« ぶどう品種別 ワイン試飲会 藤小西 中野坂上 | トップページ | a-iuto! 安くて旨くて ゆっくり飲みたいワイン »

2008/09/30

ぶどう品種別 ワイン試飲会 part2 藤小西 中野坂上

さて、酒を利く技術が『耳コピー』レベル、ヘナチョコなワタシ。

やがて、全体像が『再構築』できるようになるまで、まだまだ『分解する』経験が必要です。

そんなレベルのワタシにぴったりの試飲会が藤小西で開催されました。

代表的なぶどう品種、それぞれ単一品種から造られたワインを飲み比べて、特徴を掴もうという試み。



Fujikonishi0802



ぶどう品種は8種類。

1 シャルドネ。
2 リースリング。
3 ソービニョン ブラン。
4 ゲベルツトラミネール。
5 ピノ ノアール。
6 カベルネ ソービニョン。
7 メルロ。
8 シラー。

もちろん自然派と言われるワインたちです。



まず、シャルドネ。

Verget du Sud Vin de Pays de Vaucluse Chardonnay 2005
1,800円(参考まで)

農協からのぶどうをネゴシアン“ヴェルジェ”の醸造家ギュファン氏が醸したワイン。樽とステンレス半々で熟成だそう。

藤小西に用意されてたカンニングペーパー(!?)には、シャルドネ品種に感じる香りが掲載されています。

レモンの皮。
バニラ。
カモミール。
グレープフルーツ。
青リンゴ。
パイナップル。
白墨。
火打石。
メロン。

こんな香りが感じられると書いてありました。


ワタシ的には、パイナップル。グレープフルーツ。白桃、ですかね。

シャルドネは綺麗なワインで好きなのですが、樽に起因する香りに支配されてしまいがちですね。樽の効いたシャルドネと山田錦で9号酵母の酒は少々飽き気味です。美味しいんですけどね。



続いて、リースリング。

Kloster Eberbach Rheingau Riesling Classic 2006
1,980円(参考まで)

ラインガウに幾つかのドメーヌを有する国立醸造所のワイン。エーバーバッハは管理する修道院の名前だそうです。

リースリングで感じる香り、カンペから。

梨。
花梨。
白桃。
白い花。
寒天。
レモンの皮。
機械油。等々。

ワタシ的には、レモンピールと白い花。
今回のシャルドネとリースリングはオーソドックスなワイン。
やや単調ですが、ぶどうの個性が素直に感じられます。



ソーヴィニョン ブラン。

Goldwater Marlborough Sauvignon Blanc 2006
2,160円


NZは南島Marlborough産ソーヴィニョン ブランで醸したワイン。

カンペから。

芝生。
フェンネル。
グリーアスパラ。
パッションフルーツ。
ライム。
グースベリー。等々。

ワタシ的には、ピーマン、パッションフルーツ、獣の匂い。

ブレンドに使われることが多い品種だと思います。
このように単一品種で醸すと青臭さが際立ちます。
ワタシが獣臭と感じたのはネコのおしっこと表現されることがある品種独特の香りなのでしょう。




ゲヴェルツトラミネール。

Hugel Alsace Gewurztraminer 2006
2,430円

ヒューゲルはスーパーでも買えるのですっかりお馴染み。でも立派な自然派です。

ジュラール シュレール、ピエール フリック、マルク テンペ、アルベール ボクスラー....。今、アルザスは自然派ワインの一大生産地です。

カンペから

ベルガモット。
シナモン。
クミンシード。
コリアンダーシード。
カモミール。
ライチ。
ニベア(!?)。等々。

ニベア(ハンドクリーム)ありますねー。笑うくらい感じます。
スパイスやハーブの香りを強く感じる品種。
ライチの甘い香りとほのかな苦みが良い感じです。
最近、北海道で盛んに栽培されていますね。寒冷地に合うのかな?




ピノ ノワール。

Frederic Magnien Bourgogne Pinot Noir 2005
2,625円

ビオデナミで栽培。平均樹齢30年のぶどうを手積みで収穫。
重力で圧搾。酸化防止剤は最小限。
こんなワインを飲むと自然派にめざめます。
悪酔いは皆無。頭が痛くなるようなことはありません。

カンペから。

ラズベリー。
パンデピス。
スミレ。
シナモン。
コケモモ。
イチゴ。
チェリー。
デーツ。等々。

ワタシ的には、スミレ、カシス。少し経過して、デーツ、ラズベリー(赤いベリー)、プラム。
このワインはキュートなピノ。枯葉や皮革やジビエのような熟成感は無いけど美味しいピノです。




