« 『宮武』 さぬきうどん 琴平 | トップページ | 『 キジを丸ごと使った煮込み拉麺 』  季織亭 世田谷 経堂 »

2005/12/15

『谷川米穀店』  さぬきうどん  琴南

『谷川米穀店』は、その名のとおりお米屋さんです。
tanigawa02
11:00-13:00まで2時間だけうどん屋さんとして二毛作で営業しています。

2つの川が合わさり1つの川になる、その谷の真上にあります。

4年ぶりの再訪になりました。

tanigawa01
朝、10時をちょっと過ぎたころ到着。
橋の袂から細い坂道を降りるとすでに6人程並んでいます。

谷から吹き上がる風がとても冷たい。気温6℃。

お店は震えるお客を察してか10:30に始まりました。

お店のおばちゃんが1人増えて4人いました。

ここにはおダシはありません。
温かいうどんor冷たいうどん。温かいそばor冷たいそば。それだけです。
温かい麺は茹での途中で上げてしまいます。
冷たい麺は終いまで茹でてから水でさらし洗いして上げます。

後は醤油をかけたり、すだちを絞ったり、青唐辛子の佃煮を乗せて混ぜたり。
いろいろ好きなように食べます。


まずは『卵(30円)』と『温かいうどん(105円)』を頼みました。かま玉で一杯目。
うーん、この卵は何気に美味しい。土佐ジローのような白身が美味しいタイプ。


『温かいうどん(105円)』に『青唐辛子の佃煮(無料)』と『すだち(無料)』。
うどんに青唐辛子を乗せすだちを絞ってから混ぜて食べます。

この食べ方って他にやってるとこあるんでしょうか?
4年前に来たとき、こんな食べ方があるのを始めて知りました。
その時は『青唐辛子の佃煮』はおばあちゃんの手作りだって聞きました。
以前よりチョットだけ辛いような気がします。

ワタシは半分まで食べたところで醤油を入れて味を変えて食べます。

何だか『温かいうどん』に以前のようなプリプリしたコシがありません。
たおやかでコシの強さがあり弾力に富んだうどんだったはず。
透明感がありながら小麦の香りが豊潤で、すべるような喉越し。
と、4年前は奇跡としか思えないクオリティだったんです。

tanigawa03
『冷たいうどん(105円)』を頼みました。
水でシメれば食感が楽しめるはずです。

やっぱり『青唐辛子』と『すだち』を使ってたべます。
少しコシを感じることができましたがプリプリ感はありませんでした。


『冷たいそば(115円)』
『宮武』のそばのような個性が感じられず印象に残りませんでした。

tanigawa04

水が良く、打ち手の技術はピカイチと信じて疑わない『谷川米穀店』です。
やっぱり『小麦粉』に問題があるような気がします。

問題は『さぬきの夢2000』では?
疑念が頭をもたげ始めました。

まぁ、それでも美味しいんですけどね。


谷川米穀店
香川県仲多度郡琴南町川東1490
8077-84-2409

|

« 『宮武』 さぬきうどん 琴平 | トップページ | 『 キジを丸ごと使った煮込み拉麺 』  季織亭 世田谷 経堂 »

おいしい店」カテゴリの記事

お食事遠征 #07. 四国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135843/7631660

この記事へのトラックバック一覧です: 『谷川米穀店』  さぬきうどん  琴南:

» 2/5(日) 本場香川の讃岐うどんは安くて美味しい [きまぐれトラベル日記]
今日は久々に食べ物ネタで書きたいと思います。 先日、徳島へスカイマークで日帰りした際に、本場香川の讃岐うどんの店を2店廻ってきました。5年前に初めて本場・香川で讃岐うどんを食べて感動を覚え、以後1年〜1年半に1回のペースで訪れ、今回で5回目になります。1度、淡...... [続きを読む]

受信: 2006/02/05 09:21

« 『宮武』 さぬきうどん 琴平 | トップページ | 『 キジを丸ごと使った煮込み拉麺 』  季織亭 世田谷 経堂 »