« 雪中に咲く水芭蕉 境峠 | トップページ | 温石 松本の隠れ家懐石  »

2009/05/04

蕎麦 おぎのや 木祖 藪原

初めて食べたその日から、すっかり取り憑かれてしまった『すんき』



その酸味と食感が忘れられず、再び蕎麦処 おぎのや へ。

再び、この『すんきせいろ』を食すことが出来ました。





Oginoya0745


冷たい蕎麦を温かいつけ汁で食す『すんきせいろ』

やっぱり何度食べても美味しい。クセになる味です。



(参照:2009/03/19 すんきせいろ蕎麦  おぎのや 木祖村




この日も閉店間際に伺ってしまい申し訳ないことになってしまいましたが、何事も無かったかのように歓迎して頂きました。




この おぎのや さん。
蕎麦を学ぶ為に数種類の蕎麦を畑で育てているそう。

物腰は柔らかいけど熱心な求道者です。





藪原のこの名店の蕎麦はご主人の明るさがそのまま投影されたようなハツラツとした蕎麦。

甘み、香り、食感。
とても丁寧に作られているけれども、どこか楽しさがある蕎麦です。





すんきは1月から5月までの期間限定メニュー。

是非とも1度は食して頂きたいものです。





おぎのや  http://www.kiso-oginoya.jp/

|

« 雪中に咲く水芭蕉 境峠 | トップページ | 温石 松本の隠れ家懐石  »

おいしい店」カテゴリの記事

お食事遠征 #04. 甲信越」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

コメント

>蕎麦を学ぶ為に数種類の蕎麦を畑で育てているそう

こういう姿勢って、男性っぽい感じします。
興味をもったことをとことん追求していく・・・
ロマンだなぁ~
お蕎麦を一口いただくごとに、そのロマンを感じそうで、いろいろお話聞いてみたくなります。

投稿: hirorin | 2009/05/06 21:02

hirorinさん、真面目さと気さくさがこの店の良いところです。
まずは楽しく。
気構える必要はありません。
そして美味しく。
丁寧な蕎麦に感心しちゃいます。

木祖方面に行く事があったなら是非。
気取らないけど名店です。

投稿: bleu et rouge | 2009/05/06 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/44921922

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦 おぎのや 木祖 藪原:

« 雪中に咲く水芭蕉 境峠 | トップページ | 温石 松本の隠れ家懐石  »