« 『うずら屋』  京橋 大阪 | トップページ | 『宮武』 さぬきうどん 琴平 »

2005/12/13

『せんざんき』  鳥林 今治

先週末にちょっと松山に用事があり、ついでに香川と徳島あたりをウロウロしてきました。

まず、夕方までで用事を済ましてから、夜、今治へ。

『銀の月』という古民家を改築した隠れ家和風ダイニング。
〆で頼んだ宇和島産の鯛を使った鯛めし以外はあまりおいしいものがなかった。

なんだか納得いかずにモヤモヤ感が残ったので『五味鳥』という焼き鳥屋へ。

今治の焼き鳥は鉄板の上で焼き鳥を焼く鉄板焼きです。
上からも熱した鉄板を乗せて上下からプレスします。

これを最初にやった元祖今治スタイルの焼き鳥屋が『五味鳥』です。

しかし、ここは満席で入れませんでした。
なんだか店の人の対応も良くない。澱んだ目がこちらを無言で見ています。
厄介扱いされてる感じがしたのでサッサと出ました。

気持ちが萎え始めてましたが、もう一軒だけ行ってみる事にしました。

で、今治駅から近い『鳥林』へ。

ここもほぼ満席だったのですが、近所の人らしきオジサンが『こっち座れる!!』と大声で教えてくれました。

鉄板を囲んだLの字型のカウンターは狭い店内に目一杯拡げて作ってあり「後ろちょっと通して」なんて言いながら壁とお客の背中にぶつかりながら一番奥の席に座りました。

「なんにしよっ?」大将は軽いノリです。
店内はほぼ全員が常連さんらしく鉄板をはさみお客同士の会話が飛び交います。
活気が溢れていてなんだか気持ちが高揚します。

『せんざんき』、『皮』、『れんこん』、『鳥ねぎ』等々注文しました。


toribayashi01

『せんざんき』
『せんざんぎ』と濁っても良いらしい。北海道でも『ざんき』とか『ざんぎ』とかっていうらしいです。
鳥を骨ごとぶつ切りにして下味付けてから小麦粉と卵付けてあげるもの。
早い話が骨付き唐揚げです。アジシオふってジャンクに食べます。



toribayashi00

『皮』
焼き鳥の鳥皮に少し身が付いたモノを串に刺さってない状態で鉄板で挟んで焼きます。
身がガムの様になっていてクチャクチャかんで飲み込みました。
やっぱりアジシオを降ってジャンクに食べます。

『れんこん』
1cmくらいの厚さで切って穴に鶏肉を詰めて鉄板で上下から焼きます。
しゃくしゃくモッチリです。


toribayashi02

『鳥ねぎ』
東京で言う『ねぎま』のことです。やっぱり鉄板で上下から挟んで焼きます。

満席状態で新しいお客さんがやってきました。
となりに座って近所のオジサンと飲んでいた常連さんが「コッチ座って!!」と言って席から立ち上がりました。
「帰るのかなー?」と思ったらそーじゃなくて、
クルリとタオルを頭に巻いてビール運んだり注文とったりと店の人になってしまいました。

大将は生ビール飲み顔を真っ赤にしながら鉄板で鳥を焼いています。
すっかり店の人になってしまった常連さんも生ビール飲みながら生ビール運んでます。

「楽しいぜ!! 鳥林!!」

活気があってお客と大将みんなが優しいジャンクな店。
死ぬ程食べて2000円ちょっと。

たまにこんなトコにくると楽しさが爆発しますね。
私の中での今治の印象は、楽しい人の多い街になっちゃいましたよ。

鳥林
愛媛県今治市南大門1-6-21
0898-32-1262

|

« 『うずら屋』  京橋 大阪 | トップページ | 『宮武』 さぬきうどん 琴平 »

お食事遠征 #07. 四国」カテゴリの記事

ジャンクでイイじゃん」カテゴリの記事

タバコ吸うヒト達の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/7599355

この記事へのトラックバック一覧です: 『せんざんき』  鳥林 今治:

« 『うずら屋』  京橋 大阪 | トップページ | 『宮武』 さぬきうどん 琴平 »