« 冬の大北海道展  新宿 伊勢丹 | トップページ | 季織亭 新作拉麺創作中 »

2006/02/03

恋する和菓子 小山薫堂&源吉兆庵

毎週土曜日の朝、密かに楽しみにしているのがFUTURE SCAPE
FM YOKOHAMAで9時から放送される番組。

その番組でパーソナリティを勤めているのが放送作家の小山薫堂大先生
「料理の鉄人」「世界遺産」等の番組を手がけ、現在は「東京ワンダーツアーズ」が大好評放送中。

その小山薫堂先生が先日出版した恋する日本語という本があります。

35編の「恋」をテーマに、ひとつの言葉から甘くて切ない恋のショート・ストーリーを薫堂先生がでっち上げ「言葉」と「物語」で結んだという本です。so-netで連載されていたのだそう。いくつかのショートストーリーがココで見れます。

FUTURE SCAPEでのパートナー 柳井麻希嬢の言葉を借りれば「余白が多く字数が少ない本」。


さらに、この本にインスパイアされて生まれたのが「恋する和菓子」です。
源 吉兆庵から発売されてます。

wagashi1720
本の装丁の様なパッケージに「恋水」「焰」「番い」「玉響」「阿伽陀」「終夜」の6つが詰まってます。

wagashi1690wagashi1710wagashi1694wagashi1715wagashi1704wagashi1696

では1例。

恋水(こいみず)  …恋のために流す涙。

水ゼリーにバラの花びらが入っていてバラとレモンの淡い香りがついてます。

これにショートストーリーとイラストが添えられています。


赤コショウが良い「焰」とメレンゲに和三盆の「玉響」がまぁ良かった。         

しかし、2100円は高いな。
菓子屋と出版社と薫堂で、取り分が何%づつか気になっちゃう値段。

薫堂ファンなら騙されるしかないんですけど....。

|

« 冬の大北海道展  新宿 伊勢丹 | トップページ | 季織亭 新作拉麺創作中 »

sweetsとか」カテゴリの記事

ジャンクでイイじゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/8488388

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する和菓子 小山薫堂&源吉兆庵:

« 冬の大北海道展  新宿 伊勢丹 | トップページ | 季織亭 新作拉麺創作中 »