« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/29

ふぐの子の粕漬け焼きそば  備忘ログ #17

いつもの季織亭にゴマフグの卵巣の粕漬けがあった。




猛毒の卵巣。

2年で食べると死んじゃう。

3年目だととっても美味しい。

ギリギリの珍味。



以前同様、この珍味を焼きそばにしちゃいましょう。

(参照:2005/09/24 ごまふぐ卵巣焼きそば







Kiori0520



粕漬けはやっぱり旨い。


今回の粕漬けは佐渡産。


石川県産の卵巣は糠漬けだそう。


産地が違うと製法も変わる。


興味がつきない珍味です。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/28

安曇野放牧豚のロースト  備忘ログ #16

仕事と地域活動で自分時間は皆無。
ケガが痛み、動きも取れない日々。
否応無しに食への期待感はとても大きいものになる。

そんな時、ワタシの琴線に触れた美味たち。




Azumino1191



安曇野放牧豚のロースト。

ご近所イタリアン Bel Sole にて。



長野県内でもちょっとお目にかかれない素晴らしい豚。

繊維がしっかりしていて、肉を食む際にザクッという歯ごたえを感じる。

脂で食べさせるタイプの豚でなくジビエのような野趣が魅力。

他のブランド豚の追随を許さない次元の違う美味しさ。




南欧総菜 Bel Sole  http://blogs.yahoo.co.jp/nqgby641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/27

モン・サン=ミシェル産 ムール貝  備忘ログ #15

仕事と地域活動で自分時間は皆無。
ケガが痛み、動きも取れない日々。
否応無しに食への期待感はとても大きいものになる。

そんな時、ワタシの琴線に触れた美味たち。




Moule1181



モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)のムール貝。

ご近所イタリアン Bel Sole にて。






Moule1185


欧州を訪れて以来、フランス好き(ホントはベルギー贔屓)な お食事番長。
かの地のレストランで教わってから実践し続けているムール貝の食べ方をワタシめにレクチャー中。

貝の蓋で食べると貝柱がキレイに取れる。

小ぶりな貝は旨味が凝縮。

塩味、甘み、コハク酸。申し分無し。

再入荷が待ち遠しい。





南欧総菜 Bel Sole  http://blogs.yahoo.co.jp/nqgby641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/26

ピッテロ ビアンコ   備忘ログ #14 

仕事と地域活動で自分時間は皆無。
ケガが痛み、動きも取れない日々。
否応無しに食への期待感はとても大きいものになる。

そんな時、ワタシの琴線に触れた美味たち。




Bianco1171



ピッテロビアンコ。

先日行った大吉園より届く。



果皮ごと食べられるブドウ。

果肉の繊維がしっかりしていて歯ごたえが良い。

なかなかの糖度。
微妙にリンゴに似た青い香りがありクセになる。





大吉園    http://www.cosmo.ne.jp/~daikichi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

夏の終わり


湿った夏の空気、一夜にして乾燥した秋の空気に....。

毎年、秋分の日の翌朝に季節が替わります。
街路樹も唐突に色づき始めます。

ワタシの怒濤の日々も終わり。

なんとも言えない達成感。
清々しい気持ちで空を見上げることが出来るのです。





7月

総代会(各町会長出席)にて前年度の決算報告。
本年度の予算。協力要請。

区の地域振興より貸し出しを受ける物品の予約。

小学校、PTA、BOP等、協力要請。

PTA等と打ち合わせ(夏休み前)。お土産袋詰めの日程調整。




9月

道路使用許可申請書作成。
別紙、順路図、警備配置図、念書、作成。
所轄に上記書類提出(3部)。警備課との打ち合わせ。

小学校、幼稚園、保育園、告知。

町会等、案内状作成、発送。

イベント保険、契約。


10日前

お土産の発注。仕入れ。

神輿休憩所、近隣の皆様に協力要請。



1週間前

袋詰めの準備。

PTAのご協力を頂き、お土産袋詰め。引き換えリボン作成。

各町会に神酒所受付けの時間割当て。

領収書等準備。






Mikoshi0529


前々日

お供え用品購入。(海のもの、山のもの、塩、酒、等)

