« 甘酒 | トップページ | Bel Sole トスカーナの家庭料理 荻窪 »

2006/01/05

季織亭でガッカリすること

なんだかやっとお正月気分になってきました。
お酒に浸りながら昨年の事をちょっと振り返ってみたりしてます。

9月以前は適当に付けられていたお食事日記を見てみると、季織亭と記されている日が群を抜いて多く目を引きます。

数えてみたら昨年1年間で114回!!

多いとは思っていたけどここまで行ってたとは....。
いやー、驚きましたよ。

blogにも14回書いてます。

『 雉(キジ)拉麺 』再食 
黒龍 二左衛門 』 
キジを丸ごと使った煮込み拉麺 』 
石田屋 黒龍
実行してみた
瑞冠 袋搾りしずく酒 山田錦 再飲
天無双』と初柳葉魚
鳳凰美田の梅酒 季織亭
神那鶏そば  夏を振り返って
ごまふぐ卵巣焼きそば
兼八と常蔵
やっぱり季織亭
クタクタです
季織亭 blog2回目

奥久慈軍鶏拉麺、ごまふぐ焼きそば、神那鶏拉麺、神那鶏親子丼、雉拉麺、雉丼と次々と新しい味で驚かせてくれたのですから当然と言えば当然かも知れません。

今年も新しい味、他に無い味で楽しませてほしいと思ってます。


ホントに季織亭には心酔しているんですけど、1つだけ残念な事があります。
それは今まで続けてきた完全禁煙をヤメてしまったことです。

2階の座敷の前に申し訳程度の空気清浄機を置きタバコを吸わせるようになりました。不完全分煙の店になってしまったワケです。
そのタバコの匂いは2階のカウンターのみならず1階まで、いや、むしろ1階のほうにタバコの匂いが充満してしまいます。

正直、これにはガッカリしています。

完全禁煙のイタリアンのシェフ氏が、品川と自由が丘の完全禁煙のイタリアンのお店のシェフ2人を連れてきた事がありました。たまたま居合わせた他のお客がタバコを吸い始めた為、シェフ氏はホントにバツが悪そうにしていました。きっと志が同じ禁煙の店として紹介したかったと思うんですよね。
たぶんこの3人のシェフたちはもう季織亭に来ないと思います。

以前から『子供たちが安心して正しいものが食べられる店にしたい』と語っていたのがなんだか白々しくなってしまいました。

せめて分煙して欲しいと思うんですよね。

何とかなりませんかねぇ....。


追記:秋になった頃、突然店内が完全禁煙になりました。良かった。

|

« 甘酒 | トップページ | Bel Sole トスカーナの家庭料理 荻窪 »

季織亭」カテゴリの記事

おいしい店」カテゴリの記事

コメント

わたしもタバコは吸わないひとなのでそうなってもらえるとありがたいですね。
屋上を分煙スペースにしたらどうでしょう?
一番現実的で、利に適ってると思うのですが。。。

投稿: あおひー | 2006/01/05 12:26

あおひーさんの案に賛成ですねぇ。

タバコの臭い匂いって淡白なメニューほど不味くなりますよね。

キジのササミの刺身とか、大田原牛の刺身とか、豆腐を生しょうゆで食べるとか、良いお酒と真剣に向かい合いたいとか。
香りの繊細なものを楽しみたい時のタバコは全てが台無しになってしまうので特に勘弁してもらいたいものです。

そんな心配をする必要が無いのが季織亭の良いところだったんですけどねぇ...。

投稿: bleu et rouge | 2006/01/05 17:30

たばこ経験の私の持論はこうです。

吸う場所をきちんと作れば良いのです。

煙を吸い込む機械も備え。

表参道にある店は、こうでした。 

少し奥のカウンターは、バーカウンターになっていて

空気清浄機が上にあり、タバコすいたい人は、

グラス片手にその場所に移動するのです。

タバコ吸いとタバコ嫌いが共居しつつ、見た目もみすぼら

しくない、これが店の雰囲気まで考えた場合の良いアイデ

アです。3階を完全開放すればよいのです、人のてを増や

す予定のなさそうな季織の急ぎの手段はそれです☆

投稿: mark maccoi | 2006/01/16 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/8006842

この記事へのトラックバック一覧です: 季織亭でガッカリすること:

« 甘酒 | トップページ | Bel Sole トスカーナの家庭料理 荻窪 »