« 累計10万アクセスになんとか辿り着きました | トップページ | イベントのご案内 »

2007/11/07

イタリアもりって何? 黒森庵 永福町

先週末からガツガツと仕事をこなし、今週始めのスケジュールを調整。

火曜日の昼に時間をつくりました。


で、行っちゃいましたよ。

ひ・る・ざ・け。


Kuromori0428

行ったのは永福町。黒森庵。

住宅街にポツンと佇む蕎麦屋です。


ここから2ブロック離れたところにちょっとした思い入れがある場所があったりします。



自分へのご褒美に行くとっても大切な店。


日曜日から木曜日まで。金曜と土曜に祝日は休み。
11:30から15時までの営業。


専業主婦かご隠居さんじゃないとなかなか行けないでしょ?

この店にいつもの季織亭亭主とF田クンを誘って行っちゃった。




まずはお酒。

初呑み切りの 四季桜 黄ぶな 。


初めて 四季桜 を知ったのは高橋邦弘氏が広島の山中で営む 翁 達磨 雪花山房 でした。
(参照:2006/12/15 翁 達磨 雪花山房 高橋邦弘氏の蕎麦 広島)


その時はドライバーだったので飲めず、帰京してから飲んだんですけどね。もっと美味しい酒があるのになぁ、なーんて。




達人がその酒を選ぶワケ....。

蕎麦と同じ程度の、しかし蕎麦を邪魔しない香り。

蕎麦より少し甘いけど、出しゃばらない甘み。

四季桜は蕎麦を見事に引き立てます。

それに気づくまでに少し時間がかかりました。




黄ぶな は 四季桜 の造る酒の中では甘みと香りが強いものだと思います。

ここではぬる燗を焼き物の100ccグラスで頂いちゃうことにしました。




Kuromori0744

少し緑がかった焼き海苔をつまみながら。

Kuromori0745

木箱(たぶん桐ですね)の底には炭が入っています。
パリッと炙った焼き海苔が湿気らないような気遣いが良いです。



他にも面白い肴を頂いたのですが、それはまた次回。




この後、さらに酒を飲みながら来月のイベントについて話し合い。
だらだらと午後の時間を過ごしました。




蕎麦は今回は変わりものを頼みました。



Kuromori0746

イタリアの盛り

これはもりそばに辛み大根とパルミジャーノが添えてある蕎麦です。

まず蕎麦を少し蕎麦猪口に取り、辛み大根を少し乗せ、上からパルミジャーノをふりかけ、さらに蕎麦つゆを少しかけて、蕎麦猪口の中でぐるっと合えてから頂きます。

これがなんとも美味しい。


パルミジャーノは旨味成分の固まりのようなチーズ。

味噌に合うのは知っていたが蕎麦つゆに合うとは!!

辛み大根がチーズとつゆを繋いでる感じがします。





勢いが付いてしまったのでもう1つ。


Kuromori0747

ワタシが好きなあつ盛り。



これは温かいそばにつゆを絡めた状態で出てきます。

蕎麦の甘みを楽しめるメニューです。

最後に卵黄を入れるとより甘みを感じます。



黒森庵の蕎麦はとても繊細な細い蕎麦。

角が奇麗に立ち、喉越しが楽しい蕎麦です。

甘み、香り、共に申し分ありません。

そばつゆは優しくキレる現代的なものです。


Kuromori0427

さいごに、ポタージュタイプと通常の2種類の蕎麦湯と豆の甘煮がでます。

それを楽しみながら今日も満足。



調理場から「今月、新蕎麦が2種類入りますよ」と声をかけてくれました。

また、自分にご褒美をあげなければならなようです。




店内は禁煙。

蕎麦の香りが楽しめるお店です。

|

« 累計10万アクセスになんとか辿り着きました | トップページ | イベントのご案内 »

おいしい店」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

すぎなみ」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

コメント

蕎麦といえど、いろんなバリエーションもあって新鮮な感じですね!
昼酒するためにせっせと働いて時間を作るなんて、素晴らしい。見習わないと・・
私はその反対で、飲んでばっかりいて時間がなくなったところで仕事に集中するって感じだから。

四季桜は随分前にいただいて、飲みやすいお酒だな~って思ったことがあります。お蕎麦に合いそう♪

投稿: hirorin | 2007/11/07 13:31

せっせと働いたところまでは良かったのですが、その後がグダグダになってしまい仕事がたまって大変です。
ぶっちゃけ、大ピンチ!! なんとかしなくちゃ。

投稿: bleu et rouge | 2007/11/07 16:12

黒森庵は、もうずーっと行ってみたいお店リストに入っていて
別のblogにも「イタリアもり」というのが出てて、
ますます気になっておりました!
パルジャミーノがポイントなんですね~。
蕎麦つゆにも合うとは!!
でも時期的なものでしょうか・・・私が行ける時にもあると嬉しいのですが・・・。

投稿: まき子 | 2007/11/09 13:55

黒森庵はもりそばとあつもりとイタリアもりしかありません。たぶんレギュラーメニューだと思いますよ。
奇を衒っているようですが奇麗に角が立つ蕎麦は見事です。営業時間が短いのがネックですね。
黄ぶなの他には房島屋の酵母違いが2種類ありましたよ。

投稿: bleu et rouge | 2007/11/09 18:04

気になりながらも限られた営業時間ゆえに未訪問のお店の一つです。四季桜を置いているなら尚更です。
その日を楽しみにしています。

投稿: しゅうちゃん | 2007/11/10 19:09

しゅうちゃん、まいどです。
コメント頂きっぱなしで申し訳ないです。今、茅野にとまったスーパーあずさ車中です。人がホームと電車の間から落ちてザワザワしてました。

黒森庵、侮れませんぞ。ってか良い蕎麦ですよ。

なんとか工夫して時間を作って下さい。ソンはしませんよ。じぇひ。

投稿: bleu et rouge | 2007/11/11 19:20

日曜日にさっそく行ってきましたよ。ご主人の篤実な人柄があり、娘さんたちと家族でやっているお店というのがとてもいい雰囲気です。
今回は初めてだったので、基本からということでもりそばにしましたが、次回はイタリアもりを絶対食べます。おつまみも美味しかった。また行こう。

投稿: 旅々 | 2007/11/12 12:14

旅々さん、どーもです。
気に入って頂けたようですね。
この店はワタシのとっておきの店です。
最初に行ってから数ヶ月、blogに書かず密かに楽しんでおりました。
しかし、昼酒はたまらんですよねぇ。
ワタシもまた行きたくなってしまいました。

投稿: bleu et rouge | 2007/11/12 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/17002780

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアもりって何? 黒森庵 永福町:

« 累計10万アクセスになんとか辿り着きました | トップページ | イベントのご案内 »