« ワインが楽しい有機野菜のビストロ キュニイット 北新地 | トップページ | 遅ればせながらヌーボーです Marcel Lapierre Cuvee Jules »

2008/12/05

パンもやっぱり粉モンです Le Sucre-Coeur (ル・シュクレ・クール) 吹田市

このエントリーも随分前の話しです。

11月23日のことになります。(書いたのは12月9日です)

自分のためのお食事日記なので気にせず記します。






大阪といえばなんと言っても『粉もの』です。

『粉もん』と言う方が良いのかな。

そー言えばコナモン協会なんてありますよね。
(一度、協会の人と出くわしてステッカーを貰ったっけ)



当然、パンも粉モンです。

大阪には驚くほど美味しい店があるので要注意です。




ワタシが好きなのは ル シュクレ クール(Le Sucre-Coeur)というブーランジェ。

2005年の12月以来の再訪問です。

(参照:2005/12/07 『Le Sucre-Coeur (ル・シュクレ・クール)』 大阪






大阪の少し郊外になる岸辺駅から徒歩15分。

大阪に行っても時間的なことからなかなか行けません。




信じられないくらい長い地下道を歩いて行くワケですよ。



Kishibe0203

やっぱり向こう側は見えません。






Sucrecoeur0209



ここのパンは生地が美味しいパン。

派手な演出はない素朴なパンです。

素材が良いのか、しみじみ美味しいです。

手間を惜しまないことも何となくパンから感じます。






この日は

パン・ボジョレー

クレーム・オ・ブール


Sucrecoeur0392

パン・クール




Sucrecoeur0355

マンダリン・マロン

シャンピニオン

ラルドン



Sucrecoeur03555

パン・オ・ゾリーブ



Sucrecoeur0390

プラリネ・パリ


セーグル・マロン・バルサミック

等々。






Sucrecoeur0356

特に好きなのはやはりセーグル・マロン・バルサミック。

バルサミコでキャラメリゼした栗が入ったライ麦のパン。



バルサミコの香り、セーグルの酸味、栗の甘み。
全部が溶け合って甘酸っぱくて美味しいんです。



ホントはショーケースの前でこのパンを探してしまいました。

数年前に食べた時から持ち続けていた印象と実際の大きさが違っていたんです。

もっと大きかったと思ったんですけどね。




お店の方に聞いたら、ちょうど今年も販売を始めたところと教えて貰いました。

もう10日早く来ていたら食べられなかったようですね。

タイミングが良くてラッキーでした。




Quaimontebello0207

さて、前回の訪問と違うのは隣にパティスリー Quai Montebello を出店していたことでしょう。

しかし、生菓子は旅の途中では購入できません。


Quaimontebello0211

イートインも出来るのですが時間がなく断念。

仕方ないのでボンボンショコラのアソートとコンフィチュールを購入しました。



これはまだ食べてません。

ボンボンショコラは生ものなので超ヤバいです。

今夜こそ食べてみなくては。






Le Sucre-Coeur
http://www.lesucrecoeur.com/

大阪府吹田市岸部北5-20-3
06-6384-7901
8:00-19:00
水曜 及び 木曜 定休



Quai Montebello
http://www.quaimontebello.com/

住所はLe Sucre-Coeurと同じ
06-6339-8880
10:00-20:00
水曜 及び 第3木曜 定休

|

« ワインが楽しい有機野菜のビストロ キュニイット 北新地 | トップページ | 遅ればせながらヌーボーです Marcel Lapierre Cuvee Jules »

おいしい店」カテゴリの記事

お食事遠征 #06. 関西」カテゴリの記事

パンとか 焼き菓子とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/43370112

この記事へのトラックバック一覧です: パンもやっぱり粉モンです Le Sucre-Coeur (ル・シュクレ・クール) 吹田市:

« ワインが楽しい有機野菜のビストロ キュニイット 北新地 | トップページ | 遅ればせながらヌーボーです Marcel Lapierre Cuvee Jules »