« 白州の天然野菜とシチリアの農民の赤 Bel Sole 荻窪 | トップページ | 世田谷線にタヌキが.... »

2006/05/31

衝撃的美味しさの麦焼酎『麻生富士子』

またまた季織亭で飲んじゃいました。

大分の麦焼酎『麻生富士子』です。

Aso11

作った麻生本店は200石という小さな蔵なのだそうです。

その小さな蔵から出ているこの麦焼酎は不思議な味でした。

麦焼酎とは思えません。
ボンボンキャンディの中身のような味。

麦だと言われなければ気がつかない人の方が多い位繊細な麦の香りだと思います。
麦に麦麹だけで作ってるのに麦っぽさがあんまりない。

兼八の対極でしょうねぇ。

でも、なんとも言えない美味しさです。

上手く説明できませんねぇ。

飲んだ量が少ないんだと思います。

また飲まなければ....。


 

ちなみに『麻生富士子』は蔵の奥様の名前だそうです。

味からの連想ではやさしい人のような気がします。
たぶん当たってると思いますよ。


追記 : 何かに似てるってずっと思ってたんですけど、やっと思い出しました。これはコアントロー(Cointreau)ですよ。もちろん香りは麦の香りなんですけどね。よく似てると思います。でも不思議だなぁ、麦焼酎がオレンジから作ったホワイトキュラソーに似てるなんて....。

|

« 白州の天然野菜とシチリアの農民の赤 Bel Sole 荻窪 | トップページ | 世田谷線にタヌキが.... »

季織亭」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

せたがや」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/10331352

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃的美味しさの麦焼酎『麻生富士子』:

« 白州の天然野菜とシチリアの農民の赤 Bel Sole 荻窪 | トップページ | 世田谷線にタヌキが.... »