« 花粉 08シーズン開幕 | トップページ | 絵理花で08シーズン野球会議 日暮里 »

2008/02/10

純米酒 吟雅 上原浩氏へのオマージュ 阿佐ヶ谷

いつも楽しみにしているblog 橋本健二の居酒屋考現学


最近の記事で気になっていた店、阿佐ヶ谷の『吟雅』に行ってみました。



この日は夜から雪が降るという予報だったので18時に退社。
一心不乱にチャリを漕いで阿佐ヶ谷一番街へ。



Ginga1227

元々はスナックか何かだったような感じ。
ちょっと入りにくい店構えです。



入ってみるとカウンター7席の程よい感じ。



お酒のメニューには鶴齢、義狭、竹鶴、悦凱陣、るみ子の酒、十旭日、隆、諏訪泉など。

やはり本間商店ですね。



肴のメニューには和風メニューの表面と洋風メニューの裏面。


この日はウチめしだとパートナーのお食事番長に言われていたので軽めにしなくては。

カリカリじゃことトマトのサラダ。
莫久来。
塩辛。
チーズ盛り合せ等。



酒は....。

鶴齢。
秋鹿のにごり。
悦凱陣。
十旭日。



先客の方たちや店主との中央線沿線の酒が旨い店のことなんか話します。


やがて蕎麦屋、鮨屋となって...。

いつしか、下北沢の小笹すし、先代の岡田周三氏の話に。

この店の店主も岡田さんにいろいろ教わったそう。

ワタシも行く度に叱られたっけ。

でも、そのお陰でオトナの作法のようなものを身につけられた気がします。

店主は岡田さんの晩年に最初から終いまでじっくり握ってもらったことがあるそうです。羨ましい。



もう少しゆっくり飲みたかったのですが時間になりました。後ろ髪を引かれながら帰宅です。



先客が2人いたのですが2人共タバコを吸わない方達だったのでラッキー。酒を堪能できました。



でも、旨い酒をとことん飲ませたいなら、旨く飲める様な環境を用意するべき。居酒屋という業態にシンパシーを感じないのはこのためなんです。



Ginga1228

店から出ると外は雪景色。


振り返ると入り口の看板には、酒は純米 燗ならなお良し、と。



Ginga1223

上原浩氏と古川修氏の信奉者には堪らない店になりそうです。


ワタシですか?

ワタシの身上は、言ってしまえば、酒は純米 燗でも冷やでも。


旨いものは旨いと認めます。
でも、それだけを鵜呑みにするのはイヤです。


ワタシ自身の味覚(かなりの薄味。昭和の味、下町の味も甘くてイヤです)に合う酒を大切にしたいと思います。



でも、たまにこんな店でこんなマッチョな酒を飲むのも楽しいもんです。






純米酒 吟雅

杉並区阿佐ヶ谷南2-20-2
03-3312-9813
18時から1:30位まで 祝祭日は少し早く終わるそう
日曜定休

|

« 花粉 08シーズン開幕 | トップページ | 絵理花で08シーズン野球会議 日暮里 »

お酒」カテゴリの記事

すぎなみ」カテゴリの記事

タバコ吸うヒト達の店」カテゴリの記事

コメント

東京にいたら、即効食いつきそうなお店です(笑)。
今は「一年後に・・・」とメモを取るだけですが、
それでも良さそうですね。
阿佐ヶ谷というと、いつも志ノ蔵に行ってしまうのですが、
こんな良さそうなお店があるのは知りませんでした!

投稿: まき子 | 2008/02/12 08:55

まき子さん、ドモです。
志ノ蔵は禁煙らしいですね。近々行く予定です。小布施ワインや金井醸造のワインもあるらしいのでハマりそうな予感がします。
ワッショイでまき子さんが紹介していたおれんちも注目しています。

そーいえば発売中のDanchuが純米酒特集。竹鶴や睡龍の杜氏特集に雪の茅舎や遊穂などの美味しい酒も取り入れてなかなかバランスよく出来ていますよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/02/12 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/40078360

この記事へのトラックバック一覧です: 純米酒 吟雅 上原浩氏へのオマージュ 阿佐ヶ谷:

« 花粉 08シーズン開幕 | トップページ | 絵理花で08シーズン野球会議 日暮里 »