« ぶどう品種別 ワイン試飲会 part2 藤小西 中野坂上 | トップページ | 百花蜜の香りのボーフォール Fromagerie Alpage 神楽坂 »

2008/10/02

a-iuto! 安くて旨くて ゆっくり飲みたいワイン

今朝、すれ違った小学生(3年生くらい)の一言。

「板東英二は一日にしてならず」

突然投げかけられた一言に絶句。

笑いました。

あの少年は何を伝えたかったのでしょうか!?

神の啓示だと思って今日も頑張ります。




いつの間にか10月になっちゃいましたね。
夏から秋はアッと言う間です。


仕事と地域活動でてんてこ舞いだったワタシも少し余裕が持てるようになりました。

おかげで昨夜は少し早く帰宅できたのでワインを飲みました。
静かにワインを愉しめるのはいつ以来でしょうか? ちょっと思い出せません。



Aiuto0181_2  


a-iuto ! TRINCHERO

ワタシの敬愛するインポーター、ヴィナイオータの扱うワイン。
オータファンにはお馴染みの1本。お馴染みすぎてblogとか書き辛いです。

ウチの酒コーナーからお食事番長が掘り出してくれました。




名前の『a-iuto!』はダブルミーニング。

そもそも『aiuto』は『助け』という意味で、さらに『!』を付けると『助けて』という意味になるそう。

また『-』を入れて『a』を離すことで、オータさんのジュニアであるユートくんに因んでいるそう。『ユートに』という意味を持たせているそうです。


造り手のトリンケーロの畑は除草剤も化学肥料も使ってないそうです。その為か、雨の多かった2005年は収穫が激減してしまったそう。
結果、3種類の白ワインを造る予定を変更し、全てを1つにブレンドしてしまったそうです。

トリンケーロ本人はいろいろ迷っていたそうですが、その厳しかった年のワインを全量オータさんが買ってしまいました。(GJ!!)


Aiuto0179_2


ぶどうはアルネイス50%、マルヴァジア20%、シャルドネ30%。

まぁ、しかしスゴイ色。栗から採ったハチミツの色を思い出します。


トップノーズは、ミント、ジャスミン、スズラン、白桃、白い花、カモミール、シナモン....。菩提樹のハチミツもあるかも。とにかくややスパイシーなハーブの香りです。



およそ白ワインとは思えない豊かなボディ。
アタックは優しいけどミドルからボトムにかけてとっても豊かです。

様々な雑味が旨味になっています。

ほのかな苦みも旨味になっていると思います。


落ち着いている印象ですがキュートでもあります。




アフターは少しホッコリした香り。イモ焼酎を彷彿とさせてくれちゃいます。
終売になった大石酒造の五番隊(三軒茶屋の麺屋 臥龍ならまだあるかも?)にとってもよく似てるかも!?

土と太陽を強く感じます。




正直、拔栓直後は硬かったのですが、2時間程の香りはモスカートパッシートみたい。

ただ、香りの甘さほどワイン自体は甘くありません。
糖(窒素化合物)をアルコールに変える醗酵が長かったのかもしれません。




こんなしっかり醸したワインは時間をかけてゆっくり飲むとホントにカラダにしみます。



久しぶりに、ワタシ的しみこみ度は.... 4.5。

ホントにしみるヤバいワインです。




もし、仕事が休めて温泉とか行けるならこのワインを持って行きたい。

こんなワインがホントに好きです。


あー、遠くに行きたいなぁ。







輸入元 ヴィナイオータ http://www.vinaiota.com/


購入は楽天の2店舗(ホントは内緒にしておきたいです)

MARUYAMAYA 
http://www.rakuten.co.jp/maruyamaya/695326/695479/695571/695631/

葡萄酒蔵 ゆはら
http://www.rakuten.co.jp/yuhara/454862/462959/525718/

|

« ぶどう品種別 ワイン試飲会 part2 藤小西 中野坂上 | トップページ | 百花蜜の香りのボーフォール Fromagerie Alpage 神楽坂 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

遠くへ・・・いかがでしょ、我が家から車で数分の、山の中のワイナリー♪
・・・って温泉以上に遠すぎ?!
でも、このワインについて語るくだり、
愛情をとっても感じます。

投稿: まき子 | 2008/10/03 09:35

お誘いありがとうございます。
ウムムム、3泊4日では無理ですからねぇ。
ついでの用事もちょっと無いしなぁ。DCは遠いっス。

このワイン。旨いですよぉ。
一般的ウケするとは思えないけど良い味です。
有機栽培。天然酵母。木樽不使用。人為的なものが排除された、そんなワインが好きですね。

トラブルからイレギュラーで出来たワインだけどユートくんが成人するまで造り続けてほしいと思っちゃいます。

投稿: bleu et rouge | 2008/10/03 13:33

何だか、ここ近々でa-iuto!が開いている記事をよく見ます、確りしたBianco、夏からの季節の替り目、過ぎた夏を思いつつ秋の初めに飲むには持って来いですもんね。Fromageも気に成ります。
TBさせて頂きます。

投稿: 西園寺 | 2008/10/06 12:59

おおー。西園寺さん、コメントありがとうございます。そーいえば西園寺さんのa-iuto!のエントリーにコメント入れたことを思い出しました。
アノ時は硬かったんですよね。1年近く経って素晴らしいワインになったと思います。やっぱ時間が必要だったんですねェ。

投稿: bleu et rouge | 2008/10/07 00:29

コメントありがとうございました。
junyaさんも来てるし!
オータさんの新居のお披露目に行かれたんですね。
いいなあ。
gar.netは、junyaさんに一度だけ連れて行ってもらったことがあります。いつかどこかでお会いするかもしれませんね。

投稿: 徒然わいん | 2008/10/07 21:22

徒然さん、いらっしゃいませ。
西園寺さんのお知り合いなんですか?
どこかでお会いすることになりそうですね。
gar.netか試飲会会場とかかな。楽しみです。

投稿: bleu et rouge | 2008/10/08 02:12

Bleuさん、徒然さんとは同じワイン師匠繋がりです。

徒然さんも来てるし!(笑

昨夜gar.net寄りました、宴の後のワインがいっぱいでした。

投稿: 西園寺 | 2008/10/08 09:54

西園寺さんにコメントもらってから、a-iuto!で検索して辿り着いたのが徒然さんのblogでした。
実は以前、日本ワインについて検索してからブックマークしてたりします。前回はタイミングが悪くコメント出来なかったのですが今回はコメントできました。西園寺さんの知り合いならどこかでお会いする可能性大ですね。

宴の後のワインがまだあるんですね。時間都合つかないかな。行ってみたいな。

投稿: bleu et rouge | 2008/10/08 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42660098

この記事へのトラックバック一覧です: a-iuto! 安くて旨くて ゆっくり飲みたいワイン:

» Wine22 [ナゼそれが旨いのか?]
ア・ユート [続きを読む]

受信: 2008/10/06 13:04

» a-iuto! VdT NV(2005) Trinchero [徒然わいん]
9/23/08(火) Bianco ¥2,394 葡萄酒蔵ゆはら/ヴィナイオータ [http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/56727849.html 大きな猫]や[http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/56740205.html 普通サイズの猫]と会った後、夕食を済ませて帰宅後、飲みました。 夕食は、地元の 金の羊 というお店でジンギスカン♪ 新橋にある有名店の姉妹店らしいのですが、ここの生肉..... [続きを読む]

受信: 2008/10/07 21:18

« ぶどう品種別 ワイン試飲会 part2 藤小西 中野坂上 | トップページ | 百花蜜の香りのボーフォール Fromagerie Alpage 神楽坂 »