« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

『侍士の門』 生まれ変わったプレミア焼酎

いつものように季織亭blogを見てみたら『侍士の門』が入荷したとの情報がアップされていました。

こんなこと書かれたら行かない訳にはいきません。

前回飲んだのはいつだったか?
季織亭でもなかなか入手出来ない人気の芋焼酎。
昨年の秋の飲んだのが最後だったよーな?

Bushi200

お湯割りで飲んでみたら驚きました。
今回の仕込みの焼酎は昨年飲んだものと大きく異なっていたからです。

元々、『侍士の門』はボディがしっかりしていて厚みのある野太い印象の芋焼酎です。

香りも豊潤。後味はスッキリしていてホントに究極と言える焼酎です。


ところが今回飲んでみた侍士の門は香りがスゴイんです。

お湯割りにしてみました。

第1アロマはよくある芋の香りです。
口に含むとぶ厚いボディと甘みが広がります。
そして同時にダージリンの香り!!
経験にない素晴らしいブーケ!! 

飲んでから長い余韻の後、消えていく香りの中からミントの香り(!!)がフィードバックしてくるんです!!

さらにロックで飲むとダージリンの香りがより強く感じられたりします。



3月の最初に書いた『 隼人 心 』 芋焼酎 日當山醸造 の記事を訂正する必要が出てきました。

- - - -  一番近いのは『大久保酒造』の『侍士の門』かな?『侍士の門』をすっきりさせた感じと言ったら解りやすいかも?  - - - -

って、書いたんですけどね。

あの頃もってた『侍士の門』のイメージとは別のものになっていましたからね。



『侍士の門』は芋で出来た『蜂蜜をたっぷり入れたダージリン』だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

Dans Dix ans(ダンディゾン) 吉祥寺 スタイリッシュなパン

いつだったか、青山のロイドフットウエアに靴を買いに行った折、すぐ近くにあったギャラリーで服飾デザインユニットが展示会をやっていました。

ちょっとした興味から中を除いてみると、ワタシが女子ならば着てみたい(?)キュートで着回しのきくシンプルな服がありました。

そして、その服を作った『nooy』がとっても気になりました。で、HPを見てみました。

そこにもキュートな服の写真がアップされていたのですが、ユニホームのデザイン受注を『nooy kitchen』というブランドで発表していると書いてありました。

そして実際に『nooy』のデザインしたユニホームで営業している店がある事が解り、その店がずっと気になっていました。

その『nooy』のユニホームを使っていたのが吉祥寺のブランジェリー『Dans Dix ans(ダンディゾン)』です。



10ans33
半地下にある店に緩い階段を降りて行くと厚く大きい木の自動ドアの向こうに美味しいパンがディスプレイされています。

気になるパンを店員さんの話しを聞きながら選ぶとトレイに取ってくれてレジまで運んでくれる対面販売の店です。


10ans51
何と言っても、いつ食べても『ブールブール』が最高!!
バターロールなんですけど極限の美味しさです。
噛むとザクっとしたブリオッシュのような歯触りからバターの香りがほどけるような感じがします。こういうバターロールは後にも先にも経験したことがありません。


10ans43
あと好きなのは『ユゼス』です。
豚肉(塩漬けしてありますかね?)が入ったフガス。ビールかワインと良く合います。


10ans47
『アセィテュナ』はオリーブのパンで、香りと塩っけが絶妙です。


10ans44
グリュイエルとゴルゴンゾーラを使った『グリュイエルブルー』もチーズの香りがワインを呼びます。


どっちかと言うと午後か夜にワインを飲みながら食べると良いパンが一杯です。


 


10ans54
でも、朝に食べるならバター30%と牛乳を使った『BL30』が良いです。
フェルベールさんのコンフィチュールで食べると美味しい。


3時に食べるなら『グラッパ』というレーズンパンがお勧めです。
スペイン産サルタナレーズンのかたまりを食べるようで、ザクザクの歯応えが楽しい。(これは我慢出来ずに食べちゃったから写真はありません。)


10ans36
ヘーゼルナッツのチョコレートクリームを使った『シガーショコラ』も美味しいんですけど、これは作ってもらったら30分以内に食べなきゃならないので注意が必要です。

ゴールデンウィークの5月2日の第1火曜日&水曜日は休まず営業するんだそうですよ。

大阪のFour de h(フールドアッシュ)のようなバターがド派手に主張するパンではなく、ワインやビールによく馴染む飾らない味のパンです。



蛇足ですが『nooy』の服はココでも見れますよ。



武蔵野市吉祥寺本町2-28-2
11:00-19:00 水曜&第1・2火曜日定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

