« 今年最後のお出かけ | トップページ | 大つごもりに思う »

2008/12/30

季織亭 年末恒例おでん会

月曜日、静岡からたった4時間でトンボ帰りしたワケは。

ワタシのホーム、拉麺 季織亭 年末恒例になりつつある おでん会の為。


皆さんと語らいながらおでんを食べ酒や焼酎を飲み続ける....、まぁお客と季織亭の忘年会というワケです。




急いだ甲斐あって、なんとか19時半に到着。
慌てたのでやはり汗でびっしょりでした。



久しぶりの皆さんと楽しく過ごしました。


おでんと酒類たちの写真がありません。

話しに夢中になってしまい、ほとんど撮ってません。
とても楽しかったので写真には気が回りませんでした。





Kiori0655



11月に行くつもりだった太田酒造場の辨天娘。

シミケン君の差し入れ。


ワタシもお食事番長もどーしても仕事が終わらずキャンセルしちゃったんですよね。鳥取行き。

ホテルは許してくれたけどやっぱりANAはキャンセル料許してくれませんでした。

太田酒造場に見学のお願いをしなかったのが不幸中の幸い。
仕込みで忙しい時期なのでそっと訪問するだけの予定だったのが良かったです。

まぁ、いづれまたチャンスがあるでしょう。





Kiori0659

この日の〆の麺は茶そば。
ただし、そば粉は使っていません。

小麦粉、それも全粒粉の粉で手打ちした麺です。

蕎麦とは違いますがしっかりした麺。
経験に有りそうで無い麺料理です。






季織亭はラーメン屋です。

でも、来年のいつか。ラーメン店という業態と決別し、小麦で打つ麺料理という新しい業態を立ち上げるそうです。

ラーメンというワクに縛られずに新しい麺を表現したいのだそう。



実は11月に某県某村で季織亭が使う可能性がある小麦の種まきが行われました。

もちろんこの小麦は無農薬で育てられます。
上手くいけば来年の夏にはこの小麦で麺が打てるでしょう。

小麦が上手く育ち、季織亭の麺に使えるようにと願っています。



もちろんワタシは季織亭を支持しつづけます。

型にハマらない新しい麺を作ってほしいです。


長い時間をかけお客を育ててきた季織亭。

この店に通ううちに収穫された農産物の素の旨味が利けるようになる方は多いです。

もちろんワタシも育てられた1人です。


そんな季織亭だからこそできる新しい冒険。

とても期待しています。





今年もこだわりのオトナたちを楽しませてくれた季織亭。

年内の営業はこの日で終わり。



新年は3日から。

恒例のお雑煮拉麺が待ってます。




季織亭  http://www.kyodo-suzuran.com/shop/7/25/index.html

|

« 今年最後のお出かけ | トップページ | 大つごもりに思う »

季織亭」カテゴリの記事

おいしい店」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

満腹物語」カテゴリの記事

飲み過ぎ」カテゴリの記事

コメント

今、茶そば食べ終わってコメントしてます(笑)
静岡に滞在4時間・・
もぉ~~~言ってくれたら・・
行きたいお店があるんです。中華なんだけど。
次回静岡に来るときには、本当に本当に、教えてくださいね!!速攻かけつけます!

まぁ、年末だから、お店もお休みとらないとかわいそうですもんね。
ちなみにMassimoさんもお休みに入ってました~。

投稿: hirorin | 2008/12/30 22:48

hirorinさん、今回も静岡はバタバタになってしまいました。近いからか帰京してからの予定が入ってしまいがちです。
また、来年も必ず行くことになりそうなのでその時はよろしくお願いします。
今、知りたいのは静岡のBar事情です。静岡と松本はナゼか良いBarが多いんです。人口に対してのBarの比率も多過ぎます。その理由が知りたいです。好奇心が疼いています。

投稿: bleu et rouge | 2008/12/31 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/43577959

この記事へのトラックバック一覧です: 季織亭 年末恒例おでん会:

« 今年最後のお出かけ | トップページ | 大つごもりに思う »