« 青森シャモロック 究極のタマゴかけゴハン | トップページ | 温泉で Massa Vecchia »

2009/03/15

フォンデュと居酒屋ワインとモスカート

久しぶりにウチ飲み。



Fondu0179

酪恵舎のチーズフォンデュを食べながら。





Fondu0185


普通、ウチでフォンデュするときはエメンタールとグルイエールをブレンドするので塩分はやや強いんですけどね。


酪恵舎のフォンデュも少し塩分があるけど、もしかしたら濃い味の人なら物足りないかな。

ワタシには少し濃いけど、でもワタシはかなりの薄味なので参考になりませんよ。



ワインをかなり多めに塩分がちょうど良くなるまで延ばします。







この日のワインは....






Fondu0183

1本目はダーリオのビアンコ、Dario Princic Bianco 2007。


彼が営む居酒屋で樽から量り売りで飲まれているワイン。

野村ユニソン向けにだけ瓶詰めしているそう。



Fondu0177

野村ユニソンのワインは裏にバーコードが付いていて携帯のリーダーでよむと詳細や造り手の写真がわかるようになっています。




野暮ったくて素朴、けどキレイなワイン。

けっこうゴツゴツした感覚があるのにスルスル飲めるのが良いです。



なんか上手く言えないけど、新橋のガード下で飲む感じではなく、吉祥寺のいせやな感じ。

お食事番長のオヤジさんが晩酌で飲む刈穂か高清水みたいと言った方が良いかも。






Fondu0189

このワインでフォンデュを延ばすと旨味が一味入ってオトナのフォンデュになりました。






Fondu0191


2本目は、『"ほしのあき"みたい』と、神楽坂 gar.net 店番タケダに名言を言わせしめたカミッロのモスカートフリッザンテ。Camillo Donati Moscato Frizzante。






Fondu0196

シュワシュワなので王冠です。





Fondu0202


なるほど...."ほしのあき"。


リンゴジュースとブドウジュースをブレンドして砂糖を加えたよう。

キュートで弾けるよう。

香りはジャスミン....。

ボディは意外なナイスバディ。

残党分が多く、でも瓶内二次発酵して成熟しつつある”オトナこども”な味わい。


キュートなファーストノーズに誘われてみたら、ピロートークはオンナだったみたいな....。



このワインを2回戦目のフォンデュに入れてみたら、やはりフォンデュも甘塩っぱいドルチェ感覚の味になりました。


ウチ飲みだとあまり飲まないワタシですが、このユルさはスルスル飲めちゃいます。

気分的に楽な食事とワイン。

こんな感じが好きですねー。

|

« 青森シャモロック 究極のタマゴかけゴハン | トップページ | 温泉で Massa Vecchia »

Fromage (おいしいチーズ)」カテゴリの記事

うちごはん」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/44359001

この記事へのトラックバック一覧です: フォンデュと居酒屋ワインとモスカート:

« 青森シャモロック 究極のタマゴかけゴハン | トップページ | 温泉で Massa Vecchia »