« 秘密番号 4007  解けない謎 溶けたハート  | トップページ | 居間がうどん店!? 週に4時間だけ営業 丹愚 沼袋 »

2008/08/04

Kさん宅パーティ 高嶺酒造所と東北の酒

ご近所のKさん宅屋上ビアパーティに顔を出しました。


K1187


Kさんはこのあたりではちょっとした有名人。
彼の人柄もあってたくさんの人が集まりました。

知らないオジサンがたくさんいたので紹介してもらおうと奥さんに「誰なんです?」って聞いたら「知らない。初めて見た人ばかり」と。

Kさん、奥さんには紹介しておいた方が良かったのでは。


オジサン達は既に酔っぱらっていて、歌いたい人は歌い、弾きたい人は弾き、収拾がつきません。

賑やかな中、若いgくん夫妻の結婚報告があったり。

手当たり次第に酒を飲んだり。持ち寄った肴を頂いたり。




ここで嬉しいサプライズ。


ダイビングをする人にはお馴染みかと思いますが、石垣島の川平湾というスゴク海が綺麗なところがあります。


K0013

この写真は夜明けの川平湾です。

そこに家族で泡盛を作っている高嶺酒造所が在ります。


ワタシがこのblogを始める前、お食事番長と石垣島や西表島辺りをウロウロした事が有りまして、その際、立ち寄った酒造所だったりします。

実は、今も泡盛を預かってもらってるんです。



毎年秋になると泡盛まつりの知らせが届きます。

昨年も例年のように届きました。

(参照:2007/09/06 石垣島からの案内状 高嶺酒造所 川平)



その高嶺酒造所の若旦那さんがKさん宅屋上にいたんです。

いやぁ、ビックリしました。



K1195

近所の朝日屋酒店が沖縄に行って連れて来ちゃったらしい。


でも、若旦那さんに挨拶とお礼が出来て良かったです。

機会があったらまた訪問したいですねー。






もう1つ、サプライズ。




皆さんがお酒を取り出した後、隅っこに放置され空っぽに見えてたクーラーボックスの中に忘れられた小瓶を数本発見。

見てみるとお酒。


この酒は東北のある蔵 (内緒にさせて下さい) から朝日屋酒店に送られてきたそう。

もしかしたら試作品かも?


近くにいた何人かで小瓶数本を試飲。
なかなか美味しかったので調べてみました。


K1225

酒米は改良信交。

ワタシ的には今年2月に山形の酒あら玉で知った米です。

(参照:2008/02/02 あら玉 特別純米 改良信交)



亀の尾の末裔にあたるこの米は1度は栽培が途絶えた米。
数年前から秋田や山形で復活したのだそう。


この小瓶の蔵ではまだ商品化されてないようです。

たぶん初呑み切りかと思う若い酒。
熟成するとどんな酒に成長するのでしょうか? 

現状から熟成した頃の味わいを想像出来れば良いんですけど。
残念ながらワタシにはそのスキルがありません。



K1227

翌日、少し集中して利き酒。

この若い小瓶を、現状のままワタシなりに利いてみました。


外連味のない青い夏の稲の香りから、秋の実った稲の香り。
やがて時間の経過と共に蜂蜜とトーストの香りに変化。

柔らかい酒質。

余韻がやや短い。

酸が柔らかいので甘味が目立つ。

ややミネラル感がある。

素直な酒質。素朴だけどキレイ。



一言で言うなら、化粧っけが無い素肌美人。

しみじみ美味しいこの酒、熟成したらどんな味わいになるんでしょ。楽しみです。




思いがけないサプライズが2つ。

楽しい屋上ビアパーティでした。

|

« 秘密番号 4007  解けない謎 溶けたハート  | トップページ | 居間がうどん店!? 週に4時間だけ営業 丹愚 沼袋 »

お酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/42059206

この記事へのトラックバック一覧です: Kさん宅パーティ 高嶺酒造所と東北の酒:

« 秘密番号 4007  解けない謎 溶けたハート  | トップページ | 居間がうどん店!? 週に4時間だけ営業 丹愚 沼袋 »