カベルネ ソーヴィニョン

Ile la Forge Vin de Pays d'Oc Cabernet Sauvignon 2007
1,600円

今回の試飲会で一番若いワイン。

カンペから

ミント。
シダ。
ユーカリ。
カシス。
ブラックベリー。
3Hの鉛筆。
モンブランのインク。等々。


カベルネ ソーヴィニョンはお馴染みの品種ですよね。
若いうちは青臭いことが多く手強いです。タンニンもキツいです。
このラングドックのワインは2007年のカベルネ ソーヴィニョンということで、青臭いかと思ったけど、意外なほど落ち着いてるワインでした。インク臭が強いくらい。なにせ1600円のワインなのでボディに厚みはありません。少し時間を置いたら黒いベリーを感じる予感が有りました。
残業で遅くなった夜のウチめしがパンとチーズと生ハムなウチ向きワインです。





メルロー

Chateau Poupille Cotes de Castillon 2003
2,480円


カンペから。

クローブ。
スミレ。
4Bの鉛筆。
鉄くぎ。
ブラックベリー。等々。

代表的品種が続きます。
このワインはサビとバターを感じます。値段は安いのですがまだ少し寝かしても良かったような気もします。

メルローって若いうちは青臭いけど、カベルネ ソーヴィニョンのような直線的でエッジの効いた青臭さとはニュアンスが違いますよね。
ワタシは除葉や収穫で樹や葉を見る機会がありますが、カベルネ ソーヴィニョンとメルローってその姿に合わせたような違いを感じます。
荒々しいカベルネ ソーヴィニョン。優しいけどたおやかなメルロー。
穏やかな樹勢を感じる青臭さ、優しいタンニンがメルローの良さだと思います。




シラー

Pierre Gaillard Vin de Pays des Collines Rhodaniennes Syrah 2006
1,980円


豪州以外ではブレンドに使われることが多い品種だと思います。
ワタシ的にはコスモジュンの安旨ワインを飲んでから考えが変わりました。

カンペから。

ユーカリ。
スミレ。
ブルーベリー。
ラベンダー。
なめし革。
プーアール茶。
カブトムシ(!!)

甘さとスパイス香が特徴でしょうか。
今回のワインからはスミレとなめし革を感じました。
でも、一番強く感じたのはサンポール!! ジャスミンではなくあくまでもサンポール。塩酸な感じ有りです。
少しすずらんの香りもかんじます。





8種類の品種を楽しんだ試飲会。

書きながら、つくづく低レベルな自分に気付かされます。
ほとんどトップノーズにしか気がいってませんからね。

まだまだ、こんな経験を積む必要がありそうです。

幸いワタシはネットショップと実店舗、共に良い酒店を知っています。
また、安いけど品質の高いワインを飲ませてくれる店にも恵まれています。経験値を上げる環境は抜群です。

『耳コピー』なレベルのバンドも、続けていけば必ずグルーブするってもんです。

しかし、A.O.C.などの型にハマったワインも良いけど、こんなフリーな気分のワインは美味しいです。

自由でストレート、権威と闘う破天荒なワインたち。

最近の商業的Rockに感じない、気骨のあるスピリットをワインに感じちゃいます。

|

« ぶどう品種別 ワイン試飲会 藤小西 中野坂上 | トップページ | a-iuto! 安くて旨くて ゆっくり飲みたいワイン »

ワイン」カテゴリの記事

試飲会」カテゴリの記事

コメント

>ぶどう品種は8種類

という中でも、知らないのが「ゲヴェルツトラミネール」です。
げ・・・げヴぇる・・・と舌噛みそう(笑)。
その上、「ニベア」に笑ってしまいました!
私の中では、まさにハンドクリームのニベア。
それって、香りの一種なのでしょか?!

投稿: まき子 | 2008/10/01 12:34

ゲヴェルツトラミネールは日本人には馴染みのない音ですね。初めて聞いた時はビックリしましたよ。ゲヴェルツが香辛料って意味なんだそうです。

ニベアの香りはまだ序の口。カブトムシとかネコのオシッコとか、結構強烈なのもあります。
カワウソの匂いってのも有りましたね。たまにワケわかんなくなります。

投稿: bleu et rouge | 2008/10/02 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42641705

この記事へのトラックバック一覧です: ぶどう品種別 ワイン試飲会 part2 藤小西 中野坂上:

« ぶどう品種別 ワイン試飲会 藤小西 中野坂上 | トップページ | a-iuto! 安くて旨くて ゆっくり飲みたいワイン »