« オクラの花を食す ほんのり甘く ほんのり苦み | トップページ | オクラの花 再食 Bel Sole 荻窪 »

2008/09/18

初秋のチーズカフェ Alpage 神楽坂

日曜日、大好きなフロマージェリー 神楽坂Alpageに行ってきました。


Alp0775

恒例のイベント、チーズカフェです。



今回のチーズカフェのお題は『Plateau de fromages 熟成チーズの盛り合わせ』

Alpageさん自信のコンディションで美味しいチーズたちが楽しめます。


 


Alp0777



1.風の谷ファーム シェーヴル 白馬村

チーズが好きな方にはすっかりお馴染みになった 風の谷ファーム。
岩岳スキー場で山羊を飼いながら山羊乳チーズ(シェーヴル)を作っています。
昨年、オーストラリア人のロバートさんが牧場を引き継いでから甘みが増した気がします。先日の本間るみ子さんのチーズ会でも2種類のチーズを頂きました。
爽やかな甘さとハーブ香のチーズ。いつ食べても美味しいです。


2.ヴァランセ農家製 (Valençay Fermier A.O.C.) サントル圏(ロワール川流域)

山羊乳製(シェーヴル)のチーズ。固形分中乳脂肪分45%。
ピラミッド型のチーズで表皮に炭をまぶしている個性的なチーズ。
Alpageさんが素晴らしいコンディションに熟成させたような気がします。
ねっとりと熟成が進み絶品。しかしながら上品な酸味。ややナッティな香りは樽香の効いたワイン、あるいはモルトでも良さそう。クセになります。


3.マホレロ (Majorero) スペイン領カナリア諸島 フェルテベントゥラ島

モロッコと言うか西サハラ沖にある温暖な島で作られる山羊乳(シェーヴル)チーズ。
固形分中乳脂肪分 52%〜55.5%
フェルテベントゥラ島は1000年前から牧畜が盛んだったそうです。
マホレラ種という野生の山羊から作られるという事だけでも興味深いのですが、表皮にオリーブオイルとパプリカを塗っているのには驚かされます。


4.ルエル ド ブルビ マーティー 農家製 (Rouelle de Brebis Marty Fermier) ミディ=ピレネー圏 

この土地の草と干し草と穀物だけで育てた羊乳製(ブルビ)フレッシュチーズ。
ロックフォール用に納めていた羊乳から作られたチーズは甘味と旨味が印象的。
ワタシ的にはややナッティに感じました。


5.デリス ド ブルゴーニュ (Delice de Bourgogne) ブルゴーニュ圏

生クリームを加え固形分中乳脂肪分72%な牛乳製白カビチーズです。
ミルキーでフワフワ。甘みが強いチーズ。



Alp0776


6.サンマルスラン アフィネ (Saint-Marcellin Affiné) ローヌ=アルプ圏

固形分中乳脂肪分50%。牛乳製のフレッシュチーズ。
クリーミーでやわらかいチーズ。旨味が強い。塩分とミネラルもかなり強い。
最近流行のマッチョな純米酒に合いそうです。


7.ブルー ド シェーブル (Bleu de Chèvre)  オーヴェルニュ圏

固形分中乳脂肪分45%。珍しい山羊乳(シェーヴル)のブルーチーズ。
青カビのシュワシュワ感がクセになりそう。
旨味と甘みも素晴らしい。
ブルーチーズが苦手な方、山羊乳が苦手な方、双方にお薦めしたいです。


8.ロックフォール "イヴ・コンブ" (Roquefort "Yves Combes") A.O.C. ミディピレネー圏 

固形分中乳脂肪分 最低52%。やや脂肪が強い羊乳製青カビチーズです。
なんでも、手作業で作られるロックフォールは全ロックフォール中のわずか0.6%しかないそうです。もちろんロックフォールなのでロックフォール=シュル=スールゾン村の洞窟で熟成されています。このチーズはホントに貴重です。
ボリューム感の有る旨味。塩分も強いです。


9.キュレナンテ オゥ ミュスカデ (Cure Nantais au Muscadet) ロワール圏

固形文中乳脂肪分45%。ミュスカデ(マスカット)のワインで拭いて熟成させたウオッシュ。モチモチしたやわらかさ。プロセスチーズっぽいチーズです。


10.ラングル 農家製 (Langres Fermier Lait Cru A.O.C.) シャンパーニュ圏

固形分中乳脂肪分45%の牛乳製ウォッシュチーズ。
農家製ラングルを作っている農家はたった1軒しかないそう。
コッテリした風味と旨味が濃厚です。なによりコハク酸を強く感じます。
シャンパーニュに合わせるのが良いらしいのですが、ワタシ的には純米酒竹鶴と合わせてみたい気がします。マッチョなチーズには骨太の酒の方が良いかと思います。




Alp0779

11.ラヴォール (Lavort) オーヴェルニュ圏

固形分中乳脂肪分54%。ハードチーズとしては脂肪が多い羊乳チーズです。
たぶんカビに起因すると思いますが個性的な香り。お食事番長は「焼イカの匂いがする」と。確かに有りますね。新幹線の車中でビールと食べたいかも。だって新幹線ってイカ率高いと思いません? どこからとも無くイカの匂いが漂ってきますよね。


12.ボーフォール シャレ ダルパージュ (Beaufort Chalet d'Alpage A.O.C.) ローヌ=アルプ圏

固形分中乳脂肪分48%以上。30kgから40kgある大きな牛乳製チーズです。
アルプスの山小屋製チーズって一度見に行ってみたいです。
ハイジの世界。おじいさんやペーターに会いたい世代ですもん。
このチーズは旨味もさることながら香りが素晴らしいです。
山の草原で採れた百花蜜のような香り。ナイヤガラ(ぶどう)みたいな甘い香り。
素晴らしい香りと旨味のチーズ。
標高2000mの山小屋でムッシュ・ペレが作るチーズ。クセになります。



Alp0774



幾つかのワインを飲みながら楽しいひととき。

ホントに忙しい日々、つかの間の喜びに浸りました。




Fromagerie Alpage  http://www.alpage.co.jp/

|

« オクラの花を食す ほんのり甘く ほんのり苦み | トップページ | オクラの花 再食 Bel Sole 荻窪 »

alpage (神楽坂)」カテゴリの記事

Fromage (おいしいチーズ)」カテゴリの記事

おいしい店」カテゴリの記事

試食会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42517602

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋のチーズカフェ Alpage 神楽坂:

« オクラの花を食す ほんのり甘く ほんのり苦み | トップページ | オクラの花 再食 Bel Sole 荻窪 »