区より物品の借り入れ。



前日

神酒所(1)立ち上げ(6時より)。

神輿2基、御魂入れ。(10時)

神酒所受付け開始。(11時)

受付け終了。(20時)

集計。






Mikoshi0536



当日

神酒所(2)立ち上げ(6時)

神酒所(1)撤収。(7時)

神輿2基、山車1基、組み上げ。(8時)

保管されていたお土産を神酒所に搬入。(10時)

PTA、消防団、お手伝い頂ける方々、集合。役割分担。(12時)

子供半纏、お土産引き換えリボン、貸与。(12時15分)




Mikoshi0539


会長挨拶。(12時50分)

小学校校長挨拶。

巡行開始。(13時)

1から3までの休憩所、順次立ち上げ。

ドリンク等搬入。受け取り。

休憩所に神輿到着。

ドリンク等、子供に配る。

神輿、休憩所出発。

休憩所ゴミ等回収。撤収。清掃。

2休憩所、3休憩所。同じ。

ゴール立ち上げ。お土産準備。半纏回収準備。

神社に神輿到着。

子供、神輿、山車より離れて一列で受付け。

半纏、帯、回収。

リボンとお土産を引き換え。

解散。


神輿、山車、神輿倉へ納める。




Mikoshi0545


神酒所2にて直会(なおらい)。(16時)

直会終了。(22時)

神酒所2撤収。(23時)

ゴミ集積所(神社内置場)へゴミの搬入。

神輿倉、施錠。

解散。(23時半)


翌日

神輿倉、整理。清掃。

半纏のチェック。クリーニング店へ運搬。

区に物品の返却。

神社内、撤収、清掃。

実行委員会昼食会合。

お土産等搬入業者へ支払い。

清算。


この後

会計報告書等作成。

区への残りの物品返却。

半纏の管理。


鉢洗い(11月)

会計報告。




参加児童数 250余名。
ご家族等  約100名。
教員    8名。
スタッフ  43名。
消防団   10名。


皆さんの協力あってのこと。

感謝いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/15

一難去って....

ワタシのカンピロバクター腸炎に、各方面から愛のこもったざまぁみろ』のお言葉を頂戴しております。

ホントにご心配頂きありがとうございます。

おかげさまで残念ながら)すっかり完治いたしております。 (笑


絶好調!!

1週間ほど動くに動けませんでしたがもう大丈夫。
遅れを取り戻そうと精力的に動いております。





Nippori1159


地域活動用に日暮里あたりに駄菓子を仕入れに行ったりしております。

ここも戦後の闇市の名残のような玩具問屋街が数年前まで....2004年くらいまでありましたが。いまでは舎人ライナーの駅が入るビルに僅かに残るだけになってしまいました。

