« 納豆ダイエット!? 桧山納豆 | トップページ | 小粒で固め 舟納豆 »

2007/01/19

2006年後期に印象に残ったこと

ココログのメンテがあるの忘れてました。
blogする気持ちがちょっと萎えてしまいました。なーんてココログのせいにしちゃいけませんね。

こーゆー時はまったりと昨年の下半期でも回想してみましょうか。



2006年の後半に記憶に残るのは、何と言っても原因不明の病気になったことです。
原因が解らなかったので治療を受けられず自然治癒を待つだけの毎日は長かった。
結局、40日仕事を休みました。
自分は不死身だと思っていたので健康診断も受けたことはありませんでした。
裏付けのない自信は脆くも崩壊しました。

これで幾つかのプランを諦めなければならなくなりました。



残念部門

一番残念だったのは松本のジュレブランシュ(Gelee Blanche)への再訪がダメになったこと。
7月22日に初めて訪れたこの店(参照:2006/07/28 有りそーで無い チーズとお酒の店 ジュレ・ブランシュ 松本)は店主霜田さんの気取らない空気感がとても素敵な店でした。東京に帰ってきた次の日にはもう「行きたい」と思ってしまった。

Geleeblanche158_1

ジュレブランシュのblogを管理しているsakenomiさんから10月28日と29日に塩尻でワイン祭りがあり、城戸ワインを見学できると情報をよせていただいたので、28日に松本のジュレに行く予定だったんです。
ホテルだの何だの準備万端で、あとはもう行くだけだったのでショックでした。
今年は行けると良いと思ってます。




ラッキー部門

これは8月26日に初めて行った(参照:2006/08/28 驚愕のご近所フレンチ PEPIN 静岡 両替町)静岡のペパン(PEPIN)を、劇的に体調が良くなった11月18日に再訪できたことです。(参照:2006/11/20 PEPIN やっぱり やんちゃ なご近所フレンチ 静岡)

Pepin058_1

静岡は毎年1度か2度、野暮用で出かけるのですがあまり良い印象はありませんでした。
そもそも静岡のホテルは禁煙の部屋が少ないので浜松をベースにしていましたし。
ここに出会って静岡への印象が大きく変わりました。
ペパンは素材を素直に生かした料理。でも、どこかやんちゃ。
力のある野菜と身体にしみるワインが美味しい。
ピュイ産のレンズ豆の美味しさを覚えたのが収穫でした。



爽やか部門

玉村豊男さんのヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー(Villa d'Est gardenfarm and winery) のランチは気分良かったですね。

Villa177_1

想像以上に美味しいワインに感激しました。
今年は春に行きたいです。いや、行きます。
(参照:2006/07/30 玉村豊男さんの農園 ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー)





びっくり部門

何と言っても再訪した広島の 地粉うどん わだち草 です。

Wadachi176_1

何度食べても美味しいうどんにもびっくりしましたが、それ以上にびっくりしたのは2年前にきたワタシたちの名前をディテールも含めて覚えてくれていたこと。
ホントにびっくりしました。うどんの変わらぬ美味しさにもびっくりでしたよ。
(参照:2006/12/12 小麦を育てる 自然派うどん わだち草 広島)





ハッピー部門

blogには書かなかったけどgentaさん家で開かれたワイン会は楽しかったですねぇ。

Gen337Gen339

いろいろと気遣いさせてしまい少し気の毒でした。
たぶんグラスの洗浄はたいへんだったと思います。
選んでくれたフロマージュの美味しさに度肝を抜かれました。
でも、完全に飲み過ぎ。美味しいワインばかりだったのに何も覚えていないのが残念。ワイン会なのに....。




しみじみ部門

恵比寿にできた歩粉さんのカフェは良かったです。

Hoco605_1

小さい店好きとしては理想的な囲まれ感。
歩粉さんとお話が出来るのも楽しいです。
しみじみ美味しい歩粉さんのお菓子をゆっくり楽しめます。

今まで歩粉さんについて書いたエントリーは 
2007/01/08 絶品だった歩粉さんのクリスマス
2006/10/09 ついにOPEN!! 歩粉さんのカフェ 恵比寿
2006/07/04 歩粉 シンプルで素朴 粉が香るお菓子





