« ヴィナイ オータ ワイン会 Amici つくば | トップページ | 祝 gar.net 2周年記念 VinaiOta ブラインド祭り »

2009/02/28

手打蕎麦まるやま 蕎麦と鴨鍋の会 代田橋

Kuro0607

きっかけはこの黒森庵の試作、粗挽き蕎麦だったかもしれません。

蕎麦に関してはまるっきりビギナーのワタシが『蕎麦を知りたい』と思ってしまったのです。

少し遅めのランチ、黒森庵の奥のテーブルですっかり興奮状態に陥っておりました。



「じゃあさあ、来ちゃう? ちょっと面白い会があるんだけど」

黒森庵のご主人が誘ってくれたのは代田橋の手打蕎麦まるやまさんの会でした。



ホントはこの日ご一緒させて頂いたまき子さんを誘っていたんだと思います。

でも、もう好奇心が抑えられません。

「行きます行きます。参加させて下さい!!」

図々しいなぁとは思いましたがまき子さんを押しのけて飛びついちゃいました。






Maruyama0659

手打蕎麦まるやまさんは大原交差点近くの甲州街道沿い。

『あなご天せいろ』と光るサインが目印。

こんな風に屋号よりも売り物を大きく掲げる方が理にかなっていて良いと思います。





Maruyama0640


黒森庵のご主人がワタシを皆さんに紹介して下さいました。

またワタシも頭の中が白くなりながら自己紹介させて頂いたのですが....



このあたりから今回の会に参加させていただいたのが『無謀な冒険』だったことに気付き始めるワケですよ。


黒森庵のご主人をはじめ蕎麦のプロや猛者ばかり。

blog つれづれ蕎麦のyukaさんや松坂屋酒店さんなど蕎麦や酒の達人が勢揃いですもん。もぉドキドキです。


悟られないように平静を装っていましたが、ガクブル。
食したものの記憶が一部とんでしまったほど。

メモリーカードがちゃんと差し込まれていなかったので写真も撮れたり撮れてなかったり。

かなりビビってたことに後から気付きました。





だって、プロ野球選手の中に草野球のワタシがいると思って下さいよ。

「ワタシも野球やってるんですよ」なんて言えないでしょ?

スーパーギタリストに囲まれて、Fがやっと抑えられるワタシがいると思って下さい。

「ワタシもギターやるんです」なんて言えないじゃないですか!?

とんでもないことになってしまったと思い始めていました。




ところがワタシが孤立しないよう皆さんが話題をふってくれます。

優しさが嬉しかったですよ。

せっかくお気遣い頂いているので何とかついていきました。



Maruyama0645

やがて、松坂屋さんが差し入れた百隠正宗や国香や帰山1998がイイ感じで緊張をほどいてくれます。



Maruyama0646

やはり、酒は良い潤滑油ですね。




メモリーカードが正しく入っていなかったため幾つかの写真が記録されていません。


程よい加減の塩辛。

明太子と山芋の和えもの。





Maruyama0644

鍋に火が入ります。


Maruyama0643

鴨鍋。

蕎麦屋の鴨鍋は出汁が最高。

とても旨いです。

うっとりしちゃいますよ。


さらに

牛蒡穴子巻。



Maruyama0647

揚げ蕎麦がき。

天盛り。




最後に蕎麦がたくさん。




Maruyama0648

そば1は『まるやま いつものせいろ』山形 ふるい20メッシュ




そば2は『花咲福井 ドイツの石臼』ふるい20メッシュ





Maruyama0651

そば3は『玄挽き 福井 寺前町 ドイツの石臼』ふるい30メッシュ





Maruyama0653

かき玉そばはタマゴのほどけかたが大きくでキレイ。
タマゴの風味がボケない厚みでもありました。



挽いて、まわして、捏ねて、延ばして。

それだけで風味が違うものができるって面白いです。



ドイツ製の石臼で挽かれた蕎麦は少々野暮ったいけどとても明快な味わい。
なんというか、蕎麦にテロワールを感じます。
ビギナーのワタシもビビッときちゃういました。


図々しく誘われるがままに参加させていただいた蕎麦と鴨鍋の会。
とても楽しいイベントでした。

近所に良い蕎麦があるのがわかったのが一番の収穫かも。
ウチから営業用のママちゃりで15分くらいですもん。

まるやまのご主人はとても気さくなかたで会話も楽しかったですし。

また、必ず訪れたいと思うワタシです。





手打蕎麦 まるやま

杉並区和泉1-2-3
03-3321-1478

11:30 - 15:00
17:45 - 21:00
木曜定休

店内は禁煙です

|

« ヴィナイ オータ ワイン会 Amici つくば | トップページ | 祝 gar.net 2周年記念 VinaiOta ブラインド祭り »

完全禁煙の店」カテゴリの記事

満腹物語」カテゴリの記事

試食会」カテゴリの記事

コメント

うわー!本当に素晴らしい会だったんですね!
自分に予定がなければ・・・伺っていたんですが(涙)。
うらやましい限りですが、
きっとこれも「縁!」ですよね!
私は私で、 bleu et rougeさんと一緒にすごせた黒森庵が、とっても楽しかったです。

投稿: まき子 | 2009/03/01 00:50

まき子さん、あらためてまるやまさんに行ってみようと思っていますがご一緒にいかがですか?
看板のあなご天せいろ。参加の猛者さんたちから必ず食せねばならぬと念押しされております。
仕事が落ち着いたら一杯いきましょう。
冷蔵庫を空にした番長も参戦できそうですし。

投稿: bleu et rouge | 2009/03/01 01:55

お蕎麦屋さんで食べる鴨、大好きです♪
私も詳しくないけど、蕎麦は大好き~。
静岡はお蕎麦屋さんが多い街だから、美味しいお蕎麦を食べるのに苦労しない気がします。
だけど、お酒も楽しめるだけの肴が豊富なお店がなかなか見つかりません。
東京の方が、お酒と一緒に楽しむお蕎麦屋さんが多いのかなぁ~という印象があるけどどうなんだろう?

昨日、私も同じ白隠正宗飲んでいたので、ちょっと嬉しい画像でした♪

投稿: hirorin | 2009/03/01 14:20

hirorinさん、久しぶり。
蕎麦屋ってちょっとしたものなんだけど能書きいらない旨い肴がありますよね。でも、肴が充実してない店も結構多いと思いますよ。
東京の蕎麦屋がお酒を楽しめるのではなく、hirorinさんは酒が楽しめない蕎麦屋には行かないが正解では!?
注文の際にお茶で良いですなんて言ったら無言でマジ?って顔しちゃう人でしょ?
アタリだな。

投稿: bleu et rouge | 2009/03/02 03:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/44202130

この記事へのトラックバック一覧です: 手打蕎麦まるやま 蕎麦と鴨鍋の会 代田橋:

« ヴィナイ オータ ワイン会 Amici つくば | トップページ | 祝 gar.net 2周年記念 VinaiOta ブラインド祭り »