いろいろと仕入れて、他にもお菓子問屋にも行ったりして。

この数日で20万円ほどの仕入れ。買い物嫌いなのでとても疲れます。

仕事じゃないから出来るのですが。




さて、昨日も仕入れや発注。

途中、ある所で足をぶつけてしまいました。

痛みには強いほうですが、なんだか今回はとてもイタい
珍しく医者に行くと案の定、骨に亀裂が入っておりました。

場所が場所なので、まぁ、そのままにしてるしかないということで。


「つま先で歩けば良いよ」

スポーツ整形外科の名医も太鼓判。
不幸中の幸いでした。

一難去ってまた一難。
腸炎に比べれば亀裂のほうが楽なもんですけどね。

まぁ、いろいろあるもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/10

カンピロバクター腸炎

カンピロバクター腸炎発症中でございます。


ドコとは申しません。

アメリカンスタイルのハンバーガーが美味しいあの場所で、遅い夜に食したあのロコモコが原因だと思います。

初めは珍しくお肉を食したからお腹を壊したと思っておりました。

一口だけ食べたお食事番長の症状は軽度。
ほとんど全部食べたワタシはたいへんなことに。

腸を両手でキュッと握られる感じの痛み

これが結構キツいんです。
仮にワタシがドMだったとしても歓迎出来ない痛みです。


医者嫌いではありますが数日苦しんだところでギブアップ
もっと早く診察を受けて薬を飲めば良かった....。


皆様もご注意下さい

世間ではもっと強力なO-157が暴れているようでございます。


お肉類は中が赤いくらいが美味しいっちゃ美味しいのですが、やはりこの時期はしっかり加熱したほうが良いです。

ワタシ、しばらく自重します。


今週末に行く予定だった 北アルプス3蔵呑み歩き は正直微妙です。

あぁ、各方面に謝らなくてはならないかも....。

健康でないとお酒は呑めませんよぉ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/09/09

鳥もと 移転  荻窪駅北口の明かりが消えた

幼い頃、「動物園に行こう」とオヤジに連れられて吉祥寺の焼き鳥屋 いせや によく行っておりました。

なぜ動物園が焼き鳥屋なのか。

井の頭公園内の動物園に向かう途中に焼き鳥屋のいせやがあったから。


最初のうちはホントに井の頭公園に行って動物をみたりしていましたが、いつしか いせや が目的地に。


動物園=いせや。留守番の母を除く家族の符丁です。

昭和40年代の終わり頃から50年にかけての頃です。

もちろん平日のいせやは知りません。
オヤジに連れられていくのは毎週日曜日の昼前。

子供心にも日曜日の昼間の いせや は凄かった。

客の多くは労働者。口も気も荒い。にこやかに飲んでいると思ったら急にケンカになったりする困った人が.....って、ウチのオヤジが嗾けてたのですが。

店内の立ち飲みカウンターはお客でいっぱい。入りきれない酔っぱらいが前の道を占拠してコップ酒をガンガン飲んでいました。

昼からオトナたちが路上でヘロヘロになってる素晴らしい場所でした。


オヤジは酒に飲まれる困ったタイプ。
泥酔するまで飲んだ挙げ句に、絡む、暴れる、と、やりたい放題。ご近所にも散々迷惑をかけた要注意人物でありました。

当然、飲みに行こうとすると母とケンカになるワケです。
そんなオヤジが思い立ったのが井の頭公園の帰りに いせや に寄ること。動物園に連れて行くという口実で昼前にウチを出るのです。

子供をダシに使ってまで飲もうという意地汚い酒飲み根性
もちろんワタシにも遺伝しているはずです。




日頃からカラダに良いもの食材や、酒質の良い酒しか口にしないワタシではありますが、たまにジャンクな店に無性に行きたくなるのはそんな幼少期の原風景を持っているからかもしれません。

ジャンク=楽しい。 ワタシの脳内ではこう訳されています。



中央線沿線にはそんなコップ酒を飲ませる焼鳥屋が各駅にありまして....。
西荻窪なら戎。荻窪なら鳥もと。高円寺なら大将。なんて感じ。
いつも変わらない風景がそこにありました。




Ogi0965


そんな焼鳥屋の1つ。

荻窪駅前ロータリーの 鳥もと 。

荻窪駅北口の整備事業の為、この8月で明かりが消えました。

ずーっとそこにある風景だと思っていたので写真はほとんどありません。






Ogi0966

春頃かな。珍来が閉まっているので水曜日かも。

この鳥もと、荻窪在住だった井伏鱒二氏が足繁く通っていた店だそう。

この写真だとワタシの背中の方にあるカウンターの端が氏のいつもの席だったそうです。


この場所には他に 珍来 という深夜までやってる中華もあって、帰宅時に 鳥もと と 珍来 の明かりが見えるとホッとしたのは確か。何ともいえない風情があったのです。

鳥もとも珍来も戦後の復興期のどさくさで始めた商売だったらしく、この場所に法的な根拠がなかったと聞いたりしています。

こんな場所がちょっと残ってても良いような気もしますが、バスのターミナルとしての荻窪駅の利便性が向上するなら仕方ないとも思います。




ワタシはなあなあ』『まあまあ』って日本の素晴らしい文化だと思っています。

他の国の人が持っていない素晴らしい文化。
日本人同士だけで感じるテレパシー

根拠が曖昧な市場とか店とかって今までは、『なあなあ』『まあまあ』で何となく残っていたのでしょう。

この場所の明かりが無くなってなんだか味気ない駅前。
なんとなく寂しい風景です。

Ogi1148

この鳥もと、少し場所が変わりましたが2店舗体制で営業しています。

でも、駅前に有ってこその店でした。

ワタシの好きな『なあなあ』『まあまあ』が1つ駅前から消えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/08

