« チーズの会 無事終了 皆様に感謝です | トップページ | ご褒美はパルミジャーノ蕎麦 黒森庵 永福町 »

2007/12/11

『年の瀬にsakeとcheeseで和もうかい』ご報告

皆さんのご協力のお陰でなんとか成功した『年の瀬にsakeとcheeseで和もうかい』です。

少し詳細を書きたいのですが、実は良くわかりません。
バタバタしている間に始まって、いつの間にか終わってしまった感じです。

でも、最初のうちは余裕があったかな。



Cheese664

季織亭 亭主 川名氏の乾杯の音頭から会は始まりました。

富久長 八反錦特別純米 少し白いブドウの果皮のような香りが素晴らしい酒。
冷やで飲んで頂きました。


すぐにチーズも試してもらいました。

大和田さんお手製のフェタ(ギリシャの羊乳チーズ)の糠漬け(!!)
これは素晴らしい美味しさでした。
まさかチーズを糠床に漬けてしまうなんて!!
経験したことがない『旨味の相乗効果』にビックリです。

このフェタの糠漬けには 雪の茅舎 愛山 を熱燗で試して頂きました。

チーズがそもそも美味しいのですが雪の茅舎 愛山も大好評。
マリアージュに賛辞を頂きました。



ワタシが口にしたのはここまで。
ここからは裏方にまわり、額に汗を浮かべていました。


このあと出て来たこの日のチーズは....

Cheese6642

プティ・プレジュール(新得町 共働学舎)
少し酸味が有る柔らかいチーズ。


笹ゆき(新得町 共働学舎)
熊笹の粉末を混ぜた塩を使って作ったカマンベールタイプ。
軽く爽やかなチーズです。笹塩を付けて食べると爽やかさがほどけて溢れます!!


コバン(新得町 共働学舎)
白カビの柔らかいチーズ。ウチではもっぱらバターのかわりにバゲットにつけて食べています。コッテリとした乳脂肪のコクがたまりません。


チーズの味噌漬け(松本 ジュレ・ブランシュ霜田さんの差し入れ)
いつも松本のジュレさんに行くと食べるものです。美味!!
チーズにワインの店はたくさんありますが、日本酒でも、モルトでも、蒸留酒でもチーズに合わせてしまう店はそんなに多くないはずです。霜田さんとの出会いが全てのヒントです。


Cheese6641

モンドール(最高に熟成)
大和田さん言うところの「年末ジャンボなチーズ」
冬はこれが楽しみというかたはかなり多いはず。
神楽坂アルパージュで熟成されたモンドールは常温でトロトロ。
エピセアの樹皮の香りは日本酒に良く合う香りです。


ブルードテルミニョン
フランスでたった5軒でしか作られていない希少なチーズ。
青カビというよりか古漬けのハードタイプ。
うちにあったマルケ州のフィグログ(ドライイチジクとハーブやスパイスを丸太状に固めたもの)と合わせて頂きました。


マロワル
柔らかいウオッシュチーズ。程よい塩分の中に甘みを感じます。
旨味の凝縮したツブツブがなんとも言えない素晴らしさ。


マオン
スペインの小さな島のチーズ。パルミジャーノに似た感じ。
旨味の凝縮した堅くボロボロした舌触りのチーズ。
パルミジャーノにない不思議な軽やかさが印象的。


と、続きました。




お酒も....

悦 凱陣 亀の尾

竹鶴 雄町純米 にごり原酒 酸味一体

天穏 純米吟醸 無濾過中汲み

御湖鶴(松本 ジュレ・ブランシュ霜田さんの差し入れ)

生もとのどぶ 17BY 20号 +11

(日置桜 山笑ふ 其の弐は会が始まってからもお出ししようか迷いました。が、拔栓から一ヶ月のこの日、まだ味が乗らなかった為断念しました)


どの酒をどーやって出したのか記憶が有りません。
ワタシ、たぶんテンパってたんですねぇ。
ちょっと燗酒が滞ってしまいました。



好評だったのは、富久長、雪の茅舎 愛山、御湖鶴、悦 凱陣。

これらの酒は冷や酒でも燗酒でも燗冷ましでも美味しかったです。

特に 雪の茅舎 愛山 の燗冷ましは格別。
厨房チームはこれをウヒャウヒャ言いながら飲んでいました。



せっかくなので日本ワインも少々...
城戸ワイン、Caney(金井醸造)、ソレイユ(旭洋酒)。

先日のvini veriで知り合ったシチリアのフランク・コーネリッセンで働く若い醸造家K氏が来てくれたのでラモレスカとコンタディーノ1と続きました。


また、お酒が飲めないかた用にお食事番長がグロッギを作りました。

グロッギはフィンランドの飲み物。
クランベリージュースとシナモンやクローブなどを鍋に入れ加熱。
スパイシーで甘酸っぱい飲み物です。
カップに注いだらアーモンドスライスとレーズンを入れて飲みましょう

チーズとグロッギは合ったかな? 

