« ショコラヴィネガーとは何ざんしょ? | トップページ | あら玉 特別純米 改良信交 »

2008/01/30

深夜のショコラとモスカート Ezio Cerruti Sol 2004

深夜のショコラがヤメられません。

イイ年をしたおっさんがうっとりしながら少しずつ大切にショコラを頬張っています。

人に見られたらかなりキツい絵面でしょうね。





Chuao1188

昨夜はボナー(Bonnat)のチュアオという産地のカカオで作られたタブレット(板チョコのことです)。



ちょっとチュアオ産カカオについて....。

ご存知の通りショコラはカカオから作られます。

そのカカオの最高品質の産地の1つはベネズエラのチュアオ産と言われています。

以前はベルナシオンなどの店がそれぞれチュアオに買い付けに行っていたようですが、現在ではチュアオ産のカカオはアメディ(AMEDEI )が独占権を持ってしまったので、アメディから分けて貰わねばならない状態なんです。

昨年のサロンでのベルナシオンの講演会でフィリップくんにそう聞きました。

(参照:2007/01/30 フィリップ・ベルナシオン氏のセミナー 前編)

(参照:2007/02/03 フィリップ・ベルナシオン氏のセミナー 後編)


なぜ、チュアオ産のカカオが高品質なのでしょう?


他の産地とカカオの種類が違うこと。
カカオの木の樹齢。
そしてテロワール(その土地の持つ養分や環境からの恩恵)。


チュアオ産カカオはクリオロという種類のカカオです。
元々、このクリオロ種の木は中南米にはたくさんあったんだそうです。
しかし、収穫量が多いアフリカ系のカカオの木に植え替えてしまったんだそう。
その時、植え替えずに残ったのがチュアオなのだそうです。


また、チュアオの土地が持つテロワールが絶妙らしいのです。
同じクリオロ種でもチュアオの土地のテロワールは他の土地のそれとは替え難い。


カカオは土の影響を受けやすい豆なんです。
そしてショコラはテロワールに敏感な豆から作った農産物ということです。

やはり昨年、松本ジュレ・ブランシュで開かれたショコラの会で、クーベルチュールを扱う会社、チョコレートEl Ray Japanの水野さんに教えてもらいました。

(参照:2007/02/14 ショコラの会 ジュレ・ブランシュ 松本)






Chuao1190

昨夜のタブレットは、この貴重なチュアオ産カカオで作ったタブレットですから美味しくないワケがありません。


しかも、コンシャージュ(精錬)がとても良く、パリッとした....もうホントにパリッとした食感がなんとも素晴らしいタブレットでした。



これを食べながら甘いワインを....。




Passito1192

Ezio Cerruti Sol 2004

以前、神楽坂gar.netで飲んであまりにも美味しかったモスカートパッシート。




モスカートってマスカットのことです。



このワインのぶどうはちょっと変わった造り方をしています。

なんと熟したところでパチンと枝を切ってそれから2ヶ月放置。
ぶどうの房が付いたままで干しぶどうにしてしまうんだそう。

ピエモンテに畑を見に行ったgar.net店番タケダに聞いたので確かですよ。





Passito1193

砂糖漬けしたオレンジの香り。

ケーキに使うシロップ漬けのチェリーの香り。

果実の香りがはじけるような感覚です。


ショコラに合わせるアルコールは酸がない方が良いのですが、このモスカートはほんのりと砂糖漬けの果実のような酸味があって絶妙です。



チュアオ産カカオのタブレットが果実を使ったボンボンみたいに感じるような素晴らしいマリアージュ。



騙されたと思って試してみると良いですよ。ビックリすると思います。

ポケットにショコラを忍ばせて、gar.netに行って、solをオーダーして....。

|

« ショコラヴィネガーとは何ざんしょ? | トップページ | あら玉 特別純米 改良信交 »

ショコラ」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

この楽しみ方・・そんじゃそこらで飲み始めたお子様にはわかりませんよね~きっと♪
大人のお楽しみって感じで、私も好きです。

今、バレンタインが近づいてきて、良質なチョコレートがたくさん出ているみたいだから、楽しみじゃないですか?

投稿: hirorin | 2008/02/02 13:39

hirorinさん、シングルモルトとショコラとかも美味しいですよね? オトナで良かったと思う瞬間です。
純米酒でも酸が穏やかでトロっとした感じの酒なら合うと確信しています。

あまり大きな声で言えませんが、宗玄ならマリアージュするはずと密かに思っています。

以前ならバレンタインフェアみたいな売り場には絶対抵抗があって行けなかったんですけどね。今は平気。
昨年あたりからショコラを物色する男子が東京で急増中なんですよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/02/02 15:22

うぁ~、贅沢で幸せなひとときを過ごされてますね♪・・
ベネズエラのチュアオ産ですか・・φ(._.
上質なショコラに合わせてもっともあう飲み物を吟味されているところがすごいです。

それからぐーちょきパン屋さんのことをアップしたのですが、bleu et rougeさんのところを紹介させて頂きました、すみませんがよろしくお願い致します。

投稿: moimoi | 2008/02/03 16:29

上物ショコラとパッシート、チョッと艶ですね。
甘いではなく甘美な感じです。

是は呑み逃してるんですよね僕!

投稿: 西園寺 | 2008/02/03 22:50

moimoiさん、こんにちは。
単一品種のタブレットは意外と難しいです。
下草の香りのスル・デル・ラゴとかだとピート香の強いシングルモルトしかないなぁとか妄想して楽しんでます。

ぐーちょきパン屋は家庭で作ったパンな感じ。懐かしい味ですよね。素材がカラダに良いものを使っているのが良いと思います。

投稿: bleu et rouge | 2008/02/04 08:02

西園寺さん、どーも。
このモスカートは絶品ですよ。
タケダはいずれ買えないくらい人気になると断言しました。ホントに今のうちかもしれませんよ。

投稿: bleu et rouge | 2008/02/04 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/17899240

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のショコラとモスカート Ezio Cerruti Sol 2004:

« ショコラヴィネガーとは何ざんしょ? | トップページ | あら玉 特別純米 改良信交 »