酒は未来を救う

Sake0240



日曜日、駒場エミナースのチャリティ試飲会。

酒は未来を救う  今、私たちに出来ること

 

http://ameblo.jp/sakewamiraiwosukuu


参加させて頂きました。



普通に書いちゃいましたけど、 チャリティ って不思議な組み合わせ。馴染まない言葉同士です。


この日の試飲会の収益の一部や会場内で寄付されたお金は、武蔵野赤十字病院の小児病棟の子供たちのクリスマスや七夕節分などのイベントに充てられるという企画。




子供の頃、大けが(複数箇所の内蔵破裂と大腿骨骨折)で長期入院していたワタシ。
自宅療養も合わせるとほぼ1年、悶々と床に伏しておりました。
子供にとっての入院生活がどんなものかよくわかります。

オトナなら1年先には元気になれると言われれば理解もできますが、子供はそうはいきません。
子供の時間の感覚ってオトナよりズーッと長いじゃないですか。明日の朝だって遠い先のことです。
まして、来週、再来週、一ヶ月先、三ヶ月先、半年先、一年先。とんでもなく遠い時間です。

1時間、1時間、1時間....。
我慢、我慢、我慢....。
ため息ばかりだった毎日を思い出します。

ベッドで暴れて、看護婦さん(当時はそう呼んでいました)、医師、家族、皆を困らせたこと、良く覚えています。

ショックとストレスから4年間普通に話すことが出来ず、ずいぶんイヤな思いをしました。(ケンカで負けなかったのでイジメにはあいませんでしたが)

いつか健康になるといわれても、健康になったとしても、子供にはなかなか耐えることって難しいのです。

一時だけでも気分転換できたなら....。その一瞬はホントに幸せでしょう。

今回はその一瞬のイベントの費用に寄付される。酒を飲むことで子供の役に立てるという夢の様な企画です。
威張って飲む必要はありませんがテンションは上がります。





会場内は大盛況。

正直、集中して酒を利くことや蔵元さんに酒の詳細を質問する余裕はないのです。





参加蔵元は.....

陸奥八仙     八戸酒造
あずまみね    吾妻嶺酒造店
阿部勘       阿部勘酒造店
一白水成     福禄寿酒造
天青       熊澤酒造
大那       菊の里酒造
鳳凰美田     小林酒造
来福       来福酒造
浅間山      浅間酒造
尾瀬の雪どけ   龍神酒造
結人       柳澤酒造
鶴齢       青木酒造
佐久の花     佐久の花酒造
豊香       豊島屋
遊穂       御祖酒造
白岳仙      安本酒造
小左衛門     中島醸造
播州一献     山陽盃酒造
賀茂金秀     金光酒造
天寳一      天寳一
宝剣       宝剣酒造
美和桜      美和桜酒造 

焼酎

けいこうとなるも えびす酒造
常徳屋      常徳屋酒造場
赤鹿毛      柳田酒造
朝日       朝日酒造
芋麹芋      国分酒造
やきいも黒瀬   鹿児島酒造

泡盛

多良川      多良川



協賛の蔵は....

屋守       豊島屋酒造
開運       土井酒造場
相模灘      久保田酒造
鍋島       富久千代酒造
奈良萬      夢心酒造
萩乃露      福井弥平商店
村祐       村祐酒造
山形正宗     水戸部酒造

焼酎

さつま寿     尾込商店




会場内には知人がたくさん来て楽しんでいました。

以前、お世話になった蔵元さん。
酒の会でお世話になった方々。
幾つかの酒販店さん。
飲食店さん。
gar.netチーム。
ご近所の酒飲み。

知人と知人、強制的に名刺交換させちゃいます。

楽しいこと、ムダなこと、いろいろと情報交換。


企画を実現させた主催者に感謝と賞賛を贈りたい。

手放しで素晴らしいと思います。

誘っていただいた 旅々さん にも感謝。

是非、次回も参加させて頂きたいと思います。                   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/07

