« 俳優 光石 研 祝宴7デイズ 光石研映画祭 渋谷 | トップページ | たけしや ソース焼きそば専門!? 松本 »

2008/05/26

がちんこ ブラインド祭り gar.net 神楽坂

23日金曜日の夜、毎度毎度の神楽坂ワインギャラリー gar.net で、Vinaigt ! Ota vol.5なるイベントが開催されました。


5回目の今回。お題は ”がちんこブラインド祭り!!”



何だかよくわからないけど、サブちゃんが神輿に乗っちゃうようなタイトル。

情報が無いなかで、自分にとっての美味しいワインを探そうという企画なんですけどね。


ワインは12種類。予め、全てサッサイアのボトルに移し替えられています。

解答用紙を貰ってからブラインド開始です。



当たり外れのゲームでは無いのですが一同緊張しています。

なにせ目の前のはインポーターのオータさんと酒屋さんのユハラさんがいるんです。

参加者の常連Fさん&Uさんに至っては、「僕らの評価がこれで決まるんだよ(!?)」って....。かなり本気モードです。




まず最初のパートは白4種類。

4つのグラスを飲んでから解答用紙にそのパートに隠されたテーマとそれぞれのワインについて。自分の気に入ったものを書き込みます。


テーマの回答はシャルドネ。

世間的な評価が当てにならないことがわかる仕組みになっています。
ましてや価格は味わいをはかる目安にならないコトがわかります。

テーマは見事正解。圧倒的に白を飲む機会が多いのでシャルドネならわかります。
このパートでは12800円のフランスワインよりも3600円のスロベニアのワインが良かったです。



2つ目のパートは赤2種類。

ピノ・ノアールがテーマでした。

ここはちょっと難解でした。
2つのワインはそれぞれ6800円と21000円。
6800円のワインは少し若かったけど美味しく、21000円のワインは熟成感が良かったです。ただ21000円と聞くと微妙。まぁ、ブルゴーニュのピノは今バブルなので仕方ないんでしょうけど....。



3つ目のパートも赤2種類。

テーマはネッビオーロ。ワタシ的にはかなり難しかったです。
ネッビオーロのワインは今まで随分飲んだはずです。
しかし、自分の物差しになるワインにはまだ出会っていなかったんでしょう。手も足も出ませんでした。

4つ目のパートも赤2種類。
テーマはメルローでした。

ワタシは1度メルローと回答したのに書き直してしまいました。
イタリアのRadikonの98年とボルドーのシャトーセルタンの98年。
グランヴァンに肩を並べるワインがイタリアにも有るという事をブラインドで証明したかったのでしょう。確かにこの2つのワインは甲乙付け難いワインでした。ただ、ラディコンはセルタンの半額です。


今回のイベントには全く関係無いのですが、上手く説明は出来ませんがブラインドしながら日本ワインに思いを馳せてしまいました。
ワタシ的には日本のメルローがこのレベルに極めて近いことを感じました。まだまだと思っていたんですけどね。メルロー特有の香りはセルタンもラディコンも日本の幾つかのワイナリーも同じように感じます。



5つ目のパートも赤2種類。

テーマはカベルネでした。
これもボルドーとフリウリの飲み比べ。
これはどっちも美味しかったです。


4つ目の2種類と5つ目の2種類はお食事番長に妨害されてしまい判断が難しかったです。記憶する機会を半分奪われてしまいました。
酔っぱらった番長はホントに質(タチ)が悪いです。
が、何せ番長ですから。文句言ったらボコられます。



ゲーム感覚で楽しんだ "がちんこブラインド祭り" 。
オータ社長に赤で添削してもらって自分の力がどの程度か思い知りました。


この後、同時開催の試飲会、コンタディーノ垂直テイスティングとピコ垂直テイスティングにも参加。


いやぁ、早く帰るつもりが深夜まで。充実の週末になりました。



是非、もう一度こんなイベントをやって頂きたい。
情報が無いからこそ自分のイマジネーションが試され育まれます。


すこしシリアスにワインに向かう貴重な時間。
緊張のティステイングは単純に楽しかったです。

もしかしたら少しMっけが有るのかも?
新しい自分に出会っちゃったかも知れません。

ブラインドテイスティングのノックを受けたい。
部活な気持ちが沸々と湧いてきます。


今回の写真は誤って消去してしまいました。

詳しくは ger.net 店番タケダのblogをご覧下さい。
オータ社長のコメントも入っていますよ。

http://blog.livedoor.jp/garnet1009/archives/55069343.html

|

« 俳優 光石 研 祝宴7デイズ 光石研映画祭 渋谷 | トップページ | たけしや ソース焼きそば専門!? 松本 »

gar.net (神楽坂)」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

試飲会」カテゴリの記事

コメント

面白そうなことしてますねぇ。
ブラインドっていつも以上にワインから情報を引き出そうとするので、香りや味わいも普段より感覚が鋭くなる気がして楽しいです。
まぁホントなら常にMAXの感覚で向き合わなきゃいけないのかもしれませんが…。
自信はさっぱりないですが私も参加してみたい魅惑の会ですね♪

投稿: genta | 2008/05/26 21:36

Bleuさん

御無沙汰しています、凄かった様ですね、社長もフさんも、普段私たちの中に刷り込まれている、ブランディング、先入観っていう物を思い知らせてくれますね、こんな場所が提供できるタケダさんもツワモノですが。そう言えば小伝馬町のお店伺いました、ティータイムだったのでポテトのパイを頂いただけでしたが中々旨かったです、マッサヴェッキアのグラッパは既にリストから無く成っていましたが、INAMAとかありました、仕込みの序でにティータイムやってるって感じでした(笑

投稿: 西園寺 | 2008/05/27 11:38

gentaさん、このイベントはgentaさん向きですね。
味や香りよりも本質を見極めることが出来たら最高です。こんな事に何度か参加出来たらワタシでも集中力が付きそうです。楽しかったですよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/05/27 13:51

西園寺さん、こんにちは。gar.netはどこまで行っちゃうんでしょう。大変なことになってます。
小伝馬町の店、興味津々です。ウチからだとかなり遠いんです。チャリで行ける範囲なら行きやすいんですけどね。gar.netはチャリ圏内。行きは40分、帰りは70分です。

投稿: bleu et rouge | 2008/05/27 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/41326752

この記事へのトラックバック一覧です: がちんこ ブラインド祭り gar.net 神楽坂:

« 俳優 光石 研 祝宴7デイズ 光石研映画祭 渋谷 | トップページ | たけしや ソース焼きそば専門!? 松本 »