『赤芋仕込み 明るい農村』 霧島町蒸留所 芋焼酎

焼酎ブームに乗り、一躍人気の焼酎になった『明るい農村』。
霧島町蒸留所 (旧 さつま霧島酒造株式社)の芋焼酎です。

正直、この焼酎を人気ほど美味しいとは思えませんでした。

ボディが薄く、余韻が短い。

もちろん悪い焼酎ではないんです。
どっちかって言うと美味しい芋焼酎です。
ただ、もっと美味しい焼酎はあるんですよ。
苦労して手に入れたりして飲む必要は無いと思ってます。

ところが、ちょっと苦労してでも飲み続けたい霧島町蒸留所の芋焼酎に出会いました。

赤芋仕込み 明るい農村』です。


Akaimo75

香りと甘みが強くボディが厚い。
ロックで飲んでも、お湯割りで飲んでも、余韻が長く味わいが深く広がります。

以前、齋彌酒造の酒『秋田』を『有機米の蜂蜜』と書きましたが、この『赤芋仕込み 明るい農村』は『芋の蜂蜜』だと思いました。

ワタシが通う季織亭では昨夜全て飲みきってしまいました。

霧島町蒸留所でも既に売り切れ。
次回の仕込みが出来るまで待たなきゃいけませんねぇ。


追記 : Kちゃん情報では、朝日屋に在庫があったらしく4月27日に季織亭に再入荷しています。また飲めますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/25

そば処 岳人  阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分のところにあるのが『そば処 岳人』です。

このあたりには手打ち蕎麦の店は数軒あるのですがこの店は知らなかった。
さっそく入ってみることにしました。

本日の蕎麦 茨城県猿島郡境町 常陸秋そば 水分15.6%と書いてありました。

ちょっと期待します。

天盛りセイロと鴨セイロを頼んでみました。

Gaku179
衣の薄い天ぷらの盛り合せと蕎麦の天盛りセイロがきました。

蕎麦は淡い緑色でよく見ると薄茶色の甘皮が入っています。
香りが高く甘みが強いものです。
なかなか良い蕎麦です。

そばつゆは鰹の香りが高く美味しいのですが少しエグ味があります。
甘みも少し強いかもしれません。

サクッとあがった天ぷらがたくさん盛ってあります。
これも美味しいのですが小さい皿に盛ってしまうため早く食べないとしんなりしてしまいます。

Gaku184
鴨セイロは鴨に火を通しすぎかも。ちょっと鴨肉が堅過ぎですね。

石臼で自家製粉しているここの蕎麦はなかなか美味しいものでした。

蕎麦つゆにもう少し工夫があるともっと良い蕎麦になると思います。


この店は完全禁煙。値段は安く庶民的。
小さな子供がいる家族に良い店だと思います。

Gaku183
実は野菜あんかけうどんが美味しかったりするんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

若井さんの どぶろく蔵元

新潟県は松代からどぶろく作りをしている若井明夫さんが季織亭にやってきました。

この若井さんのどぶろくは棚田で無農薬有機栽培した亀の尾を使い、何も添加せずに作っているのだそうです。

Wakai76


実は飲んだのは2回目。

正直、前回飲んだ時は旨味に乏しく厚みのない味で、その時まわりにいた皆さんの絶賛の声に同意できずblogには書きませんでした。


ところが今回のどぶろくは実に美味しかったんです。

なんでこんなに違うのか直接若井さんに聞いてみたら、温度管理が出来ないと味が落ちるのだそうです。さらに前回持ってきてくれた方に確認してみたら、運んできた車のエアコンで温まってしまい抜栓時に吹き上がってしまったのだそう。

今回は若井さん自身が温度管理をして持ってきたのだそうです。
味わいの違いに納得しました。

Wakai01
酵母が生きているので微発泡しています。
亀の尾仕込みの上品な旨味と甘みです。
グラスに注ぐと米の美味しさがそのまま解けてきます。

水はブナの森からの湧き水を使っているのだそう。
かなり軟らかい水なのでしょう。米から香りを引き出します。



最近、ほかの蔵のどぶろくも飲んでいたりしますが、どぶろくって風味に乏しいものって思い始めていました。

このどぶろくには上品な香りと味わいがあって、また考えを変えないといけなくなりました。


1回に仕込むのは180L。少量生産の贅沢な味わいのどぶろくでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