避難シュミレーション 防災倉庫の棚卸し & 簡易トイレ

避難所運営委員会です。

今回は防災倉庫の棚卸しと簡易トイレの設置。

参加者は運営委員会。各町会役員。校長教頭を始め教職員有志。PTA関係など。50名程度のミニマムな訓練です。




折りたたみ式のリアカーで簡易トイレを運びます。




Refuge0463

一番近い旧校舎の小さな裏口には段差と物置。
ここは通れません。

新校舎の通用門はスロープですが今回は清掃が大変なので使いません。

と、なると、学校敷地内の他経路はここだけ。


Refuge0464

駐車場の車止めがジャマ

車椅子なら通れません。
災害時に限らず、『迂回する』ことから混乱は始まる気がします。

想定している導線は住民の皆さんには知らされておりません。

『人は理不尽なもの』です。予定通りに動かないのは今回のワタシが良い例。
避難者の動きを都合よくコントロールしようという発想にはムリがあります。
イレギュラーな事態に柔軟に対処するのはどうしたらいいのか。
考える必要があるようです。





Refuge0455


簡易トイレは初期の委員会で出された案の通り、マンホールに直接設置するトイレが採用されました。




Refuge0458

マンホールは10個。




Refuge0468_2

人力で上流に雨水をためて、弁を一気に開けて放水することで流す仕組みです。



Refuge0472

トイレの便座からマンホールにはビニールの筒が入ります。


Refuge0473





Img_0474


この柔らかいビニールはかなりの汚れが予想出来ます。
折りたたみが前提なので柔らかい素材になるのですがこの部分の清掃は困難です。塩ビ管の方が良さそう。

和式の簡易トイレはダメなのでしょうか?
普段から自宅では洋式だけど出先では和式ということは多いです。



Refuge0476


簡易トイレ自体は簡単ですが、これに乗せるテントの組み立てはお年寄りにはやや難しい。
接続部がカタいものが稀にあります。





さて、備品。




Refuge0441


学校にある薬品関係は今まで教育委員会の管轄でした。
縦割り行政ということです。
今年から一元化されたそうです。




Refuge0439


避難所用パーテーションは軽くて良いですね。
段ボールは意外と重くのでこれは良いです。
天井部もマジックテープで付けることができます。



Refuge0449


防災倉庫にある物品は重いものが多く男性でも四苦八苦
ワタシのような無骨者がいないと動かせないと思います。




Refuge0445_2


基本的にここには1日分の物資しかありません。
東京は昼間の人口が夜間の人口の倍以上。
昼に災害が有った場合は不足すると思います。
近隣の会社には自社用に災害物資を備えていただきたい


前回はガソリンが2ℓしかありませんでした。
今回は増えていました。



Refuge0478

缶入りのお粥は500食。
消費期限は2010年01月。
入れ替えを望みます。


アルファ米は1箱で50人分。
およそ1800人分あります。
夜間の災害でもやや不足しそう。
わが町は低層マンションの建設がとても増えています。





Refuge0489


というワケで、参加者で食べてみます。
この箱に直接熱湯を入れて蒸らせば良いのです。



Refuge0486

豚汁は水でもできるそう。美味しくないとは思いますが。

アナタの町でも同じような訓練は必ず行われています。
お子さんが学校に通っていれば自動的に地域に取り込まれますが、シングルや子供がいない家庭ならアナタ自身が動かないと何も始まりません

遠くの親戚より近くの他人。
遠くの友達は災害の終息期まで手を差し伸べられません。
コミュニティーに積極的に参加しましょう。




Refuge0485


とは言え、我が町のコミュニティーもなかなか風通しが良くないのは事実です。
地元消防団に話したら今回の訓練を誰も知りませんでした。
商店街で知ってるひとは皆無です。

情報の共有はなされていません。

委員会がやや閉鎖的なのでしょう。
今まで一緒に汗を流した実動部隊の参加者が減ったことは重要です。


浄水器や発電機などの機材の使用法がわからないといった意見を幾つか聞きました。
町ぐるみの大規模な訓練から数年が経過しています。
そろそろ町ぐるみの大規模訓練が必要なのかもしれません。

避難所にある物資には限りが有ります。
最低限のものは自分で準備しておきましょう。

薬を忘れずに。持病があるかたは薬だけは忘れちゃダメ
アナタの持病の薬は避難所には備蓄されていないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/04

ワインセラー搬出 大掃除  gar.net とは.... 