今回の隠し玉で昆布茶を用意していたのですが厨房が手一杯になってしまいお出しするのが遅れてしまいました。実はチーズと昆布茶は良く合うんです。
チーズが無くなってからお出ししてしまい失敗でした。是非、お宅で試してみてくださいね。


最後にお出しした塩チーズケーキが大好評でしたね。

このケーキは世田谷の下馬にあるLaetitia(レティシア)さんが作ったケーキです。
美味しいケーキやお菓子を作る女性パティシエさんのお店。
ケーキ作りも販売もたった1人でやっています。

この塩チーズケーキはワインが大好きな彼女が自宅で飲む時のアテに作ったケーキです。

堅いワインを飲む時に食べるとワインが美味しくなるから不思議です。

場所は下馬1丁目の交差点と蛇崩の交差点の間。
東京で2番目に小さい店(フードライター大滝美恵子さん調べ)なので通り過ぎないよう注意して下さいね。

そーいえば、フィグログを教えてくれたのはレティシアさんでした。


元々、酒とチーズが相性良いのは松本 ジュレ・ブランシュに通って覚えたことです。

だからチーズと酒の相性には全く疑念を持ちませんでした。

考えてみれば植物性の旨味と動物性の旨味を合わせてマズくなるワケがないんです。


実際、この日の酒はチーズに良く合い、燗酒にすると更に素晴らしい美味しさでした。



日本ワインが霞んでしまったのが残念。
もう少ししっかりしたものを選ばないと日本酒の余韻の長さには太刀打ちできませんね。




なんとか皆さんのご協力を頂きながら終えることができた『年の瀬にsakeとcheeseで和もうかい』


裏方になってみて大和田さんの才能をつぶさに見る事ができたのが最大の収穫。
大和田さんは間違いなくチーズの天才です。

あと、集まって下さった皆さんが興味深いかたばかり。奇跡のような集まりでした。

季織亭の皆さんも好意的に全面協力して下さいました。


ワタシは生来、お金に縁がなく、いつも少し貧しい人です。
ですが、ナゼか人に恵まれることが多く、いつも誰かが助けてくれちゃいます。
今回も大和田さんや季織亭や参加して下さった皆さんに助けられ良い経験ができました。


大和田さん、季織亭、ジュレ・ブランシュ、藤小西、いつも試飲会や試食会で楽しませてくれてありがとうです。

エネルギー要りますねぇ。

ワタシはもう懲りました。

だって、忙しくって食べられないんだもん。
疲れはいいけど、空腹が我慢できないワタシなんです。



追記:この会に参加されたO夫妻より大阪の美味しい(人や物)情報を幾つか聞きました。
玉造のLe pilierがシェフの石田さんのご結婚に伴い閉店した事もその1つ。
皆さん情報通過ぎです。

|

« チーズの会 無事終了 皆様に感謝です | トップページ | ご褒美はパルミジャーノ蕎麦 黒森庵 永福町 »

Fromage (おいしいチーズ)」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

試食会」カテゴリの記事

試飲会」カテゴリの記事

コメント

日本酒とチーズの会、私も行きたかったですが、日程が合わず泣く泣く断念となりました(涙)。
フランスで買ってきたモンドール、あまりにも美味しくてびっくりしましたが、
なるほど・・・熟成させると、もっと違うのですね。

投稿: まき子 | 2007/12/12 12:46

ええっ!? まき子さんも参加を考えて下さっていたんですか? 嬉しいなぁ。
もしも来て頂いていたらワタシが楽しかったと思います。
モンドールはとろとろになるとスプーンですくって舐めるように食べたりします。その頃にはコハク酸をやや強く感じるかもしれません。お酒の旨味成分に近いと思います。お正月用に熟成をお薦めします。

投稿: bleu et rouge | 2007/12/12 14:48

富久長も仲間に入れていただいて、ありがとうございました。
チーズは相性、いいですよね。
私は仲良しのシェフのグラタンとかで、飲むのもすきなんですけれど・・・、

投稿: いまだみほ | 2007/12/12 19:06

いまださん、コメントどーもです。
グラタンに富久長!! 刺激的です。
チーズに良くあったのでベシャメルソースにも良く合う気がします。試さなくては。
そろそろ朝日屋に中汲み槽しぼりが来る頃でしょうか。楽しみです。
お正月用に手に入れておきたいです。

投稿: bleu et rouge | 2007/12/12 20:28

ブログ見つけました。
チーズと日本酒も興味深いですね。
機会があったら是非参加させてください。
また、gar-netでお会いしましょう。
おとといからホットワインがはじまり、寒い日には
これにはまりそうです。

投稿: yuyu | 2007/12/14 14:04

yuyuさん、どーもです。
ガーネットホット!! 
自然派ワインを惜しげも無く使っているようですね。
おいしそうです。是非試してみたいです。
またgar.netでお会いしましょう。

投稿: bleu et rouge | 2007/12/14 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/17345647

この記事へのトラックバック一覧です: 『年の瀬にsakeとcheeseで和もうかい』ご報告:

» いつの間にやら年末 [旅々]
相変わらずブログをさぼりさぼりしていたら、いつの間にやら世の中は年末モードに入り始めていた。 今年の夏は異常に暑かったと思ったら、秋と冬とがいっしょにやってきた。友人は今日は箱根の露天風呂へ紅葉を楽しみに行った。会社の友人は先週からもうスキーに行っている。... [続きを読む]

受信: 2007/12/12 12:49

« チーズの会 無事終了 皆様に感謝です | トップページ | ご褒美はパルミジャーノ蕎麦 黒森庵 永福町 »