« 収穫って楽しい!! 小布施ワイナリーでぶどうの収穫 | トップページ | 生産者と消費者を繋ぐ人 ジュレ ブランシュ 松本 »

2008/11/05

お食事番長 カワイイぶどうを踏み潰す(!!)  小布施ワイナリー

カベルネ ソービニョンの収穫を楽しんだワタシたち。

畑で一旦解散してから、15時半にワイナリーに再集合です。



Obuse0503

地下の貯蔵庫を見てから1階の醸造所に入ります。




4月、醸造所見学に訪れた時にはタンクはカラでした。

(参照:2008/04/29 小布施ワイナリー 醸造所見学




今回、タンクは発酵の真っ最中。
興奮します。


因に、曽我さんのタンクはホーロー。
熱伝導が良く、温度のコントロールが容易だそうです。





赤ワインは除梗した後で、粒を潰して丸ごとタンクに入れます。


やがて発酵が始まるとどーいうワケか果実と液体が上下に分離します。
炭酸ガスが出て分離させてしまうらしいんです。


この上に浮いた果皮や果実を1日に1回か2回押し込んでやる必要があります。

これがピジャージュという作業で、ワタシが自宅で密造している自家製ワインも毎日1回か2回上から箸で沈めています。これをやらないとワインにならずに酢になっちゃうんです。




Obuse0517

このピジャージュをホンモノのタンクでやってみることになりました。





Obuse0508

まずは酵母を添加したタンク。

果実の層が堅くなかなか櫂を押し込むのが大変です。
かなりの重労働。ミシミシと重い櫂を全身で押し込みます。
馴れない作業に背中が軋みます。






Obuse0516

次は酵母を添加せず果皮に付いている天然酵母のみで発酵させているタンク。

発酵が緩やかなのか上の果実の層がユルいです。
櫂もグングン押し込めます。
ウチの密造ワインと似た感触です。
ムキになるとジュースがボチャっとはねるので注意です。





次に、手作業でワイン造りをしていた頃の方法を幾つか体験してみることになりました。



Obuse0536

まず、除梗機を使わずに手で除梗してみます。

粒を手で摘むのは楽しいです。
しかし、仕事と考えると効率が悪いですね。
収穫してきたぶどうが傷まないうちに行うには、昼間に収穫したぶどうから夜通し粒を取るしかないような気がします。


ぶどうは酸が強く手が荒れるのも悩ましいです。
翌日、ワタシの指はひび割れてました。





次にぶどうを潰すのですが....。


これも昔の方法ってことで。






Obuse0550

女性参加者が脚をアルコール消毒してから踏んで潰します。

もちろん番長もぶどうをシバキあげました。




「若い娘さんでなきゃダメ!!」と、番長を阻止したかったのですが....。

もっともワタシが踏んだワインなんて絶対飲みたくないので仕方ないです。


番長には責任とってこのワインを飲んで貰わなくてはなりませんね。
2年後に発売されるカベルネソービニョンは要注意です。





番長は「ぶどう踏みは冷える」と。

「若い娘(コ)にさせとけ!!」と。



ワタシが阻止するまでもなく、冷えに負けた番長。
2度とぶどうを踏む事はないでしょう。




9時半の収穫から16時のぶどう踏みまでホントに楽しい1日。
貴重な体験が出来ました。

小布施ワイナリーへのシンパシーは一段と強くなりましたよ。
(このblogにも小布施ワイナリーというカテゴリーを作りましょう)



1月、4月、11月と今年3回訪れることができた小布施ワイナリー。
また、機会をつくって小布施に来たいものです。





小布施ワイナリー  http://obusewinery.com/

|

« 収穫って楽しい!! 小布施ワイナリーでぶどうの収穫 | トップページ | 生産者と消費者を繋ぐ人 ジュレ ブランシュ 松本 »

小布施ワイナリー」カテゴリの記事

お食事遠征 #04. 甲信越」カテゴリの記事

ワイン (日本ワイン)」カテゴリの記事

勉強会」カテゴリの記事

生産者に会いに行く」カテゴリの記事

コメント

こ、今年は、番長味の小布施ワインですね!
あ~、私も行きたかった・・・。

投稿: しゅうちゃん | 2008/11/06 00:08

たぶん、しゅうちゃんのぶどうの樹(同じ畑の同じ列では?)も番長が収穫しちゃいました。
残念ながらそのぶどうは踏めなかったです。
ココファームを退社した弟さんがワタシたち参加者をサポートしてくれました。北の大地でピノノアールを作るそうですよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/11/06 01:10

こんにちは。小布施ワイナリーは小生も以前一度訪ねたことがあります。いい雰囲気のワイナリーですよね。チャンスがあれば小生も葡萄の収穫をやってみたいものです。葡萄を足でつぶすのも来年トライしてみます。ワイン作りって本当に楽しいですよね。

投稿: さすらい庵 | 2008/11/06 09:38

さすらい庵さん、こんにちは。
さすらい庵さんはご自身のぶどうがたくさんあるから踏み放題ですね。
香りや味がひと味違うワインになるかもしれませんよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/11/06 13:16

ブドウ踏み踏み、ワイナリーのお祭りでやってますよね。
私もやってみたいな~と思うけど
若くないからもうやらせてもらえないでしょう。。

でも、年とってからだと美味しそうに見えないっていう理由じゃなくて、身体を冷やしてしまうからっていう理由だったんだ~と、今とっても感心してます。


投稿: hirorin | 2008/11/06 13:26

hirorinさん、やっぱりそう思います?
(身体が冷える為に)ぶどう踏みをしたくないオトナの女たちが予防線を張ったのかも?なんて妄想しています。

朝から皆で一緒に収穫して、若い娘がぶどうを踏んで、男達が重い樽に移して醸す。こんな感じですかね。

体験からいろいろと妄想が広がります。

投稿: bleu et rouge | 2008/11/06 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/43021342

この記事へのトラックバック一覧です: お食事番長 カワイイぶどうを踏み潰す(!!)  小布施ワイナリー :

« 収穫って楽しい!! 小布施ワイナリーでぶどうの収穫 | トップページ | 生産者と消費者を繋ぐ人 ジュレ ブランシュ 松本 »