« 阿佐ヶ谷 七夕まつり | トップページ | Caney 万力メルロ 2007 日焼けした女の子みたいなキュートなワイン »

2008/08/12

太陽酒造試飲会 角打ち石丸商店 大宮

皆さん、お盆休みを楽しんでますか?

ウチはお食事番長が帰省中。
残ったワタシは例年通り普通に仕事。宿題山積みです。



そんなワタシですが先週の土曜日に仕事を抜けて大宮へ。
角打ちの出来る酒屋 石丸商店 で開催された 太陽酒造試飲会 へ行ってきました。



Ishimaru0140

太陽酒造と言えば"四季酒の会"のtakeさんのblog "酒は生涯の友、友は生涯の宝"に悪辣な買収を仕掛けられたと書かれていたアノ蔵元です。


何だか人ごととは思えなかったワタシ。
(参照:2008/07/04 蔵元買収  善意? 悪意? 欺瞞の匂い)

明日は我が身とも言いますし、蔵元さんと直接会っていろいろ聞いてみようと思ったワケです。


Ishimaru0120

この日の試飲会は堅苦しいものではありません。

通常営業だけど、太陽酒造の酒がいつもより多い...てな感じです。
試飲会と知らず飲みにくる近所の酒Loverさんも普通に飲んでます。




ワタシたちが着いた時には立錐の余地もない状態。
しばらくは入口から動けませんでした。


やがて、DFラインから少しづつビルドアップ。
カウンター前にフリーなスペースが出来ると、そこを起点にシュートを放ち始めます。




まず、takeさんに促されるままに"たれくち"を飲んでみました。

「なんじゃぁ、こりゃぁ!!」

いきなり良いパンチをもらったよう。


ぶっちゃけ、"睡龍"を初めて飲んだ時以上のショック。

強い輪郭。濃厚。様々な酸。1度に飛び込んできます。



Ishimaru0124

酒は全て純米原酒。全量山田錦。

「なんちゅう酒を造っとるのか」と。


買収問題の事を聞きに来たのですが、いきなり方針転換。

「この酒を今日は飲む!!」

「もう行っちゃえ」と。


少し冷静さがないと利き酒が出来ないワタシ。
まぁいつも興奮しちゃうんですが...。




Ishimaru0122

ここからはもう飲む、飲む、飲む。
品切れになってしまった1つ意外は全て試飲。




Ishimaru0128

更に琴線に触れたものを次々と燗に。
燗酒、燗酒、燗冷まし。

角打ちを仕切る若いご主人がそれぞれに合った温度に仕上げてくれちゃいます。ナイスお燗番です。



無濾過。無加水。無添加。

ウワサではアルコール度数もホントは表示より高めらしい。



皆さんも興奮気味。
笑ったり、怒ったり、泣いたり。
酒と同じくらい濃い状態。

ワタシも初めて会った皆さんと興奮状態で語りましたよ。
ただ、何を語ったのか覚えていませんが......。



最初から最後まで熱く語り続けた杜氏。
曲がったことが嫌いなんでしょうね。

酒も徹底的にこだわっちゃうんでしょう。

「まぁ、そこそこ美味しい言うて貰える酒、造ってるんちゃうかな....そう思うてますわ。」

ちょっとイカす、偏屈なおっちゃんです。


Ishimaru0129

"和田美酒 ささにごり"が甘みと酸味が強く、更にコハク酸も強くって記憶に残りました。海産物にマリアージュ必至です。

"赤石 純米吟醸生原酒"の程よいバナナ香(感じないほど)も良かったです。焼き魚が良いんじゃないかな。

でも、やっぱり"太陽たれくち13BY"の燗かな。
入口に有った杜氏自ら干した明石のタコに合いそうでした。

やっぱり明石の海の酒は明石の海の物によく合います。

Ishimaru0135

どの酒も温度の変化で表情が変わり楽しい。

熱燗から冷やまでどんな温度でも美味しい。

全てかなり濃い原酒なので氷入れちゃっても美味しい。

マッチョでパワフルで濃厚。だけど繊細で香りもある。

偏屈だけどストレートな酒。

楽しい太陽酒造試飲会でした。




石丸酒店の角打ちも良かった。

Ishimaru0125

目の前の小皿に小銭を入れておけば、そこから勝手に代金を持ってってくれる新橋ガード下でお馴染みのスタイル。

Ishimaru0130_3

かなり時間が過ぎてから気付いたのですが楽しいから使わせてもらいました。気取りが無くってイイじゃないですか。





途中から敬愛する我修院達也氏みたいに所々記憶がないワタシ。



Ishimaru0132

お開きになってから、確か、takeさん達と一緒に店を出たはずなのですが....

駅で気付いた時には誰もいませんでした。

どーなってたんでしょうか? ワタシ。
聞かないほうが良いような気もしますが....。





太陽酒造 http://taiyousyuzou.web.fc2.com/

石丸酒店 http://www2.tba.t-com.ne.jp/sake-shouchuu/

|

« 阿佐ヶ谷 七夕まつり | トップページ | Caney 万力メルロ 2007 日焼けした女の子みたいなキュートなワイン »

お酒」カテゴリの記事

お食事遠征 #03. 関東」カテゴリの記事

生産者に会いに行く」カテゴリの記事

試飲会」カテゴリの記事

飲み過ぎ」カテゴリの記事

コメント

相当楽しかったし、熱く語ったんですね~
気付いたら駅で一人って、笑えました(笑)
記憶喪失で、そのまま失踪事件にならなくて良かった!!

こうやって熱く語り合っちゃうファンも増えて、いろいろ嫌な思いもされたのでしょうが、それをプラスのパワーに変えることができるのは、やっぱり誠実にやっているからですよね。

投稿: hirorin | 2008/08/12 18:29

いやぁ、熱く語ったのは良いんですけど、何を語ったか覚えてないんです。ダメダメです。
でもスゴク楽しかったんですよ。
何が楽しかったんですかね? 知りたいです。

たった100石の蔵だから出来る事ってあるんですよね。それを大切にして頂きたい。もちろん応援したいと思っています。

しばらくは、蕎麦みたいな香りの淡い食事には木曽路。ガッツリした食事には太陽。
2本あれば良いような気分です。

投稿: bleu et rouge | 2008/08/12 19:20

強行軍での帰省なので、さすがに明石まで寄るのは無理ですが、何やら神戸新聞のニュースに出ていましたよ~

http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0001347621.shtml

うちは「おふろ」さんでいただいて以来、御無沙汰なので、また呑める機会を楽しみにしています。

投稿: kuni@帰省中 | 2008/08/17 22:31

kuniさん、有益な情報ありがとうございます。
さっそくチェックさせてもらいます。

投稿: bleu et rouge | 2008/08/17 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42143809

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽酒造試飲会 角打ち石丸商店 大宮:

« 阿佐ヶ谷 七夕まつり | トップページ | Caney 万力メルロ 2007 日焼けした女の子みたいなキュートなワイン »