« またまた野生派のワイン Currivu 2005 | トップページ | 農民シャルドネ 2005 »

2007/04/11

おとりよせ やさしく心に染みる珈琲と向田邦子さん

この4月から、今までと違うセクションになってしまい、慣れない状況に四苦八苦しています。

はぁ、何だか気疲れするなぁ....。




そんな時、ささくれた心に染みるのがパールデザンジュの珈琲です。


昨年、岡山にヤボ用が有り、その際立ち寄った珈琲専門店です。(参照:2006/12/11 パールデザンジュ しみじみ美味しい珈琲 岡山)

初めて飲んだ時にその優しい味に一発でK.O.されてメロメロになってしまいました。

それ以来ズーッと頭の片隅にあの優しい珈琲の記憶が有るんです。



最近、パールデザンジュは使いやすいwebショップを立ち上げたんです。(参照:http://coffee-pda.shop-pro.jp/)


で、早速、岡山からおとりよせ。


webショップから珈琲をオーダーしてみました。



パールデザンジュには3種類の珈琲が100gづつパックされているお試しブレンドセットという商品があって気楽にオーダー出来るんです。

届いたお試しセットの3種類の珈琲の中からPDAのハウスブレンドを飲んでみました。


Pda022

やさしい香りは昨年のあの日のままです。

少し青い香りがするのが珈琲に清廉さを与えています。



Pda035

パールデザンジュのマスターのblogに書いてあったMilli VernonのアルバムIntroducingを聴きながら珈琲を飲みました。(参照:http://plaza.rakuten.co.jp/partdesanges/diary/200703270000/)



このアルバムは向田邦子さんの愛聴盤なんだそうです。

なんでも3曲目を聴きながら水羊羹を食べるのがお気に入りだったとか....。



ワタシは5曲目のMy Shipという曲を聴きながらパールデザンジュの珈琲を飲むのがお気に入りになりそうです。




パールデザンジュ (Part des anges)
岡山県岡山市野田屋町1-9-1
086-226-9678
webショップ  http://coffee-pda.shop-pro.jp/
ホームページ    http://www.coffee-pda.com/

|

« またまた野生派のワイン Currivu 2005 | トップページ | 農民シャルドネ 2005 »

おいしい店」カテゴリの記事

コメント

自分の好きな曲を聞いて、好きなモノを食べたり飲んだりして、静かに静かに時を過ごす・・・
お仕事のできる人は、こうやって短い時間に気分転換をして、また頑張るんですよね!!
環境の変化は慣れるまで大変だけど、慣れてしまえば今の気付かれなんてどこいった?って感じになります。気分転換しながらがんばってください!

投稿: hirorin | 2007/04/11 23:55

そーですねぇ。ワタシは環境の変化に対応出来ないくらいなので仕事が出来る人ではありませんねぇ。
でも折角hirorinさんに持ち上げてもらったので真に受けて頑張ります。

投稿: bleu et rouge | 2007/04/12 07:28

ありがとうございます。コーヒーは私にとって「最高の脇役」なんです。ですから主役になるような音楽etcを私なりにご紹介できたらという1枚のアルバムです。聴いているうちに色々な感情を揺さぶられる素晴らしいアルバムです。
追伸:私の知り合いがお酒をつくっています。これまたかなりのオススメです。
よろしければ一度のぞいてみてください
・岡山の酒 屯倉の雫
http://www.uribo.jp/

長文すいませんでした

投稿: パールデザンジュ | 2007/04/13 10:59

パールデザンジュさんのお薦めならば飲んでみたいですね。
やっぱりちょっと頑固な人が造る酒なんでしょうか? 興味津々です。

投稿: bleu et rouge | 2007/04/13 18:43

このアルバムのタイトルと歌手、ずっと探してたの!
分かってうれしい!
どうもありがとうございました。
早速買います。

投稿: ふくちょう | 2007/04/19 09:05

あら? ふくちょうさんも知ってたんですか? 音楽通だなぁ。それとも向田邦子ファンなのかな? 
パールデザンジュさんから発信された情報が駆け巡ってますね。

投稿: bleu et rouge | 2007/04/19 11:14

今日(5/15)は、ミリーの「Over the rainbow」の発売日なのですが、未だにアマゾンにもラインナップされてないし、渋谷のHMVでも販売員がそんな話は知りませんという情けない状況でした。
う~ん、どうなっているんだろう。試聴してみたいのにな。

http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=DQCP000001055&associate=BP

投稿: 旅々 | 2007/05/16 00:15

新しいのでるんですか? 知りませんでした。
廃盤になった古い音源はどんどん配信してくれると良いですね。sonyはなにかと少し腰が重いような気がして歯がゆいです。

投稿: bleu et rouge | 2007/05/16 07:47

HMVからSony Musicに問い合わせてもらいました。今回のアルバムはSony Musicのネット通販限定とのこと。ということで視聴せずに、えいっと買ってしまおうかな。

投稿: 旅々 | 2007/05/16 13:01

有益な情報ありがとうございます。
早速、オーダーしました。楽しみです。
ミリーは枯れてて良いですね。耳が疲れない気がします。

投稿: bleu et rouge | 2007/05/16 21:46

やはりオーダーしましたね。私もしちゃいました。「Introducing」から30年を経てのアルバムなので、さらにどのように円熟しているのか楽しみです。

投稿: 旅々 | 2007/05/16 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/14644538

この記事へのトラックバック一覧です: おとりよせ やさしく心に染みる珈琲と向田邦子さん:

» 上質なエッセイと音楽 [旅々]
1ヶ月くらい前だったろうか。新聞に向田邦子さんが愛聴されていたレコードがCDで復刻したとの記事を読んだ。聴いてみようかと思いながらもしばらく経ち、忘れかけていたときに、季織亭で隣にいたbleu et rougeさんがまさにこのCDを手元に置いているのを見つけた。アマゾンで購入して、届いたばかりと言う。触発された。私も買った。... [続きを読む]

受信: 2007/04/22 17:56

« またまた野生派のワイン Currivu 2005 | トップページ | 農民シャルドネ 2005 »