神楽坂の片隅に、小さな明かりを灯していたワインギャラリー gar.net 。

惜しまれつつ閉店したのは先週末のことでした。



その後の gar.net は引き渡しに備えて後片付け。
店番タケダとここに集う皆さんは毎日少しずつ後片付けをしていたよう。

昨夜はいよいよ大物を搬出することになっておりました。


頭を使うことや、繊細な作業は向きませんが、力仕事ならお手の物。
少しばかりお手伝いさせて頂きました。

とは言うものの、既にカウンターは搬出された後。
ワタシの出番はワインセラーだけでした。


gar.netの集う皆さんにはお馴染みのセラー。
ワタシもお世話になったセラーです。
もちろん喜んでお手伝いさせて頂きます。

と、思ったら、コイツが見た目以上に重かった!!
手をかけた瞬間にヤバいと思いました。

しかも、動かそうと抱えてみると意外とデカイのです。
入口ギリギリ。見た目とは違うものですね。


首のまわりから汗がダクダク出てしまいました。
この首廻りの汗をウチではオヤジルとよんでいます。
若者にはでない、オヤジならではの汗。
しかも、少し重い。汗というより、むしろ汁。
で、オヤジル。
Tシャツの首廻り、特に後ろがジットリです。


台車に乗せて搬出。
この台車に乗せるところがキツかった。

坂道の歩道を上がり、広い道に廻って、ゆるゆると。

途中の段差の衝撃で台車上のセラーが動きヒヤヒヤしながら。

男子と女子で台車なんか押してると何となく学園祭を思い出しますね。


なんとか破損もなくマンパワーのみで任務を遂行することが出来ました。



その後、店に帰り皆で清掃作業。

嬉しかったですねー。

お客さんとしてだけのおつき合いなら搬出や清掃には参加させてもらえなかったと思います。

適度な距離感を持ちながらもフレンドリー。

なんだか最後の最後にとても居心地が良い場所を得た気がします。

皆さんと同じ作業をしていてもワタシだけ汗ビッショリなのが悲しいのですが.....。

少しサボりましたが、とても楽しい清掃作業でした。





Garnet0434



gar.net 最後の一週間を撮ったVTRを皆で見ながら少し飲みました。

ここでもしみけんが大活躍。

ツチヤちゃんはとってもキュートに写っています。


そうこうしてたらいつもの顔が次々にやってきました。


gar.net は無くなるけど、それは些細な事。

ここに集っていた誰かとどこかで出会ったらそこが gar.net 。
そう思えば良いのです。

あらためて集う皆さんの存在の大きさに気付いた最後の夜でした。









gar.net 店番タケダのblog (new!!)   http://ameblo.jp/palepeony/

gar.net 店番タケダのblog (旧)    http://blog.livedoor.jp/garnet1009/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/03

ビオロジックなぶどう畑 シャトー ルミエール

Lumiere0124


軽井沢 Cu-Cal の日本ワインの会で興味深かったワイナリーの1つ、シャトー ルミエール に行ってみました。

(参照:2009/08/16 日本のヴィニュロンたち Cu-Cal 軽井沢


徒歩ではちょっとムリ。意外と遠いので原茂さんからタクりました。




Lumiere0122


勝沼醸造さんの裏手の斜面を上がったところにルミエールはありました。




Lumiere0127


まず、ショップに入るとシュトルムが目に入ります。

ブドウジュースが発酵を始めたばかりの若いワイン。
発酵のガス圧があるのでなかなか出荷が難しいと聞いたことがあります。

折角なので飲んじゃいましょう。




Lumiere0129

一杯100円。

因にこの日のシュトルムはデラウエア。
ジュースそのものの糖分がアルコールに変わっているところなので甘いです。クリスマスのシャンメリーが濃厚になって濁ってると思って下さい。
汗をかいた後なのでしみるように美味しい。
この100円は有意義です。



