« 身体にやさしいワイン LA BIANCARA PICO | トップページ | 続、自分へのご褒美 からだに優しいブルネッロ »

2006/09/26

自分へのご褒美デー

祭りの後片付けが昨日お昼までかかりました。

神社の総代さんから昼食しながらちょっと乾杯しようとお誘い。
エライ方からのお誘いを断るのは失礼です。
ビールを3本ほど頂きました。

不本意ながら仕事には戻れなくなりました。

仕方ないので温泉にでも行くかと....。

ちょっとリラックスしたいときは池尻の温泉、大江戸東山温泉に行くことが多いんですけど、半日も時間があるので深大寺温泉ゆかりに行ってみました。

始めてだったけど結構良い湯です。

東京の温泉はほとんど黒湯です。黒湯は循環していると透明に近づいていっちゃうんです。この日は真っ黒の湯でした。

ビール、温泉。ビール、温泉。
繰り返してご機嫌に。


そこから中央線に乗って某リンパ系マッサージへ。
1時間お願いしたんですけどガッツリ爆睡。
温泉からの移動は大正解でした。


それから阿佐ヶ谷のフレスコに。

Fresco527

ほんのり甘い栗のツブツブが入っているマロンラテを飲んでボーっと過ごしました。これはクセになる美味しさ。


ここまではパーフェクト。
申し分ない1日です。

最後は晩ごはん。

以前からずーっと行ってみたかった阿佐ヶ谷の菜環亭に行ってみることにしました。

JR中央線の高架下にある小さい店。でも、ワインと自然食で評判の店です。
何回かチャレンジしていたのですがナゼかいつも満席で入れなかったんです。
表から覗いてみたら空席が有ったので入ってみました。

ところがワクワクしてた気持ちが急にしぼみました。

タバコで煙かった....。

今まで何度かチャレンジしたときはタバコを吸っている人を見なかったので禁煙の店と思い込んでいたのです。入り口に座っているお客さんが3本目のタバコを吸い終わったところでした。狭い店なのでこれはムリです。菜環亭は断念しました。


最後がコケちゃったけど3勝1敗なら満足しなきゃね。


そして自分へのご褒美デー、1st Dayは終わり。

日を改めて2nd Dayを実施予定です。
自分にとことん甘いんですよ。

|

« 身体にやさしいワイン LA BIANCARA PICO | トップページ | 続、自分へのご褒美 からだに優しいブルネッロ »

とうきょう」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後でコケちゃうの、ずごーく残念ですね。そういう時はまたお家に帰って、良い時間をつくって〆ます。

美味しいもののお店でタバコって本当にがっかり。
私は美味しいものを食べに行くときは、香水もつけないように心がけてます~ 

投稿: hirorin | 2006/09/26 18:19

菜環亭行きましたか。
私も阿佐ケ谷時代は会社帰りによく行きました。

あすこは吸うお客さんはあんまりいないんですけど禁煙というわけではないですね。

あの狭さなので一人が吸うともう残念な状態になっちゃいます。

ただ、状態がいいときのお店はすごく居心地がいいですよ。
マスターはあったかいし、お客さん同士は初対面でも仲良くなるし。
料理もおいしいです。

あとは禁煙ならいうことないんですけどね…。

投稿: genta | 2006/09/26 21:55

hirorinさん、こんにちは。
ワタシの場合、いつも最後がダメダメなんです。だからこれはある意味、想定内だったりします。
タバコの匂いはイヤですが女性の香水は好きだったりします。とくにバーのカウンターだと良いんですよねぇ。でも、お寿司の時は勘弁ね。ワインバーでチーズの時もゆるしてね。

投稿: bleu et rouge | 2006/09/27 18:46

gentaさん、こんばんは。
お薦めの菜環亭行っちゃいましたよ。でも残念な結果に...。
で、松下雄二で食事しながらワインを1本飲みました。松下雄二って80年代渋谷あたりのパスタ屋のノリだね。ガーリックにあう安いワインがリストされててそれなりに楽しめました。
週末の稲刈りガンバって下さいな。ワタシは運動会を手伝います。午後の部は逃げる予定ですけど。

投稿: bleu et rouge | 2006/09/27 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/12048306

この記事へのトラックバック一覧です: 自分へのご褒美デー:

« 身体にやさしいワイン LA BIANCARA PICO | トップページ | 続、自分へのご褒美 からだに優しいブルネッロ »