charolais A.O.C. 45%

  6.クロシェット FR Clochette 45%

  7.シュヴロタン FR Chevrotin  A.O.P. 不定

  8.トムドシェーヴル・オゥ・ミュスカデ FR Tomme de Chevre au Muscadet 45%

  9.ブルエット・シェーブル FR Bleuette Chevre 45%

10.トムドシェーヴル・モンターニュ(農家製) FR Tomme de Chevre Montagne Fermier 不定

11.バラリーナ NL Balarina Gouda (Goat milk)  50%

ここまで山羊乳。



ここから羊乳。

12.ブロッチュ FR Brocciu A.O.P. 50%

13.ルエル・ド・ブルビ(農家製) FR Rouelle de Brebis Marty 不明

14.ロックフォール・ガブリエルクーレ FR Roquefort Gabriel Coulet A.O.P. 52%

15.セレナ ES La Serena D.O.P. 最低50% 

16.ユーフォリア・シープ・ミルク・ゴーダ NL Ewephoria Sheep Milk Gouda 50%



16種類のチーズが勢揃い。すごいことになってます。

メニューを見て軽いパニックになりました。

と、言いつつ、結局全部イっちゃうワケですが。





Cheesecafe08


まずは、はごろも牧場の山羊ミルクとチーズ。


なるほど、原料のミルクと加工品には共通の味と香り。

当たり前だけど、体験出来る機会は意外と少ないです。





Cheesecafe12



  1.フレッシュ ピンザ・ブランはフレッシュで酸が心地よい沖縄の山羊チーズ。


  2.サントモール・ド・トゥレーヌはどことなく穀物の香りを感じるチーズ。ねっとりした食感の薄旨でアフターにホッコリと穀物感がやってきます。

  3.ゴールドン・ブルネはシードルが練り込まれているチーズ。ちょっと甘い優しい味。

  4.ブシェット・ド・バノンは酸味と甘みのバランスが良いフレッシュチーズ。ローズマリーが乗っていて香りが良いです。

  5.シャロレはやや塩味がある旨味の強いチーズ。ねっとりした食感。ホッコリした香り。お食事番長はアフターにマヨネーズの香りがすると発見しました。




Cheesecafe13




  6.クロシェットはベル(鈴)や帽子の形のチーズ。薄味だけど旨味が凝縮されてて美味しい。

  7.シュヴロタンはモンドールに使うエピセアの木に乗せて熟成された山羊チーズ。エピセアの香りが心地いいです。

  8.トムドシェーヴル・オゥ・ミュスカデはミュスカデで洗ったセミハードチーズ。甘み、塩味、上質な出汁のような旨味。これは美味しい。

  9.ブルエット・シェーブルは濃厚な旨味と塩味ながらミルク感も強く感じるチーズ。やはり出汁のようなアミノ酸の旨味を感じます。美味しい。

10.トムドシェーヴル・モンターニュはワタシの好きな山のチーズ。濃厚な出汁の旨味。塩味は控えめ。エンドレスで食べちゃいそうです。





Cheesecafe14



11.バラリーナはオランダの山羊乳ゴーダチーズ。軽快な甘みと旨味。有りそうで無い美味しさです。


ここから羊乳。

12.ブロッチュはお馴染みのリコッタチーズ。牛よりも旨味を感じます。

13.ルエル・ド・ブルビは塩味と旨味が強いチーズ。羊には土地の草しか与えていないそう。

14.ロックフォール・ガブリエルクーレは今回はパス。

15.セレナはスペインのメリノ羊のチーズ。レンネットではなくカルドという植物の花びらで凝固させたチーズ。カルドの影響で茄子の漬け物のような味がする。無殺菌のミルクで作られているそう。ハーブ香。酸味。この美味しさは食べないと理解できないかも。

16.ユーフォリア・シープ・ミルク・ゴーダは甘みが強くクリーミー。ねっとりした食感もあって塩キャラメルみたいなゴーダチーズ。




いつもながら発見と喜びが一杯のチーズカフェでした。






チーズ専門店 Alpage    http://www.alpage.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/09

ウクレレ通勤 実施中

blogの書き方をすっかり忘れてしまって、ちょっと困っています。

どんな感じでしたっけ?

日々の生活のあれこれを書いていた気はするんです。

最近、どーだったっけ?

あー、そうだ。最近、ワタシは『ウクレレ通勤』をしています。

ウクレレに乗って行くワケではありません。
ウクレレを背負って通勤しているんです。





Uku01


-5.5℃の松本駅前で T's 高橋氏にウクレレを手渡されてから間もなく3ヶ月になるのですが、これが全く上達しておりません。

なかなか、爪弾く時間が無い。

何となく部屋の隅っこのインテリアになってしまいそう。

しかし、それでは折角の T's さんの作品が勿体ないことになってしまいます。

そこで、練習する時間が無いまでも、せめてウクレレと友達になろうではないかと毎日背負っているのです。

「ボールは友達」と翼くんは言いましたが、「ウクレレは友達」だって良いはず。毎日とにかく持って歩いています。

実際、会社では音など出すことは出来ないのですが....。






Uku02_2



このウクレレは音が消音されるウクレレ。

サイレントという言葉を付けてしまうとこの言葉の組み合わせに商標を持っている山葉さんに叱られるそうで、そんなワケでソリッドウクレレなんて呼んだりしています。

ピックアップが内蔵されていてアンプと繋がない限りはささやかな音しかでません。エレキウクレレと言うのがわかりやすいかも。

エレキギターと同じソリッドボディを持たせることでかなりキュートなデザインになってたりもします。

なにせ消音されているので深夜に弾いてもご近所どころか家人にも怒られる心配がありません。

その小さな音量の割にはとてもキレイで粒立ちの良い音が出るから不思議。乾いた音はなかなか癒される音だったりします。

このウクレレを深夜に甘いワインなんか飲みながら爪弾くと恍惚....。

いや、まだ下手なのでそれは言い過ぎでした。

いつか、そんな使い方が出来たらと思ってはいるのですが....。

まぁ、兎にも角にも、都市生活者向きの癒しグッズでもあります。




Uku03



最近、1つ気付いて感心したのがこのソフトケース。

このストラップはなんとウクレレのストラップになるのです。

いろんな工夫が素晴らしいT'sさんのウクレレ。

勿論、今日も背負って通勤しております。

ホントは、ボケ防止に指を動かそうと思ってるだけなんですけどね。





T's guiter   http://www.guitar-shop.co.jp/ukulele/index.html 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/01

カミング スーン

怒濤の年度末でした。


会社の実力以上に受注してしまったのはわかっておりました。

宿題が溜っていく一方で、納期もどんどんやってきます。

そして今、恙無く新年度を迎えることができホッとしております。

ただ、それ以外は全て『4月以降で』といいかげんな事を言ってごまかしていたもので、今月も結構タフな状況ではあるのですが。

このblogは2月に書いてから放置しておりました。

なんだか少しは落ち着きそうなのでボチボチ再開したいと思っております。


カミングスーンでございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