岡山のパールデザンジュ(Part des anges)のコーヒーもしみじみ美味しかったですねぇ。

Partdesanges160_1

忘れられない味です。買って来た豆がなくなりそうなのでそろそろ発注しようと思ってます。
2006/12/11 パールデザンジュ しみじみ美味しい珈琲 岡山





素敵なひと部門

富久長の今田酒造本店の今田美穂杜氏に出会えたのは良かったです。
頭の回転が速く瞬発力のある素敵なお姉さんでした。(参照:2006/11/26 富久長 今田美穂杜氏 季織亭で緊急試飲会)
富久長の酒はワタシのなかで特別な存在になりました。

Fuku382_1

12月の広島岡山お食事遠征の時にホントは蔵を訪問したかったんです。
今田酒造本店は人手が少なく藏見学を受け入れてないので遠慮したんです。
でも、それでも行けば良かったと少し後悔しています。
で、安芸津の美味しいものを食べたら良かったなと。

(関連:2007/01/07 富久長 八反錦特別純米 おりからみ)




Geleeblanche165_1

ジュレブランシュの霜田オーナーはしっとりした優しいひとでした。
スゴイ美人なのに気取らないそのままの自然体のひと。
ツッコミとボケなら絶対ボケですね。ってか天然かな?
チーズとワインを出す店はたくさんあるけど、この店のこの空気感は他には無いものですね。(参照:2006/07/28 有りそーで無い チーズとお酒の店 ジュレ・ブランシュ 松本)





新人部門

やはり麺屋臥龍でしょう。
季織亭を辞めて独立すると聞いた時は唐突な感があり心配しました。
拉麺をつくることに関してはベテランの域に達していたんですけどね。
毎日たくさんのお客さんが臥龍に来て下さっているので杞憂でしたね。

Garyuxmas242_1

今年は長年培った技術を生かし手打ち麺を造って欲しいですね。
このblogでは いつも行く店 臥龍 というカテゴリーを作りました。





王道部門

広島の 翁 達磨 雪花山房 は凄かった。
たかが蕎麦ですよ。でも、それだけで1つの宇宙が出来ていました。

Daruma002_1

いたずらに鰹の香りをたてない蕎麦汁が良かったと思います。
蕎麦の香りが主役。それを邪魔しないんです。
でも、長ーく香るのが不思議でした。
そして蕎麦から甘みを引き出すんです。
いやー、ホント美味しかった。
蕎麦にたいして基準ができました。
(参照2006/12/15 翁 達磨 雪花山房 高橋邦弘氏の蕎麦 広島)





まあ、いろいろあった2006年後期でしたが世田谷の Cucina Felice や下馬の  Laetitia と出会ったことが何よりも幸せなことでした。この先も楽しみです。




このblogではワタシの経験したことやモノの3割くらいがアップされています。
結構な高打率だと思っています。

この高打率のまま2007年の前半も行きたいと思っています。


|

« 納豆ダイエット!? 桧山納豆 | トップページ | 小粒で固め 舟納豆 »

おいしい店」カテゴリの記事

完全禁煙の店」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

改めて、おいしいモノとの出会いっていうのは人生を豊かにしてくれる・・・なんて思っちゃいました。
私も、新しい味に今年もたくさん出会えるといいな~

あと、野暮用で静岡にお越しの際は、ぺパンに同行お願いします。なんか・・どっかで見たんだけど、どこだっけ??という状態なんですよ。ゼッタイに看板見た記憶はあるのだけど・・

投稿: hirorin | 2007/01/20 16:36

hirorinさん、ドモ。
確かに人生は豊かになりそうですがお財布は厳しくなります。それってどーなの?ってことで反省したりしています。
まだ、新年度のスケジュールは未定なのですが1度は静岡に行くことになると思います。その際はお手柔らかにお願いしますね。

投稿: bleu et rouge | 2007/01/20 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/13577918

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年後期に印象に残ったこと:

« 納豆ダイエット!? 桧山納豆 | トップページ | 小粒で固め 舟納豆 »