« クラテッロ ディ ジベッロ (Culatello di Zibello)  ポー川の霧とワインで熟成された貴重な生ハム | トップページ | 四五六そば 蕎麦粉と食材の官能と余韻  旅人の木 »

2009/10/13

もみじ市 2009  森ガールの文化祭

Momiji0862

多摩川の河川敷の文化祭、もみじ市へ。



昨年秋に続き今年もやってまいりました。

(参照:2008/10/28 もみじ市に行ってみた




Momiji0865


今年は快晴。日差しがキツいです。
(因に、亀裂骨折の踵はいまだに痛かったりします)




さて、和泉多摩川駅からトコトコ歩いた10時40分。
既に会場は大勢の人で賑わっていました。





集まった皆さんを上からぱっと見た感じ....

昨年多かったハンチングのカフェマニア風女子が激減

今年はチュニックストールニットキャップ森ガールが激増。


色もハンチング系のからチュニックストール生成りに激変。


その以外の皆さんはボーダーのフレンチカジュアル。根強いです。





会場を覆うほんわかした空気。

お食事番長はヌルい空気に少しイラついています。

そう、このイベントはワタシのほうが積極的。
森オヤジになりたいワタシです。



今回のエントリーはどんどんヌルくなります。
まったり感が苦手な方はココまでで閉じてくださいね。



素朴系クラフトワークが勢揃い。
素晴らしい作品がたくさんあります。


ただ、どのテントもお客をさばく感じではありません。
ふれあいを楽しむようなまったりムード。
素人くさい感じがたまらなく良いではないですか。




Momiji0855


kata kata さんのテキスタイル。
キュートな型染めの手ぬぐい。






Momiji0863

uzuraさんの靴は森っぽさ100%。
女子ならずとも欲しい.....。






Momiji0899

norioハンコ店ではスタンプ製作中。
キュートです。





Momiji0873

こんなキュートなバックもありました。





ワークショップも開かれています。




Momiji0858

これは手乗りパンダを作る緒方伶香さんのワークショプ。
キュートじゃないですか。






Momiji0859


キノ・イグルーのテント映画館は今年も上映中。






昨年は器やテキスタイルを購入したワタシ。

今年は美味しいものも物色します。




Momiji0867


ネーミングが素晴らしい ひなた焼菓子店
森ガールなら必食でしょう。

行列は30分続き、『売るだけなのに何をモタモタしてやがるんだ』と約1名は更にイラついています。




Momiji0876


アノダッテさんの焼きリンゴ。


Momiji0877





Momiji0881

40分並んでもワタシは平気です。




ここまで読んで下さってる皆さん、楽しんで頂けてますか?





Momiji0893

こんなものや....



Momiji0872

こんなものも。






Momiji0882



さて、ホントの目的はライブだったりします。





Momiji0889


naomi & goro さん。

ボッサのユニット。

リハ中です。


森ガールの行きたいカフェランキングに入るであろう吉祥寺 moi さん。その moi さんが荻窪に有った頃によく goro さんのウワサを聞いておりました。

ポップチューンをボッサアレンジしたカバーアルバム Home(For I + Stylers) は愛聴盤だったりします。
Les copains d'abord と estrada branca が好きだな。




更に....



Momiji0906

栗コーダーカルテット

やはり、リハ中。

帝国のマーチ(ダースベーダーのテーマ)は秀悦です。

どーでも良いことですが、栗コーダーカルテットの集まってた方はナゼかボーダーの方が多かった。

なんで?


Momiji0916


そうこうしている間に次の予定が迫ってきました。
残念ながら森オヤジのお楽しみの時間は終了。
お食事番長が『死ね!!潰せ!!』と叫ぶ殺風景なアノ場所へ移動です。

あー、楽しかったにゃぁ。




Momiji0928



もみじ市 2009   http://tegamisha.cocolog-nifty.com/momiji2009/

|

« クラテッロ ディ ジベッロ (Culatello di Zibello)  ポー川の霧とワインで熟成された貴重な生ハム | トップページ | 四五六そば 蕎麦粉と食材の官能と余韻  旅人の木 »

せたがや」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

私たちは慌ただしくバタバタとお買い物をして帰った感じだったんですが、ゆったりと楽しまれてる様子が伝わってきます。

焼きリンゴはあまりに列が長くて断念したんだよなあ とか、もう少し時間があれば「栗コーダーカルテット」は聞きたかったなあ とか思って読ませていただきました。

ほんとにゆるーいイベントで、なかなか貴重ですよね。

投稿: 三吉 | 2009/10/13 22:41

三吉さん、ゆるいイベントですよね。
多摩川ってロケーションがそうさせるのかも。
代々木だったら雰囲気違うと思うんです。

昨年出品していたガラスの作家さんがいなかったのが残念。一期一会の作品が多いので油断出来ません。

投稿: bleu et rouge | 2009/10/14 08:36

なんだ~、こんなに近くに来たなら一声かけてくださればよかったのに。チャリで子供と馳せ参じましたよ。
次回は是非。近くに俺好みの蕎麦屋もあるんでご一緒しましょう。

投稿: Kちゃん | 2009/10/15 17:54

Kちゃん、そーなんだよ。声かけようかと思ったのですよ。しかし、ちょっと時間がキツくて。
結局、次の予定には和泉多摩川からタクってギリギリになってしまったのですよ。
そんなこんなで申し訳ないっス。
では、そちらの蕎麦屋に行きましょう。
都合が良さげな時はメール下さいな。

投稿: bleu et rouge | 2009/10/15 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/46474900

この記事へのトラックバック一覧です: もみじ市 2009  森ガールの文化祭:

« クラテッロ ディ ジベッロ (Culatello di Zibello)  ポー川の霧とワインで熟成された貴重な生ハム | トップページ | 四五六そば 蕎麦粉と食材の官能と余韻  旅人の木 »