« 世田谷線にタヌキが.... | トップページ | Decadence du Chocolat ショコラブームの先駆け 鉢山町 »

2006/06/05

『季織亭2』1周年&『齋彌酒造』試飲会

いつもの季織亭で4日の日曜日に、昨年から2Fで営業している酒処『季織亭2』の1周年記念のお祝いがありました。

そして、この1周年記念に合わせて宮崎の芋焼酎『導師』と秋田の『齋彌酒造』の試飲会も開催されました。

まず15時から18時までが『導師』の試飲会。
続いて18時からエンドレスで『齋彌酒造』試飲会と2部構成での開催です。

ちょっと都合がつかず『導師』の試飲会は欠席。

齋彌酒造』の試飲会に30分ほど遅れて駆けつけました。

季織亭2階に階段を上っていくと床が抜けそうな位のスゴイ人集りが....。
和室の方にもスゴイ人数が集まってます。
お祝いの花を渡そうにもカウンターに近づけません。
仕方ないので厨房を抜けカウンターの中に陣取りました。

そして『齋彌酒造』の蔵元に促されつつ試飲開始です。

齋彌酒造』は清酒業界で初めて「酒類の有機表示基準」に基づく有機清酒認定を取得した蔵です。

ワタシ的には日本酒に目覚めるキッカケになった酒『美酒の設計』の蔵です。
それ以前は洋酒好きでした。

最近では『雪の茅舎』と『秋田』、2つの素晴らしい酒を作ってくれました。
このblogでも4月に『雪の茅舎』について書いてみたり、それ以前の3月には『秋田』について書いてみたりしていたので良かったら見てやって下さい

まず、仕込み水を飲んでみました。
芯がしっかりして輪郭がはっきりした味です。
中硬水とありますが軟水に近いと思います。
甘みをあまり感じない水です。
気のせいかもしれませんが微量の塩分を感じました。
ご存知の方、間違ってたらコメントで指摘して下さい。


Kinen40

『雪の茅舎 純米吟醸 限定蔵出』
酒こまちの50%精米。甘味が強く余韻にやや苦味がある。


Kinen41
『雪の茅舎 山廃純米』
65%精米。優しく穏やかな酒です。山廃って言われないとわからないと思います。
酸味がよど良く甘みとのバランスが絶妙です。

『雪の茅舎  愛山』
これはちょっと変わった米で作られた酒でした。
この米は『剣菱』さんが少しづつ増やして守ってきた酒米なのだそう。「ちょっと余ったからこれで作ってみたら?」ってことで『剣菱』さんに譲って頂き、作ってみたんだそうです。
甘みが強く余韻が長い気がしました。ちょっと飲んだ量が少なくてこれ以上は書けません。

ここまで飲んだところで空瓶になった酒が出てしまいました。
残念だったのですが飲めなかったものは仕方ない。諦めましょう。

とっても楽しかった試飲会&季織亭1周年記念。
どのくらい楽しかったかはあおひーさんのblogをご覧下さい。

あおひーさんは早くも3回にわたって記事を書いています。
1回目の記事2回目の記事はほぼライブですね。
3回目の記事でもまだ熱い感じが伝わってきますよ。

あれ?あおひーさん、〆の麦そばのことは....? と、振ってみる。

|

« 世田谷線にタヌキが.... | トップページ | Decadence du Chocolat ショコラブームの先駆け 鉢山町 »

季織亭」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

せたがや」カテゴリの記事

試飲会」カテゴリの記事

コメント

麦そばは、断念しちゃいました〜。
というのも、もうお腹いっぱいでだめ。
後半戦はずーっとお水ばかり飲んでいましたよ。
でも、最後の30分くらいは朝日屋さんに持ってきていただいたお酒をちびちび飲んでおりました。

投稿: あおひー | 2006/06/05 20:58

昨日の麦そばはいつもの半分の量でつけ汁は濃いめになっててオモシロかったんですよ。で、振ってみた訳です。スミマセンねぇ。
で、今日も季織で復習してきました。帰り道で李さんに遇ったんだけど麻衣子さんのこと書いたって言ってましたよ。みんなオモシロイですよね。
あおひーさんが一番ですけどね....。

投稿: bleu et rouge | 2006/06/06 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/10403881

この記事へのトラックバック一覧です: 『季織亭2』1周年&『齋彌酒造』試飲会:

» 季織亭2 1周年 [旅々]
もはや今さらなのですが、1週間も前の話です。 [続きを読む]

受信: 2006/06/12 00:16

« 世田谷線にタヌキが.... | トップページ | Decadence du Chocolat ショコラブームの先駆け 鉢山町 »