なかなか更新出来ないワケ

「最近、ブログ更新してませんねぇ。」

顔見知りのラーメンフリークさんに声をかけられました。

そーなんですよね。なかなか更新出来ずにいます。

ワタシのこのブログ、初めて行ったり食べたりしているような感じで紹介してますが、実は頂き物を除いて2回から3回程「そこ」に行ったり「それ」を食べたりしてから書いています。

結構、時間と労力が必要なんです。

まあ勝手にやってるコトなので、どーでもいいコトなんですけど。

ある程度、スペシャリテとか方向性とか全体像を掴んでからじゃないと上手く記録出来ないんです。

3月に体調を崩してしまい動きがとれなかった影響が未だに続いています。

もーちょっとで紹介できるものが幾つかあるので、この週末に何とかしたいんですよね。

どーなることやら....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/12

凛 軸屋酒造 黒麹仕込みの芋焼酎

Rin07

軸屋酒造の黒麹仕込みの芋焼酎『凛』です。

軸屋酒造は明治43年の創業以来、白麹で焼酎を作り続けてきた蔵です。

その蔵が初めて黒麹で仕込んだ焼酎が『凛』なのだそう。
杜氏は軸屋麻衣子氏。新進気鋭の女性杜氏です。

いつもの季織亭で試してみました。

まずはロックで飲んでみました。

芋の甘みが広がります。
香りがおもしろい。
ミントのようなハーブの香りを感じます。
甘みが強く、長い余韻の後、少しほろ苦い。

『凛』をぬる燗で飲んでみました。
お湯割りじゃありません。
最近、季織亭で焼酎を片っ端から燗で焼酎を飲んでたりします。
軸屋酒造の『和紙濾過原酒』も燗で飲みましたけど、それは別の機会に。

うーっ!! 芋の深い旨味が爆発します。
透き通るような芋の香りを感じます。
驚く美味しさです。

軸屋酒造が創業以来初めて黒麹を使った焼酎、『美酔焼酎 麻衣子の凛』は大成功だと思います。

ただラベルのデザインが『凛』って感じがしないんですよ。
味とラベルの色とフォントが合ってないと思います。
若く新鮮な蔵人と味がイメージできるよーな工夫が必要な気がします。

ホントに美味しかったので慌てて朝日屋に買いに行きました。
家ではまったく飲まないのでコレクションになっちゃうんですけどね。


追記 : しばらく時間を置いてからあらためて飲んでみたら、ミントと言うよりマスカットの香りのようなブーケを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

氷下魚

食べたことが無いものってホントにたくさんあります。

そんなものの一つが氷下魚です。

最近、一夜干しを季織亭で食べて気に入りました。

北海道では珍しくないのだそうです。
東京の魚屋ではまずお目にかかれません。
そー言えば、最近、八角はたまに見かけたりするようになりました。

Komai58
季織亭で食べたものは更に東京では珍しいワタが付いている一夜干しでした。

この魚は白身の小魚で、その身にはほんのり甘みがあります。
ホントに甘いので驚きました。

でも、素晴らしいのはワタです。
軽い苦味と塩辛のような甘さと塩気が相まって素晴らしく美味しい。

隣席に座っていた703氏曰く「このワタの味はカニみそのよーだ」と。

酒がいくらでも飲める肴です。
ま、なくても飲んじゃうんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/04

雪の茅舎 有機米使用 純米吟醸

いろいろとご心配をおかけしましたが新年度になり状況が好転しました。
風邪の影響からの味覚のスランプもすっかり回復しました。
もー、絶好調です。

そんなこの頃、絶妙のタイミングで、ついに『ヤツ』にお目にかかっちゃいましたよ。

『ヤツ』とは『有機米使用清酒 雪の茅舎 純米吟醸』。
ウワサは聞いていたけど実際に見たことがなかったし、実際に飲んだって人にも出会ったことがなかった酒です。

季織亭blogを見たら有機の茅舎が入荷したことが書いてありました。
「入るかも」って話しは聞いていたのですがホントに入るとは....。

いつもなら仕事を終えたら季織亭に一直線に向かうところですが、なんだか慌てて行くと酒に見透かされるよーな気がしたので、一度お風呂に入って身を清めてからゆっくりと季織亭に向かってみました。

で、2階に上がって開口一番「blogに書いてあった有機の茅舎!!」

Ca330054

甘い乳清のような香りがします。

甘みが強い酒ですが、しっかりした強めの酸味が爽やかさを効果的に演出しています。

50%精米の雑味が旨味になっています。

トロっとした粘度がありながらスッキリ感が印象深い酒です。


ホントに美味しいっ。

また齋彌酒造にやられましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »