« 夜も Cucina Felice でワイン三昧 | トップページ | 初春 お雑煮拉麺で季織亭初め »

2007/01/03

LUCCIOLAIO 1997 叙情詩のようなワイン

昨日、駅伝を見ながら かとうあすか の『At Seventeen(もちろんオリジナルはJanis Ian)』を聞いていたら胸が詰まってしまい、慌てて外に飛び出しました。


どこまでも歩いて行きます。

東横線の学芸大あたりまで。


この先には思いでがたくさんある街があります。

それに気づき慌てて道を曲がりました。

ちょっと感傷的になりすぎましたね。



学芸大から祐天寺へ。
そのころにはもう日暮れでした。


商店街はほとんどシャッターが閉まっています。



正月だな とか思いつつ祐天寺から Laetitia へ。

ここはやっていました。
しかも、お菓子やケーキがたくさん並んでた形跡が。

どーやら Laetitia さん、スッゴク頑張っちゃったみたいです。



はちみつロールを手に今日も Cucina Felice に。





Felice02345

いつものようにジビエの加工品をつまみながら。





印象に残ったワイン。




Felice02348

SIRO PACENTI ROSSO DI MONTALCINO
トスカーナのワインです。
花の香りが膨らみます。
杉のような香りが遠くにあります。
アニスのようなスパイス感があります。
甘味が強いです。






Felice02350

LUCCIOLAIO 1997 COLLI DELLA TOSCANA CENTRALE
サンジョベーゼ80% カベルネソービニョン20%

酸と甘味のバランスが絶妙。
ミネラルがしっかり、塩分を感じます。

イチジク、ザクロ、エピス、ローズ。
やがて森の枯れ葉の香りに....。

エチケットの絵のようなワイン。
余韻が長い。

感傷的なハートにしみます。

山中千尋 の When October Goes (Atelier Sawano AS-25)のようなワイン。





Felice02352

ピザ団子を食べて〆。

帰ろうかと思ってたら Laetitia さんがやってきました。


美味しいワインがありますからねぇ、納得いくまで付き合いますよ。

|

« 夜も Cucina Felice でワイン三昧 | トップページ | 初春 お雑煮拉麺で季織亭初め »

おいしい店」カテゴリの記事

せたがや」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/13316225

この記事へのトラックバック一覧です: LUCCIOLAIO 1997 叙情詩のようなワイン:

« 夜も Cucina Felice でワイン三昧 | トップページ | 初春 お雑煮拉麺で季織亭初め »