« ショコラの会 ジュレ・ブランシュ 松本 | トップページ | 思わず まいうー!! 洋食 盛よし は やっぱり大盛り 松本 »

2007/02/15

渡辺美幸さんのメゾン LA PETITE ROSE 時差と奥行きのショコラ

次から次へと美味しいものに出会ってしまうのでblogが全然追いつきません。モタモタしてるうちにどんどん風化していきます。


そんなワケで 伊勢丹 Salon du Chocolat で購入して食したショコラについても少し書かないといけません。

世間的にはもうチョコはウンザリってムードですけどね。
ショコラファンは気温が上がるまでが勝負。まだまだシーズンです。



ワタシはいたずらに香りを強調しないショコラが好みです。
香料を使っていても良いんですけどね、ワタシ的には低評価です。
何と言うか、遠くにちょっと香りがあったりする遠近感のような奥行きがあるボンボンが好きです。


今回のSalon du Chocolatでも例年のようにショコラバーで幾つか(たぶん20個位です)の気になるボンボンを試しました。その中から2つの良いメゾンを見つけたのでアソートを購入したんです。


Rose046

その1つがパリの8区でパティスリーをなさっている渡辺美幸さんのLA PETITE ROSEです。ワタシはお食事番長と違いドメ男なので8区と言われても何もイメージ出来ません。浅草6区ならちょっとはわかるんですけどね。

数日前にNHKでショコラティエの特集番組があり(どなたかVTR見せてもらえませんか?)、その番組で紹介されていたバラのボンボンはとても美味しかったんです。

詳しい情報が無い状態でアソートを一気に食べてみました。


Rose052

 




Rose053 Rose054

パッションの丸いボンボン。ほのかに香るパッションとミルクが甘く香るガナッシュ。香りは甘いが味の甘みは控えめ。パッションが香ってからミルクの香りがでるまでの時差が良いです。




Rose055

甘み抑えめのオランジェ。さりげない甘さ。何と言うか香りが良くちょっと気になる。もう一度食べたい。



Rose057 Rose058

ビターガナッシュのボンボン。



Rose059Rose061

バラのボンボン。バラのホワイトチョコしートガナッシュと紅茶のガナッシュの二層になっている。ほのかにバラが香るのが堪らない。



Rose063 Rose065

コーヒーガナッシュのボンボン。
酸味のあるミルクコーヒー。甘みが強く苦みがある。余韻が長い。




Rose066Rose068

ビターキャラメルのトリュフ。甘みと苦みが強い。柔らかい。




Rose069





Rose070 Rose072

へーゼルのプラリネ。崩した薄焼きクレープのサクサク感とカラメルのほのかな苦みが良い。



Rose073 Rose074

へーゼルのプラリネ。サクサクした食感は同じ。上がけをミルクチョコに替えていて少し甘い。



Rose077_1 Rose078_1

アーモンドミルクガナッシュ。キャラメリゼしたアーモンドのツブが入ってる。アーモンドの香ばしさと皮のちょっとした苦みが堪らない。



Rose079_1Rose081_1

ココナッツのプラリネ。キャラメリゼしたちょっとビターなココナッツとミルクの甘みが素晴らしい。




Rose082Rose084

アーモンドのプラリネ。キャラメリゼしたアーモンドのボンボン。なにか入ってる。ザラッとしている。洗糖かな?クレームダマンド? もう一度食べて確かめたい。





Rose087Rose088

へーゼルナッツのプラリネ。とにかく滑らかなプラリネ。キャラメリゼしたナッツのちょっとの苦み。




Rose090Rose091

苦いアーモンドのボンボン。
滑らかなアーモンドのガナッシュ。何かもう1つ香りがあるけどわからない。美味しいなぁ。




わかったよーなこと書いていますがショコラの基本がわかっていないのでツッコミどころ満載です。


さて、渡辺美幸さんのショコラは甘さが控えめで香りが幾重にも織り込まれています。

複雑な香りが1つづつ少し時差を持ちながら解けて行く感覚です。ちょっとエヴァンに近い感覚です。ジロットさんとは対極かもしれませんね。


東京のSalon du Chocolat 2007 では知名度の低さから人気はイマイチだったかもしれません。でも評価したショコラファンは多かったと思うので来年は人気になると思います。いろいろ確かめたいので来年も必ず出品して頂きたいと願っています。

|

« ショコラの会 ジュレ・ブランシュ 松本 | トップページ | 思わず まいうー!! 洋食 盛よし は やっぱり大盛り 松本 »

sweetsとか」カテゴリの記事

ショコラ」カテゴリの記事

コメント

バレンタインが終わったというのに、デパ地下のスウィーツ街などを覗くと、色々なショコラが置いてありますね。
帰宅途中の女性がショーケースの前にずらりと並ぶ姿は、やはり、ショコラブームの健在を思わずにはいられません。

1個150円のいちご大福は買えるくせに、ショコラは買えない自分に、若干の矛盾を感じたりしていますが、次の休みにでも買いに行ってみようかな。

投稿: きなこ。 | 2007/02/16 19:49

きなこ。さん、どーもです。
ブームのおかげで美味しいショコラが食べれて楽しいです。Salon du Chocolatは今年から新宿だけでなく札幌や名古屋や小倉なでも開催されるようになりました。是非お試しあれ。きっと工業製品ではない農産物としてのショコラにいつか出会えます。
因にワタシは1日1餡。アンコを使った和菓子も大好きなんです。甘辛どっちもいけちゃうんですよねぇ。困ったもんです。

投稿: bleu et rouge | 2007/02/16 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/13924351

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺美幸さんのメゾン LA PETITE ROSE 時差と奥行きのショコラ:

« ショコラの会 ジュレ・ブランシュ 松本 | トップページ | 思わず まいうー!! 洋食 盛よし は やっぱり大盛り 松本 »