« 竹鶴酒造 石川達也杜氏と語らう | トップページ | 癒されちゃうなぁ ぶどう畑Cafe Casa da Noma 勝沼 »

2008/09/01

夏の終わりに勝沼へ ぶどう狩り

早朝まで雨が降り空が重かった日曜日。
三鷹に停まるあずさに乗って勝沼ぶどう郷へ。

Daikichi0420

今回はワイナリーではありません。

実はワタシ、ぶどう狩りが好きでして。
2002年くらいからナゼか大吉園というぶどう園に通っています。

初めの頃はクルマで来てたんですけど、最近は電車。
酒飲みはその方が良いです。


Daikichi0423

地元に人しか通らないあぜ道を下って行きます。
真夏のような日差しに汗が止まりません。
でも、何だか楽しい。




勝沼の生食用ぶどうは個性的なものが多いんです。



Daikichi0426

ピッテロビアンコ。



Daikichi0428

カッタクルガン。




Daikichi0427

マニキュアフィンガー。




Daikichi0430

大吉園にはユーイカという品種もあったりします。



この日曜日は紅バラードという品種がありました。

この紅バラードは歯ごたえが洋梨みたいでサクサク。他のぶどうでは味わったことがない感覚です。



ぶどう棚の下でぶどうを食べながら少し休憩。

やわらかい風が心地いいです。





大吉園  http://www.cosmo.ne.jp/~daikichi/

|

« 竹鶴酒造 石川達也杜氏と語らう | トップページ | 癒されちゃうなぁ ぶどう畑Cafe Casa da Noma 勝沼 »

お食事遠征 #04. 甲信越」カテゴリの記事

コメント

なんだろーーー
なんかのドラマの冒頭で、ブドウ畑の中で
小さな女の子がゴロリと寝転がっていて・・
そのシーンがとても素敵だったなぁ~って印象あります。でも、なんのドラマだったんだろう???

こういうブドウ畑でウトウト眠りについて、誰かが起こしてくれる・・って想像するだけで幸せな気分になっちゃうな~♪
もちろん、目覚めてからワインを一杯飲めたら言うことなしです。

投稿: hirorin | 2008/09/01 22:45

hirorinさんはドラマですか。ワタシは映画です。

90年代の半ばに、16mmだったんですけど『この窓は君のもの』という映画があって、女の子を追って男の子がぶどう畑を駆け下りるシーンが印象に残っています。そのうち何で走ってるかわからなくなって、それでも走ってるシーンが瑞々しくって。

ワタシは畦をダラダラ歩くくらいが関の山。前日の酒が汗になってジトジト。瑞々しさは全く無いです。でも、畑は楽しいです。

投稿: bleu et rouge | 2008/09/02 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42349529

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに勝沼へ ぶどう狩り:

« 竹鶴酒造 石川達也杜氏と語らう | トップページ | 癒されちゃうなぁ ぶどう畑Cafe Casa da Noma 勝沼 »