« 美味しいジビエとSADOYAのセミヨン Bel Sole 荻窪 | トップページ | 富久長 八反錦特別純米 おりからみ »

2007/01/06

かめびし 美味しい醤油蔵が伊勢丹に

年末30日の昼まで仕事を追い込んでおいたので出勤は9日から。とってもゆるーい正月を過ごしています。


さて、暇を持て余したワタシが飛びついたのがお食事番長に届いた1枚のDM。


それはむしろで麹を育てる唯一無二の醤油蔵 かめびし からのもの。


なんと新宿伊勢丹に1月3日から1月8日まで期間限定で出店しているとのこと。
これはもう行くしか有りません。




香川と徳島の県境に近い港町、和三盆糖の産地としても知られている引田町に かめびし はあります。


実は2度、かめびし を訪れたことがあるんです。
ただ最初に訪れた2001年は休みだったんですけどね。

2005年の暮れに訪れた時のことはこのblogに書きましたね。
2005/12/23『 かめびし醤油 』 香川 引田 というエントリー。良かったら見てやって下さい。



新宿伊勢丹のB1グローサリー特設会場で開催されている新春味紀行に かめびし の売り場を見つけました。


新宿伊勢丹B1に行くと売り場には かめびし 17代目 岡田佳苗さんがいらっしゃいました。

嬉しくなってかめびしを訪れたときのことなど楽しく話させて頂きましたよ。

なんと岡田佳苗さんは前夜に蔵の新年会のため一度引田に戻り、この日の朝東京に戻ってこられたということでした。
タイミングが悪ければ会えなかったかも!?
今年も食の神様はワタシに味方してくれているようです。




さて今回の収穫は 古醤油 十歳造(ととせづくり) と かめびしソイソルト です。




Soy392

まず 古醤油 十歳造(ととせづくり) です。

10年寝かせた醤油。



Soy403

色は真っ黒に近い赤茶。

エッジをよく見ると古いワインのようなレンガ色です。

ドロッとした液体。

塩分をあまり感じないので相対的に酸味を感じます。

複雑な旨味。凝縮感が強いです。
そのまま舐めてもめちゃめちゃ美味しい。



Soy407

お餅に使ってみました。

酸味は感じますが尖ったところがないので砂糖醤油にする必要はありません。
醤油をかけるだけで料理になってしまうほどの旨味です。




Soy398

続いて かめびしソイソルト  。
これはむしろ麹で造った醤油をフリーズドライにしたものです。


Soy409

醤油三年醸造とうすくちの2種類あります。




Soy412

三年醸造は旨味が強くでています。
うすくちは塩分が強くなっています。

これは醤油の香りと塩分が欲しいけど水分はいらない時に使いたいですね。

天ぷらとか良いかも。




この かめびしソイソルト を使った料理を、7日(日曜日)にテレビ東京系ソロモン流(21:54〜22:48)という番組でアルポルトの片岡シェフが提案するらしい。注目です。  



深く複雑な旨味の醤油 かめびし。
こういう蔵は大切にしないといけませんね。




かめびし
http://www.kamebishi.com/

|

« 美味しいジビエとSADOYAのセミヨン Bel Sole 荻窪 | トップページ | 富久長 八反錦特別純米 おりからみ »

とうきょう」カテゴリの記事

生産者に会いに行く」カテゴリの記事

食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/13357020

この記事へのトラックバック一覧です: かめびし 美味しい醤油蔵が伊勢丹に:

« 美味しいジビエとSADOYAのセミヨン Bel Sole 荻窪 | トップページ | 富久長 八反錦特別純米 おりからみ »