シュトルムを頂いたら畑を見に行きましょう。




Lumiere0132



工場の脇から坂を上っていきます。
草生栽培の畑はこのあたりでは他にありません。
すぐにルミエールさんの畑とわかります。




Lumiere0154


なるほど、雑草だらけ。

畑を耕さない不起耕栽培。
ビオロジック、いや、ビオデナミで栽培されているそうですよ。




Lumiere0143


カベルネソービニョンはヴェレゾンが進んでいます。







Lumiere0137


それにしても長い畑。何メートルあるのでしょうか。

雑草をかき分けて向こうまで歩きましたが途中でギブアップしちゃいそうなくらい長い畑です。

イネ科の雑草が多いです。





Lumiere0160


この写真の向う側、山裾の山梨市にはビオロジックで草生栽培の畑はありますが、一般的に甲府盆地ではなかなかお目にかかれません。





Lumiere0183


棚の畑はメルローです。

一文字短梢栽培です。

もう虫だらけ。凄いことになってます。






Lumiere0195


こちらの棚は甲州です。

かなり古い樹だと思います。

主枝、複枝、新梢、方向に規則性はありません。
この頃は一文字栽培は無かったのでしょう。



とにもかくにも草ボーボー。
雑草と競わせることで美味しいぶどうが出来るのですね。



この自社畑のぶどうから造られるワインが Cu-Cal で飲んだ南野呂。
激安の1升瓶ワインにビオデナミのブドウを使うってスゴクないですか!?





帰宅後、ワイナリーで購入したワインから1つ、早速飲んでみました。




Lumiere1118



ルミエール ペティアン オランジェ (Lumiere petillant orange 2008)

甲州を果皮ごと醸した微発泡ペティアン。

ショップの方と話すなかでワタシ生意気に『甲州は果皮ごと醸したほうが断然美味しいと思う』なーんて言ったところ勧めて下さったワインです。
ホントは濁ってたほうが更に美味しいと思っているんですけどね。



果皮の色が付いたやや赤みがかったピンクイエロー。
(フルートグラスではないので泡が大変なことになっています)


抜栓時は温度が低くイースト匂い。
温度が上がるにつれ、バニラ、シナモン、生姜。

甘みは無く、食中酒としての性格が強いですね。
酸と苦み。

やや水っぽいような気もしますがなかなかの美味しさ。

川魚なんかでもイケそうな気がします。



他にも石のタンクで醸されたワインや一升瓶なども購入。
しばらく楽しめそうです。


また1つ、お気に入りのワイナリーが増えました。



シャトー ルミエール     http://www.lumiere.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/01

思い立ったらブドウ狩り 大吉園 勝沼

Katsu0408

日曜日、ポツポツと雨が降り出した遅い朝。


投票を済ませてから、ポンと中央線に飛び乗って勝沼へ。

お馴染みの 大吉園 に向かいます。

今年はいろいろあってこの日しかチャンスはないのです。


(参照:2008/09/01 夏の終わりに勝沼へ ぶどう狩り

(参照:2006/09/05 ホントに美味しいピッテロ・ビアンコ  大吉園 勝沼





途中の八王子あたりではかなり激しい雨。

あららーと思いながら見る車窓には大きな雨粒。

1つ手前の甲斐大和でも雨は止みません。

『やっちゃったー』と少しガッカリしましたが、トンネルを超えると意外にも良い天気。

勝沼と笹子は距離は近いけど天気は全く違うんだそうです。





Katsu0071


向うの丘が ぶどうの丘 です。





Katsu0077



勝沼の駅からトコトコと坂を下り。





Katsu0083


畦道に入って。





Katsu0079


下を見下ろすとぶどう棚の向うにお寺。




Katsu0086


この裏手は今やランドマークになった原茂さんです。




Katsu0095



この畦名物のヘアピンカーブ。




Katsu0096


ちょうど下から大吉園の軽1BOXが上がってきます。





Katsu0098


軽1台がやっと通れる幅。

ヘアピンの内に逃げて通しましょう。




Katsu0105



畦を抜けると大吉園






Katsu0107




Katsu0110



ぶどう棚の下で頂きます。

少しお土産で買って、あとはピッテロビアンコが収穫できたら送ってもらうことにしました。






Katsu0116

向かいの路地を入ると原茂さん。

2階のカフェは5組待ち。

それならばと興味があるワイナリーに行ってみることにしました。






大吉園     http://www.cosmo.ne.jp/~daikichi/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »